インタビュー
» 2006年11月10日 15時00分 公開

PS3の機能を使い切る「リッジレーサー7」の凄さ「リッジレーサー7」発売直前インタビュー(2/3 ページ)

[聞き手:長井直也,ITmedia]

――それでは、新要素のマシンカスタマイズについて教えて頂けますか。

小林 マシンカスタマイズに関しては、以前から多くのお客様の要望として挙がっていました。そこで今回チャレンジしてみようと。

 小さい頃にミニ四駆で遊んでいたような世代の方は、自分でいじって、他人とは違うモノを表現したい、という思いが強くあることは、以前から感じていました。でも我々はクリエイターですから、用意されたベストの状態のマシンで遊んで欲しいという思いもあって、その中で葛藤もありました。でもチャレンジして良かったなと今は思っています。やっぱり自分だけの1台を作り上げる作業って理由抜きで楽しいですよね。

画像画像

寺本 オンラインにつながって世界の人たちとレースをするというときに、やはり個性は表現できたほうがいいよね、という気持ちがありました。そういう意味でも、カスタマイズというのは合っているかなという手応えがありますね。マシンカスタマイズには、難しいとか、めんどくさいというイメージが少なからずあると思うのですが、やはりリッジに入れるからには、難しいという印象にはなってはいけないとは思います。そのために、マシンの外見のカスタマイズと、パフォーマンスのカスタマイズは完全に別であるという考えが出てきました。

小林 マシンの細かい設定をいじることができるレースゲームでも、それが難しくて何が変わったのか分からないことがあると思うんです。結果として高いパーツをとりあえずつけて満足するというゲームにはしたくなかったんです。「リッジレーサー7」では、このパーツを買うと何ができるようになります、というのを明確にしていこうというのは最初から決まっていました。

寺本 車の細かい知識について学びながら楽しんでいくゲームもあると思うのですが、やはりリッジは違うという事ですよね。マシンの外観については見た目や個性で選んでもらい、パフォーマンスのパーツは取り付けた結果を重視して選んでもらうと言うことになりますね。

――今回はカスタマイズすることによって、さまざまなタイプのニトロを使えるようになりますね。

小林 カスタマイズをやろうとした時点で、一番アイデアが出てきたのはニトロでしたね。特定のニトロが強いというバランスにはしていませんが、タイムアタッカー達がやり込んで行くと、ある程度は決まっていくかもしれませんね。僕たちとしては、どのニトロを使ってもゲームをクリアできて、オンラインでも速く走れるという風にデザインしたつもりです。

画像画像画像

――ニトロの使用感については何か変わっていますか?

小林 今回はニトロゲージの溜まり方が変わっています。より曲率の高いヘアピンコーナーなどでニトロがより多くチャージされるようにしていまして、「リッジレーサー6」のように無理矢理直線でドリフトさせるという走り方は遅くなるように調節しています。直線でドリフトさせるというのは、やはり美しくないかなと思いますし、必要なところで必要なだけドリフトさせるのが美しいドリフトだと思いますね。

――新要素となるプラグインユニットについてはいかがですか?

小林 プラグインユニットは、オンラインでより楽しめるようになる特殊パーツがメインになっていますね。例えば、敵車のニトロの残量が分かるようになるパーツであったり、スリップストリームを相手に使わせないようにするパーツなどがありますね。ひと通りゲームを遊び尽くしてもらったあとの、やり込みの部分でいろいろ使えそうなものとしてアイデアを出していきました。多くのプラグインユニットは最初は使えないのですが、リッジステイトグランプリやタイムアタック、オンラインバトルをプレイしてメーカーポイントを稼いでいくと入手できるようになります。

――オンラインバトルモードについてお聞きします。このモードは前作の「リッジレーサー6」で初登場となったわけですが、反響などはいかがだったんでしょうか。

画像

寺本 まず、オンラインバトルが盛り上がってくれたというのが嬉しかったですね。今でもプレイされている方がたくさんいらっしゃいます。フットサルのような、世界の皆さんが気軽に楽しんでもらえるちょっとしたスポーツのような感じで楽しんでもらえているのがいいですね。

 もともと「リッジレーサー」はアーケード用のゲームとして登場したものですし、店舗内での通信対戦やタイムアタックなど、みんなが集まって遊べる良さをその頃から持っていました。今回は「最初からオンラインにつながるハード」なので、そういう本来リッジがもっていた遊びをぜひやっていこうということになりました。

――「6」の時点で十分に手応えはあった訳ですね。

寺本 自分がプレイしても単純に面白いですからね(笑)。前作で学んだこともいろいろあって、レースルールなども変更したり追加しました。

――オンラインバトルに関して、「リッジレーサー7」になって新しく追加された要素にはどのようなものがありますか?

小林 まずは協力プレイですね。赤チームと青チームに分かれて戦うようなチームバトルというものが追加されています。フィニッシュした順位によってポイントをもらっていって、最終的にポイントが多かったチームが勝ちになるルールになっています。つぎにペアバトル。ふたりがペアになり、最大で7組のペアで戦うというものになっています。

 ペアで走るとレースの仕組みが変わりまして、ペア同士だとスリップストリームの効果が格段に上がったり、ペアの一方がチャージしたニトロの半分がもう一方のニトロに供給されるというシェアチャージが使えるようになります。また、ふたりが近い距離でドリフトするとツインドリフトになり、ボーナスとしてニトロゲージの量がたくさんチャージされるようになったりしますね。

――ペアでタイムアタックも可能ということですが。

画像

小林 はい。ペアタイムアタックはオンラインでもできますし、オフラインだと画面を分割してすることができます。結構ペア走行が熱いんですよ(笑)。ドリフトが終わってニトロが足りなかったときに、パートナーの力でニトロが溜まったりするんですよね。ペアで遊んでもらうことでフレンドが増えたりするといいなと思いますね。チームやペアの決め方はランダムにもできますし、対戦ルームを作ったオーナーが決めることもできますね。

――ランキングの種類も増えていますね。

小林 名声のランキング、所持金のランキング、オンラインバトルのランキング、それらを総合したリッジレーサーランキングがあります。このリッジレーサーランキングには称号がありますよ。ランキングの1位はリッジレーサーという称号になります。称号はルーキーレーサーからリッジレーサーまで、全部で8段階あります。

寺本 これらのランキングは、対戦ルームに入って相手のプロフィールを見ると確認することができます。また、対戦中に車の上に表示されるアイコンがでもプレーヤーの称号を確認できますね。

――オンラインバトルポイントは、レースに勝つと増えて、負けると減るという仕組みですよね。

寺本 自分と同じレベルのプレーヤーと戦ってもあまりポイントはもらえないのですが、自分よりもオンラインバトルポイントが高い人に勝つと、多くのポイントを入手することができます。逆に、自分よりもポイントが低い人に負けると思いっきり減りますけれど(笑)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」