興行やるなら参考に「SUPERレッスルエンジェルス」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

今回は、プロレスの試合をうまく再現したシステムで好評を博した、「レッスルエンジェルス」シリーズを取り上げてみましょう。スーパーファミコン版「SUPERレッスルエンジェルス」を中心に。終盤ちょっと妄想も入ります。

» 2006年07月13日 01時45分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

90年代前半は、プロレス界激動の時代

画像 後ろの青いビルに、格闘技の殿堂・後楽園ホールがある。「SUPERレッスルエンジェルス」では、ここをどう使うかが鍵になるだろう

 初めて生で見たプロレスは、剛軍団だった。

 私がこの団体を見たのは、当時、剛竜馬選手の“プロレスバカ”ぶりが、ちょっとしたブームになっていたからでもあるが、もうひとつ別の理由もあった。

 その理由は後述するが、同じ理由でハマったゲームが、今回取り上げる「SUPERレッスルエンジェルス」だ。

 「レッスルエンジェルス」(グレイト)はもともと、PCのアダルトゲームだったのだが、プロレスの試合をうまく再現したゲームシステムと、ストーリーが支持を得て、シリーズ化された。

 「レッスルエンジェルス3」は、プロレス団体経営シミュレーションとなったが、経営パートのシステムもよくできていた。「SUPERレッスルエンジェルス」(イマジニア)は、この「3」をスーパーファミコンに移植した作品である。

 PC版「レッスルエンジェルス」および「レッスルエンジェルス2」は、特定の選手が主人公となって、物語が展開する。

 ストーリーには、発売された1992年当時のプロレス界の状況が反映されている。第1作では世代闘争がテーマであり、「2」では団体抗争が中心となる。

 まさにこの年の初め、実際の女子プロレスでは、ジャパン女子がJWPとLLPWに分裂した。

 また、FMWのクラッシャー前泊・シャーク土屋が全日本女子プロレス(全女)に参戦し、本格的な団体抗争が幕を開けた年でもある。アジャ・コングがブル中野からWWWA王座を奪取。若手では、山田敏代と豊田真奈美が台頭してきた。

 男子はさらに激動期で、SWSが分裂してWARやNOW、PWCとなり、みちのくプロレスとオリエンタルプロレスが旗揚げしている。

 団体が分裂したり、崩壊したり、また合併したりと、目まぐるしく移り変わる状況。「レッスルエンジェルス」の登場人物たちも、そんな流れにほんろうされつつ、より高い目標を掲げて、現状を打開すべく立ち向かっていく。

 「レッスルエンジェルス」、「2」は、アダルトソフトだったが、そのストーリーは高く評価された。後にケイエスエスから、アダルト要素を取り払ってリメイクされている(「レッスルエンジェルスV1」、「V2」)。

画像 「レッスルエンジェルス」の主人公・マイティ祐希子。「SUPERレッスルエンジェルス」など、以後の作品にも欠かせない存在だ
画像 「レッスルエンジェルス2」の主人公、武藤めぐみと結城千種も、「SUPERレッスルエンジェルス」に登場する

プロレスらしい試合展開をカードバトルで表現

 ストーリー以上に素晴らしいのが、プロレスの戦いをうまく再現したゲームシステムだ。シリーズ各作品ごとに若干の違いがあるが、ここでは「SUPERレッスルエンジェルス」について説明する。

 基本は、「ドラゴンボール 大魔王復活」(1988年、バンダイ)に近いカードバトル。

 双方の選手(タッグマッチの場合はチーム)に、5枚ずつのカードが配られる。カードには1〜9、Aの数字(Aは10に相当)と、技の種類を表す文字が書かれている。

 各ターンごとに、まずカードを1枚出す。次に、出したカードに書かれた種類の技の中から、その選手が使えるものを1つ選ぶ。

 両者の出したカードの数値、技の難易度、選手の能力値などをCPUが計算し、それによってどちらか一方の技がかかる。技をかけられたほうは体力が減る(一部例外あり)。

 技の種類は、投げ、極め(きめ)、打撃、飛びの4種が基本。

 極め技は少々特殊で、相手がほどくまでダメージを与え続けることができる。ただしロープが近いとブレークされやすい。

画像 各選手には技の種類ごとに、攻撃力と防御力が設定されている。武藤めぐみは飛び技が得意で、使える飛び技の数も多い
画像 極め技には、脇固めや逆エビ固めなど、相手の腕や脚にダメージを与える技も多い

 技の難易度については、高い技ほどかかりにくいが、かかると大きなダメージを与えられる。

 そのため、序盤はエルボーやドロップキックなど、難易度の低い技で相手の体力を削り、終盤は大技でたたみかけるという、プロレスらしい試合展開になるのだ。

 カードには上記4種のほかに、他、合、特がある。

 「他」というのは、凶器攻撃や丸め込み技、挑発など、基本4種に入らない技。

 「合」はタッグマッチのときだけ出現するカードで、ダブルのドロップキックや合体パイルドライバーなど、2人で攻撃する技。

画像 格下の相手に余裕を見せて遊んでたら、特カードを出されてフォール負け、なんてことも

 「特」は、各選手に1つずつ設定されている必殺技を使うカード。相手が「特」カードを出さない限り、必ず必殺技が出せる(技をかけるかわりに、自分の体力を回復させることもできる)。

 特カードの存在によって、序盤で大技が出てしまうことがあり、プロレスらしさは若干失われる。しかしゲームとしては、この特カードで一発逆転が起こり得るので、優勢なときでも最後まで気が抜けないし、逆に窮地に立たされても、最後まで希望が持てる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評