ニュース
» 2006年08月04日 15時14分 公開

Production I.G×NISSAN――新作「攻殻機動隊」でコラボレーション

Production I.Gの新作「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」に、日産自動車のコンセプトカーが登場することに。これを記念して銀座・日産ギャラリーでトークショーが開催された。

[今藤弘一,ITmedia]
画像

 Production I.Gの最新作となる「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」は、西暦2034年、公安9課から草薙少佐が去ってから2年が経過したときの物語。トグサが新たに組織を率いる立場となり、新メンバーも大幅に増員されて拡大した新生公安9課に、難事件が次々と巻き起こる。それを裏で操っているのは、「傀儡廻(くぐつまわし)」と呼ばれる超ウィザード級ハッカー。

 ほかのメンバーと別ルートで事件を追跡していたバトーは、偶然に草薙と再会。しかし「“Solid State Society”に近づくな」という謎の言葉を口にして去る素子……。「傀儡廻」の正体は素子ではないのか?――バトーの脳裏に疑念がよぎる。

 9課の前に立ちはだかる難事件すべてが、捜査線上で見事にリンクしていく。果たして「傀儡廻」の正体とは? そして“Solid State Society”の意味するものとは……。


画像 左から濱野教授、神山監督、Production I.G 石川社長、日産自動車 中島敬氏。バックにあるのは、今回登場するコンセプトカー、日産「スポーツコンセプト」

 トークショーにはProduction I.Gの石川光久社長、日産自動車のプロダクト・チーフデザイナーの中島氏、神山健治監督に加え、Production I.Gの社外取締役も務める、東京大学大学院教授 濱野保樹氏が司会として登場した。

 今回のコラボレーションは、たまたま石川氏と日産自動車のクリエイターが出会ったことがきっかけだという。「クリエイターの方が、パトレイバーとか攻殻機動隊が大好きだということで話が盛り上がった」(石川氏)。その後、デザイナーと神山監督が意気投合して、コンセプトカーを登場させることになったそうだ。

 ちなみに劇中に登場するコンセプトカー2台(日産「スポーツコンセプト」とインフィニティ「クラーザ」)は、すべて実際にある、原寸のデータから起こされているとのこと。「3Dで車の輪郭を描くアニメは多くなってきているが、今回はコンセプトカーの外装だけでなく、内装のモデリングデータもいただいて作成した。これは初の試みだと思う。テールランプも透過光を使っているだけでなく、円形のモデルに光源をあわせて描いている」(石川氏)。

画像 コラボレーションキービジュアル

 こうしたコンセプトカーがアニメに登場することは、日産のクリエイターにも喜ばしいことだ、と中島氏。「わたしたちもバーチャルな世界から影響を受けるのはよくあること。この『日産スポーツコンセプト』はティーダが元になっているが、いかにティーダが突然変異したのかを見てほしい。一見、このあたりの通りを走っていそうでもあるが、バーチャルとリアルの狭間にある、現実的に見えて、非現実的なところを見てほしい」(中島氏)。

 車に乗っているシーンが多い「攻殻機動隊」シリーズだが、神山監督によると、これは意識的に作っているとか。「かつてアメリカで“スーパー情報ハイウェイ”という考え方があったが、コンピュータ産業がインフラをエレガントに疾走しているイメージを視覚的に訴えるためにわざと車を多く出していた」(神山氏)。バトーが車好きであったりする設定もそのためで、今回のコンセプトカーも、ぎりぎり間に合うか間に合わないかのタイミングにもかかわらず、あえて挑戦したとのこと。「今回の新作も、トグサが活躍するだけでなく、9課のオールスターが大活躍するので是非見てください」(神山氏)。

画像画像 登場する日産「スポーツコンセプト」(左)とインフィニティ「クラーザ」(右)

 なお、日産スポーツコンセプトは、東京・銀座の日産自動車 銀座ギャラリーにて8月5日〜8月14日の間展示されるほか、8月19日、20日に開催される「C3×HOBBY キャラホビ2006」でも展示。またキャラホビ2006では、神山監督や声優陣によるトークイベントも開催される予定だ。

「攻殻機動隊 S.A.C. meets NISSAN」
場所 日産自動車 銀座ギャラリー
東京都中央区銀座5-8-1
日程 2006年8月5日(土)〜8月14日(月)
開場時間 午前10時〜午後8時
展示内容 日産「スポーツコンセプト」(国内初公開)
「攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society」トレーラー(本編予告編)映像放映
コラボレーション説明パネル、関連グッズ(原画、コンテ等)展示

画像画像画像画像
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン