レビュー
» 2006年11月10日 00時00分 公開

手のひら世界で繰り広げられる、自らの領土を取り戻す戦い「エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション」レビュー(1/2 ページ)

プレイステーション時代から発売され続け、絶大な人気を誇るフライトシューティングゲーム「エースコンバット」シリーズ。PSPというハードで、主人公の駆る機体はどんな活躍を見せるのだろうか。

[篠崎薫,ITmedia]
画像 PS2「エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー」から7カ月。PS2からPSPへとプラットフォームを移し、新たなる戦いが幕を開ける!

 バンダイナムコゲームスの「エースコンバット」シリーズといえば、他社のフライトアクションゲームとは比べものにならないほど、リアルさと爽快感のバランスが取れているタイトルとして有名だろう。背景にある充実したストーリーも、プレーヤーをその世界に引き込んで離さない魅力を持ち合わせていると、シリーズ作品をプレイするたびに感じてしまうほど。個人的にも、すっかりとりこになっている「エースコンバット」シリーズだが、その最新作である「エースコンバットX スカイズ・オブ・デセプション」がPSPで発売されたというのだから、心躍らないはずがない。早速入手して、どんな仕上がりになっているのかを、この目で確かめてみた。

 基本的な内容はこれまでと同じく、自機を操作して提示された目的をクリアしていくことになる。だが、ユーザーとしての一番の心配といえば、やはりプレイステーション 2からPSPになったことによる操作性の変化だろう。事実、PSP本体のボタン数は、プレイステーション 2のパッドより少ない。このハンディをどうするのかと思っていたが、方向キーへヨーやトリムアップ・ダウンを割り当てることで、見事に解決している。これが非常に便利で、アナログパッドで大まかに移動したあと、方向キーで微調整を効かせられるため、難しいと思われた空中給油などもそれほど苦労せずに成功した。もちろん、各種ボタンのカスタマイズも柔軟に行えるので、PSP本体の操作性が気になる人でも、これなら心配はいらないだろう。個人的にも操作性は不安だったが、実際にプレイしてみたら想像以上によくできていたので驚いた。特にトリムの存在は非常に大きく、これから発売するシリーズにも入れてほしいと思ったほどだ。

画像 ボタンは細かな部分までコンフィグが可能なので、これならどんな好みの人でも問題ないだろう
画像 最初はLRボタンが1つということで戸惑ったが、トリムが方向キーに割り当たっていることで、かなり快適に操作できる

新システム導入で、何度も遊べるやり込み要素の高い作品に

 これまでの「エースコンバット」シリーズでは、プレーヤーはエースパイロットとしての活躍がメインで、どこでどのように戦うかはすべて上官の指示で決まっていた。極論すれば一本道RPGのようなもので、決められたレールの上にある障害物(=敵)を排除していくだけだったと表現できるだろう。本作ではこの部分が新しくなり、新システム「Strategic AI System」が導入され、選んだルートによって戦況が大きく変わるようになったのだ。

 主人公が決定権を握っているために、このようなシステムを導入しても違和感がないのだが、そうなってしまった経緯がストーリーに絡めてうまく説明してあるのにも感心してしまった。それがどんな話なのかは、ぜひ自分の目で確かめてほしい。

 その新システムは既報にある通りで、今回は進行ルートが複数存在し、どの順番で攻略していくかによって、その後の展開がガラリと変わってくる(関連記事参照)。このため、そのルートの数だけ物語が存在することになり、結果的に何度も遊べる作品へと生まれ変わっているのだ。これがおもしろく、本当に何度も遊べてしまうから困ってしまう。

 これまでも、新機体を購入するためにクリアしたシナリオをプレイし直してお金を稼ぐことはあったが、結局は同じステージを繰り返し攻略するため、どうしても飽きが来てしまった。しかし、今回はメインメニューで「New」を選択して新しく始め、前回とは違う攻略ルートで物語を進めながらお金を貯め、再び進んでいたシナリオに戻っていい機体を購入、ということができてしまうのだ。つまり、前作までと違い別のストーリーを楽しみつつ、お金まで稼げてしまうという、とんでもない良システムになっている。すべてを遊びつくすまで飽きるハズもなく、本作以外のタイトルをプレイする時間がまったく取れなくなったほどハマった。これはもう、エースコンバットシリーズ好きにはたまらないシステムだろう。ぜひ次回作以降でも、このシステムを取り入れてほしい。もっとも、次回作が発売されて、そこにもこのシステムが導入されていたら、いくら遊んでも終わりが見えないほどのボリュームになりそうだ。

画像 ルートが複数あるだけでなく、攻略した順番によって次のミッション内容もダイナミックに変化する。これにより、何度遊んでも飽きないようになっているのだ
画像 所持金や一度購入した機体は、新しくゲームを始めても引き継がれる。どうしても先に進めないときは、最初からプレイし直してお金を稼ぎつつ、新たな展開を楽しむのもいいだろう

 ストーリーは、「エースコンバット04」に近いタッチのイラストが用いられている。個人的には、もう少し渋目のタッチでいってくれてもよかったのだが、背景で流れる物語は、かなりの盛り上がりを見せてくれる。敵国のワナにハメられた自国が、主人公の活躍によって失った領土を少しずつ取り戻していくさまは、プレイしていて非常に気持ちがいい。ステージが進むごとに、敵がプレーヤーの駆る機体を少しずつ恐れていく様子も上手に描かれており、英雄になっていく感じがたまらないのだ。

画像 イラストを担当しているのはクリエイティブ集団STUDIO 4℃
画像 少しずつ領土が青色に染まっていく地図を見ていると、自分の活躍が戦局を左右しているのか……と実感できる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  5. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」
  10. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい