ニュース
» 2006年08月04日 15時14分 公開

Production I.G×NISSAN――新作「攻殻機動隊」でコラボレーション

Production I.Gの新作「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」に、日産自動車のコンセプトカーが登場することに。これを記念して銀座・日産ギャラリーでトークショーが開催された。

[今藤弘一,ITmedia]
画像

 Production I.Gの最新作となる「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」は、西暦2034年、公安9課から草薙少佐が去ってから2年が経過したときの物語。トグサが新たに組織を率いる立場となり、新メンバーも大幅に増員されて拡大した新生公安9課に、難事件が次々と巻き起こる。それを裏で操っているのは、「傀儡廻(くぐつまわし)」と呼ばれる超ウィザード級ハッカー。

 ほかのメンバーと別ルートで事件を追跡していたバトーは、偶然に草薙と再会。しかし「“Solid State Society”に近づくな」という謎の言葉を口にして去る素子……。「傀儡廻」の正体は素子ではないのか?――バトーの脳裏に疑念がよぎる。

 9課の前に立ちはだかる難事件すべてが、捜査線上で見事にリンクしていく。果たして「傀儡廻」の正体とは? そして“Solid State Society”の意味するものとは……。


画像 左から濱野教授、神山監督、Production I.G 石川社長、日産自動車 中島敬氏。バックにあるのは、今回登場するコンセプトカー、日産「スポーツコンセプト」

 トークショーにはProduction I.Gの石川光久社長、日産自動車のプロダクト・チーフデザイナーの中島氏、神山健治監督に加え、Production I.Gの社外取締役も務める、東京大学大学院教授 濱野保樹氏が司会として登場した。

 今回のコラボレーションは、たまたま石川氏と日産自動車のクリエイターが出会ったことがきっかけだという。「クリエイターの方が、パトレイバーとか攻殻機動隊が大好きだということで話が盛り上がった」(石川氏)。その後、デザイナーと神山監督が意気投合して、コンセプトカーを登場させることになったそうだ。

 ちなみに劇中に登場するコンセプトカー2台(日産「スポーツコンセプト」とインフィニティ「クラーザ」)は、すべて実際にある、原寸のデータから起こされているとのこと。「3Dで車の輪郭を描くアニメは多くなってきているが、今回はコンセプトカーの外装だけでなく、内装のモデリングデータもいただいて作成した。これは初の試みだと思う。テールランプも透過光を使っているだけでなく、円形のモデルに光源をあわせて描いている」(石川氏)。

画像 コラボレーションキービジュアル

 こうしたコンセプトカーがアニメに登場することは、日産のクリエイターにも喜ばしいことだ、と中島氏。「わたしたちもバーチャルな世界から影響を受けるのはよくあること。この『日産スポーツコンセプト』はティーダが元になっているが、いかにティーダが突然変異したのかを見てほしい。一見、このあたりの通りを走っていそうでもあるが、バーチャルとリアルの狭間にある、現実的に見えて、非現実的なところを見てほしい」(中島氏)。

 車に乗っているシーンが多い「攻殻機動隊」シリーズだが、神山監督によると、これは意識的に作っているとか。「かつてアメリカで“スーパー情報ハイウェイ”という考え方があったが、コンピュータ産業がインフラをエレガントに疾走しているイメージを視覚的に訴えるためにわざと車を多く出していた」(神山氏)。バトーが車好きであったりする設定もそのためで、今回のコンセプトカーも、ぎりぎり間に合うか間に合わないかのタイミングにもかかわらず、あえて挑戦したとのこと。「今回の新作も、トグサが活躍するだけでなく、9課のオールスターが大活躍するので是非見てください」(神山氏)。

画像画像 登場する日産「スポーツコンセプト」(左)とインフィニティ「クラーザ」(右)

 なお、日産スポーツコンセプトは、東京・銀座の日産自動車 銀座ギャラリーにて8月5日〜8月14日の間展示されるほか、8月19日、20日に開催される「C3×HOBBY キャラホビ2006」でも展示。またキャラホビ2006では、神山監督や声優陣によるトークイベントも開催される予定だ。

「攻殻機動隊 S.A.C. meets NISSAN」
場所 日産自動車 銀座ギャラリー
東京都中央区銀座5-8-1
日程 2006年8月5日(土)〜8月14日(月)
開場時間 午前10時〜午後8時
展示内容 日産「スポーツコンセプト」(国内初公開)
「攻殻機動隊 S.A.C. Solid State Society」トレーラー(本編予告編)映像放映
コラボレーション説明パネル、関連グッズ(原画、コンテ等)展示

画像画像画像画像
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」