ニュース
» 2006年11月13日 16時07分 公開

「東京魔人學園剣風帖」テレビアニメ化決定――拡大する魔人學園の世界

アミューズソフトエンタテインメントは、「東京魔人學園剣風帖」のTVアニメを製作していると報じた。放送はアニマックスにて来年1月からを予定している。

[ITmedia]

 東京魔人學園とは、1998年にプレイステーションソフトとしてアスミック・エースから発売されて以来続くシリーズ作で、東京に巣くう邪気や魑魅魍魎を相手に高校生達が立ち向かう“学園伝奇ジュブナイル”である。PS版の「東京魔人學園剣風帖」と「東京魔人學園朧綺譚」、ドラマCDの「東京魔人學園退魔陣」、「東京魔人學園月紅伝」、東京魔人學園剣風帖外伝「妖都鎮魂歌」のほか、小説「東京魔人學園双龍変」シリーズとその世界観を拡大し続け、PS2版「東京魔人學園外法帖」では舞台を江戸幕末にして「剣風帖」に登場した人物の先祖達の物語を展開。続く「血風録」では、さらに北欧の神々が登場するにまで至っている。


 来年の1月、アミューズソフトエンタテインメントは、「東京魔人學園剣風帖」のTVアニメを製作しアニマックスにおいて放映すると発表した。

 登場人物はゲーム版そのままだが、プレーヤーキャラクターだった主人公「緋勇龍麻」には新たに姿形が与えられ、新しい東京魔人學園が描かれようとしている。

 詳しい内容などは公開されていないが、ゲームや小説の世界からついにアニメへと広がった東京魔人學園に期待せずにはいられない。

ストーリー

舞台は東京、新宿……。

桜の季節、「真神学園」に転校して来た謎多き男「緋勇龍麻」。

導かれるように彼と出会う剣道部の「蓬莱寺京一」、レスリング部の「醍醐雄矢」、弓道部の「桜井小蒔」、そして生徒会長の「美里葵」。

彼らは突如活性化した“龍脈”の影響で、“力持つもの”として覚醒する。

その日を境に、同じく“龍脈”の影響か“鬼”と呼ばれる異形が出現し、東京を襲う。

そして、その鬼を操る“外法”を駆使する者の存在。

東京を護るために立ち上がった龍麻たちは、やがて逃れようのない自身の“宿星”と向き合う事に……。


主人公
緋勇龍麻(ひゆうたつま) CV:下野紘
桜とともに真神学園へやってきた、いわゆる「なぞの転校生」……。性格はズバリ「天然」。目撃例によると彼の表情は「ぼーっとしてる」、「ニコニコしてる」の2種類しかないとか。彼が普段何を考えているのか、読める人間はこの地上に存在しないとまで言われている。授業中は居眠りばかりしてるけど、ウワサでは格闘技の達人とか何とか? 趣味から家庭環境にいたるまで、彼の素性はまるで不明。唯一判明していることといえば、「イチゴ大好き〜!」って事くらいとか

醍醐雄矢(だいごゆうや) CV:平 勝伊
絵に描いて壁に飾ったほど見たまんま、レスリング部の部長。責任感が強く、面倒見も良いが堅物すぎる面もアリ。桜井小蒔に思いっきり「片思い」してるけど、わかりやすく顔に出ているため周知の事実。森のクマさんみたいな扱いだけど、中学時代は有名な不良だったとか。ムキムキキャラな外見に似合わず、特技は「料理」
蓬莱寺京一(ほうらいじきょういち) CV:川鍋雅樹
「歌舞伎町の用心棒」と呼ばれる剣の達人。ただし、素行不良&成績最悪な真神学園史にその名を刻みそうな問題悪童。いちおう剣道部所属だけど、万年ユーレイ部員。ラーメンとケンカ、そして(ナゼか)木の上での昼寝が大好き。意外にも彼を慕う人は多い

美里葵(みさとあおい) CV:堀江由衣
かの徳川家所縁である美里家のお嬢様。クラス委員会に生徒会を掛け持つ学業優秀、生徒の鏡。しかし、少々天然。誰にでも手を差し伸べる困ったチャン。笑顔を絶やさないけど、どことなく寂しげなのは気のせい? 通称・丘の上のお嬢さま
桜井小蒔(さくらいこまき) CV:新井里美
真神学園弓道部の部長を勤める健康優良少女。物事をはっきり言うアネゴ肌な性格もあってか、下級生の女子にダントツの百合人気。とはいっても本人は同級生で高一の頃からの親友である葵にベッタリ。誰とでも打ち解けやすい性格だけど、京一のことは嫌いみたい
原作:今井秋芳/監督:石平信司/シリーズ構成・根元歳三/キャラクターデザイン・総作画監督・中井準/美術監督・永吉幸樹/撮影監督・佐藤正人/音響監督・小林克良/音楽・根岸貴幸/OP&EDテーマ曲・ACID/アニメーション制作・ビースタック・AICスピリッツ/製作・魔人製作委員会
(C)Asmik Ace Entertainment,Inc./Marvelous Interactive Inc./Majin Production Committee


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」