プレーヤーの数ほど用意されている“ゾンビパラダイス”「デッドライジング」レビュー(2/2 ページ)

» 2006年10月16日 14時33分 公開
[水野隆志,ITmedia]
前のページへ 1|2       

レベルがある程度上がったらイベントに挑戦

 レベルが10代中盤になったら、そろそろイベントに挑む時期だ。イベントには大きく2つの種類がある。ゾンビ発生事件の真相を解明していく、いわばメインというべきイベントと、それと直接関係のないサブイベントだ。メインのほうは、CASEと呼ばれ、発生した時に、CASE FILEという特別の画面が表示される。

 これに対してサブイベントのほうは、電話で連絡が入る。そのほとんどは、どこかの店に生存者がいる、という情報だ。その場所に行けば、スクープ、すなわちPPを大量獲得するチャンスが訪れる。

 電話では、サブイベントの内容、エリア、店、生存者についての情報が告げられる。テキストが読みにくいかもしれないが、“スクープキュー”と“ガイドアロー”の両機能を使えば、探し当てることは可能。あきらめずに追跡してみよう。

画像 これがCASE FILE画面。各CASEのところに書かれた発生時間に注意したい。この時間までに前のイベントをクリアしておかないと、CASEは途切れてしまう。CASEを追うと決めたら、時間に気を配りながらプレイしよう
画像 サブイベントが発生すると、画面左下隅に電話のグラフィックが出る。電話が鳴ったら、十字キーの左ボタンを押して時計画面に入ろう。なお、電話に出ると攻撃ができなくなったり、両手持ちの武器を落としてしまうので、戦っている最中は無視してもいい。1度切れてもまたかかってくる
画像 時計画面に入ると、画面の右側にその時点で発生しているメイン、サブすべてのイベントが表示される。このリストがスクープキューだ。バーの長さと色は消滅するまでの時間を示す。ここで、どれかのイベントを選ぶと、画面上中央に、そのイベントが発生している地点の方向を示す矢印=“ガイドアロー”が表示されるようになる

強敵との戦闘は心してかかるべし

画像 初日の19時以降、初めて中庭に入ると登場する、イカレ3人組。ジープに乗りながら機銃を撃って攻撃してくる。低レベルのうちは、戦ってもまず勝ち目はない

 イベントを進めていると、通常のゾンビとは違った、ケタ外れに強い敵と遭遇することがある。こいつらはいわばボスキャラ。相当強いので、装備や残り体力が不十分だと、勝つのは至難。一部のイベントでは倒すまで他の場所へ移動できないこともあるが、逃げられる場合はあまり無理をしないほうが賢明だろう。ただ、逃げた場合、敵はその場所に居続ける。倒すまでは近づくたびに襲われることになるので、最終的には倒すしかない。

コスチュームチェンジで好みのスタイルを追求

画像 置かれている衣装は店ごとに違う。マニュアルに掲載されているマップを見れば、コスチュームがありそうな店は見当がつくはず。

 ゾンビの撮影や戦闘以外で、ちょっとこだわってみたいのがコスチュームチェンジだ。各店の商品棚に近づいた時、白いアイコンが出れば、着換え可能の表示。フォーマル、カジュアル、スポーティ、コスプレ系、あるいは子供服まで、実にさまざまな衣装が用意されているので、気分転換も兼ねていろいろ試してみよう。渋くダークグリーンのスーツでキメてみたり、記者っぽく白のワイシャツ姿になってみたり、ちょっとヤクザ風に白スーツをまとってみたり。映画館内にあるキャラクターグッズ売り場など、服を扱う店以外にも衣装は置いてある。靴やサングラスなど、服以外の品も豊富だ。

 ゾンビを撮ってレベルを上げ、強力な装備を集めてボス敵を倒し、お好みの格好をして、メインやサブのイベントをクリアしていく。これが「デッドライジング」のプレイスタイルだ。イベントの発生時間と終了までの時間を除けば、後はほとんど制限がない。ゲーム内時間で72時間経つと脱出用のヘリが来るが、それまではいわば自由時間。モール内を自由に歩き回りながら、やりたいことをやればいいのだ。

 ゲームの中には、“箱庭ゲーム”と呼ばれる作品がある。ストーリーなどの明確な目標がなく、舞台だけが与えられ、そこで好きなことができる、というゲームだ。「デッドライジング」は、そうした系列に連なる作品だ。確かに、そこにはバイオレンスがあり、血もある。だが、それは映画など、他の娯楽でも普通に見られるレベルだ。ここで言いたいのは、他の娯楽にあればどんな暴力でも許される、ということではない。言うまでもなく、ゾーニング(区分)は必要だ。18歳以上対象のマークが入っている以上、ゲームショップも18歳未満には売るべきではない。そうした意識は強く持たなければならないが、その一方で、許されたものならば、娯楽として正当に扱われなければならない。特に「デッドライジング」が持つ、双方向で自由度の高いエンターテイメント性は、ホラーファンにとどまらず、多くのゲームファンの心をとらえるだけの魅力がある。

(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」