「わたしの手術料は世界一高いぜ!」――手塚キャラ総出演の「マンガ アドベンチャー」「ブラック・ジャック 火の鳥編」レビュー(2/2 ページ)

» 2006年11月21日 17時21分 公開
[立花裕壱,ITmedia]
前のページへ 1|2       

難病・奇病がブラック・ジャックを待つ

 ストーリーは、中盤から後半にかけてどんどん広がり、一気に盛り上がる。少年時代のブラック・ジャックこと間黒男を爆発事故に巻き込んだ5人の男、謎の組織「バンパイヤ同盟」、そしてブラック・ジャックを手こずらせる奇病……。これらがどのようにつながるのか、そしてサブタイトルの意味は? このあたりは、ネタバレになるので秘密。ここでは冒頭のエピソードを少しだけ紹介しよう。

画像 チュートリアルを兼ねたヒゲオヤジのオペ。1度プレイしたオペは「旧カルテ」でやりなおせる。このオペは慣れればSランクGETは簡単

カルテ01:大渋滞で1時間も足止めされ、イライラするドライバーたち。追い打ちをかけるように大事故が発生した! 被害者の探偵・伴俊作は全身打撲に複雑骨折、急性硬膜外血腫を起こしているようだ。そこに現れたひとりの男。彼こそは世界一高い報酬を取る無免許医、ブラック・ジャックだった……。

 「普段なら、こんな金になりそうにない手術はやらないんだが、仕方ない」

 渋滞の中、路上でエアーテントを使った脳の緊急処置が始まる……。

 路上でヒゲオヤジこと伴俊作の開頭手術を行うカルテ01。まずは小手調べ。矢印が出るペースは遅いので、すんなりクリアできるはず。後半パートは矢印が次々と出現する「集中治療」。こちらもパニックにならなければ大丈夫。


画像 「整形手術」は油断大敵。この記憶系のミニゲームはあとにももう1度あるので、記憶力に自信がない人はいったんDSを閉じてメモするのがいいかも

カルテ02:「なんだこれは! これでも人間なのか!」。怪しげな洋館に呼ばれたブラック・ジャックは、まるで狼のように変化したクランケに絶句する。依頼主の不気味な男いわく、「これは『バンパイヤ病』だ」……。とりあえず言われたままに、人間の外見へと整形手術を行うブラック・ジャックだったが……。

 矢印がジグザグした「骨ノミ」など、ちょっと複雑な線が登場するカルテ02。後半に待つのは「整形手術」のミニゲーム。狼男の顔に引かれた線の順番と方向を記憶して、見本通りに再現する。これがなかなか難しい。筆者は油断して何度も間違えて、ゲームオーバーになりました。ダメですなぁ。

 ここまでがオープニング。これ以降は、岬に立つ診察室を拠点にシナリオが展開する。次のオペはチョコラ(「ドン・ドラキュラ」より)の虫垂炎か鋼玉すみれ(「リボンの騎士」のサファイヤ)の先天性心臓疾患のどちらか。すみれのエピソードは……。


 心臓を患うお嬢様のすみれ。シルバーランド開発の会長だった父を突然、心筋梗塞で亡くし、副社長のジュラルミンに会社を乗っ取られて無一文になってしまった。「あんたに金がないならもう診療はできない。それだけだ」。むげに断ったブラック・ジャックだが、すみれが目の前で倒れてしまう。やむなく心肺蘇生術を行うことに……。

 強心剤の曲線を描く部分が少し難しい以外は割と簡単なオペ。後半パートではマイクに息を吹きかけ、心臓部分をタッチでマッサージする。サファイヤファンにはちょっとうらやましい!?

 前半はこんな感じで次々と舞い込む依頼をこなしていく。一見バラバラに見えた個々のエピソードが、シナリオがひとつにつながる。なかなか凝った作りだ。ゲーム進行に詰まったら、ピノコと会話したり、「外出」を選んで七色いんこの探偵事務所で情報を買ったりしよう。

画像 マイクに息を吹きかけ人工呼吸、胸をタッチしてマッサージ。ピノコに嫉妬されても人命救助のためだから仕方ない
画像 代役専門の役者で泥棒の七色いんこ。今回は探偵役も引き受け、情報集めを担う。彼の情報料は高すぎ! ブラック・ジャックはこういうことにお金を使っているのか
画像 ブラック・ジャックのアイドルといえばピノコ。ゲームでも彼女の魅力は余すところなく発揮されている。アッチョンブリケ!

きら星のような手塚キャラに会える

 本作では、40人以上もの手塚キャラがにぎやかに活躍する。原作のエピソードをうまくシナリオに取り込んでいるキャラや、驚きのアレンジがされているキャラもいて、ファンの心をくすぐる。知らないキャラが出てきたら、ネットで調べて原作を読んでみる、そんな楽しみもある。筆者もこれまで知らなかったタクシー運転手のマンガ「ミッドナイト」を読みたくて、マンガ喫茶に足を運んだ。ここからは、このゲームで活躍するキャラを何人か紹介してみたい。

ミッドナイト(「ミッドナイト」より):ブラック・ジャックと同様、無免許という設定の深夜タクシー運転手。本名は三戸真也。もとは暴走族だったが恋人が植物状態となり、金を稼ぐためドライバーとなった。ブラック・ジャックと同じく、「週刊少年チャンピオン」に連載されたこのマンガは1話読みきり方式で、ミッドナイトがかかわった乗客たちとのドラマを描いている。重要な役回りでブラック・ジャックも登場する。衝撃的な最終話は今でも語り草だ。

写楽保介(「三つ目がとおる」より):普段は額に大きなバンソウコウを張った子供っぽい印象の中学生。しかし、バンソウコウをはがすと第三の目が現れ、自称“悪魔のプリンス”を名乗る超天才に変わる。オカルトブームのころに描かれた「三つ目がとおる」。アニメ化もされ、こちらも人気が高い。

 今回のゲームでは、お目付け役の和登千代子に連れられて、おでこの皮膚性潰瘍の切除のためやってくる。ブラック・ジャックによって、第三の目が取られ、写楽も普通の男の子になってしまうのか?

トリトン(「海のトリトン」より):海に住む少年トリトンが、イルカのルカーと一緒に、敵のポセイドン族と戦う海洋冒険ロマン。アニメ版は「ガンダム」の富野由悠季の初監督作品。原作を大きくアレンジし、アニメファンからは「富野節炸裂!」と評される。

 ゲームでは、内臓疾患で弱っているトリトンとルカーをブラック・ジャックが同時にオペする。ブラック・ジャックの原作にあった、シャチ(その名もトリトン)を治療するエピソード「シャチの詩」と絡めてあるのが心憎い。

 ちょい役も含めればまだまだたくさんのキャラが登場する。何人知っているか、自分の手塚治虫マニア度を確かめてみては?

画像 ミッドナイトのオペは揺れる車の中で行われる。コマンドが震えているときはタッチしてはダメ。ダメージになってしまう
画像 写楽のおでこにある第三の目が「皮膚性潰瘍(おでき)」とは……。写楽はこのあとのシナリオにも絡んでくる
画像 ピノコが拾った少年は海に住むトリトンだった。おとものイルカを見て、ブラック・ジャックは昔治療してやったシャチのことを思い出す

原作を脇に置いてぜひともプレイを

 クリア時間は10時間前後。ライトに遊べて敷居も低い。欲を言えば、ひとつひとつのエピソードがもう少していねいに描かれていればよかったか。それでもブラック・ジャック好きとしては満足だ。

 純粋にブラック・ジャックのゲームと考えるとややストーリーがにぎやかすぎる印象があるものの、手塚作品でおなじみのスター・システム(他の作品の主役級キャラが脇役としてゲスト出演する豪華な方式)をさらに発展させたものと考えれば納得も行く。

 どういう状況になっても、ブラック・ジャックの格好良さは変わらない。遊んでいるうちにすっかりその世界というか美学に、ハマり込んでしまった。原作のパロディやオマージュもたっぷりなので、ぜひとも原作マンガを用意して、プレイしてほしい。いろいろな発見が待っている!

(C)SEGA
原作:(C)手塚プロダクション


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評