ニュース
» 2006年07月14日 00時00分 公開

15歳以上にお勧め。「ピンクのしおり」は健在です――かまいたちの夜×3 (1/2)

「かまいたちの夜2」の正統なる続編にして、「かまいたちの夜」3部作の最終章となる本作。「香山誠一」、「矢島透」、「俊夫」に続く最後の主人公のストーリー序盤の紹介に加え、ちょっとアダルトなシナリオ「ピンクのしおり」の存在が明らかになった。

[ITmedia]

 シリーズ初の試みとして、複数主人公を採用している「かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相」(以下、かまいたちの夜×3)。前回の記事では、プロローグ終了後に選択可能となる最初の主人公「香山誠一」に加え、「矢島透」と「俊夫」という3人の主人公を紹介したが、俊夫の次に“ある条件”を満たすことにより選択できるようになる最後の主人公が「啓子」となることが明らかになった。

 何か思うところがあって三日月館を訪れたという感じの啓子。彼女の序盤ストーリーを紹介しよう。なお、ほかの主人公たちがその時間に何をしていたかについては、前回の記事を参照していただきたい。

啓子編

photo 「8月15日17:50」。彼女の物語はここから始まる
photo 館に到着した啓子。建て替えられた三日月館だが、その様子は1年前と変わっていないという
photo “あんなこと”とは? 一体彼女に何があったのだろう

photo 玄関の鍵が開いていたので声を掛けてみるが反応はなく、中から奇妙な声が聞こえる。声のするほうに行ってみると「祈祷中」の張り紙が……
photo どうしようかと考えているところに声をかけてきたのは春子だった
photo 部屋の鍵を受け取り、部屋割りを聞く。7号室と8号室は美樹本と可奈子だが……“忘れちゃいけない”のはなぜなのか?

photophotophoto 荷物を置きに部屋へと入った啓子は、とりあえずお菓子を食べ始める。ここだけ妙にカラフルだ

photophotophoto 春子を手伝いに厨房へ向かうと、そこには真理の姿もあった。啓子は真理のことをこのように思っていたようだ。こうした心理描写は、複数主人公ならではだろう

photophotophoto 部屋の鍵をなくしてしまい、応接室でみんなを待つことに。俊夫、美樹本、透とぞくぞく集まってくる

photo 食堂での食事、香山の話をほとんど聞かずに夢中で食べているようだ
photophoto 食事に降りてこなかった可奈子に食事を持っていき、部屋へと戻る。鍵はなくしたはずだが……見つかったか、もうひとつあったということだろうか

photophotophoto 特にやることがないので2階のロビーへ。その後、物語は急展開を迎える

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた