「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」エクスプレスゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」(セガ)の主人公は、青くて速くてカッコいい、ハリネズミのソニック。でも、“青くて速くてカッコいいソニック”は、あのソニックのほかにもまだいたのです。

» 2006年11月29日 14時48分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

別府でソニックに遭遇!

画像 血の池地獄の鬼と記念撮影

 今回取り上げるのは、1991年に発売された、メガドライブを代表するアクションゲーム、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」(セガ)。

 というわけで、別府にやってきた。

 別府の鉄輪(かんなわ)・亀川温泉では、真っ赤なお湯の“血の池地獄”や、コバルトブルーの“海地獄”、白く輝く“白池地獄”など、多彩な熱泉源を見ることができる。

 ……なぜここが「ソニック」に関係するかというと。

 実は、大分−博多間(一部は佐伯−博多間)を走る特急の名前が「ソニック」で、この特急が別府に停車するからだ。

画像 色までそっくり。リニューアルされてますます似てきた

 特急ソニックに使用される883系電車は、最高速度130キロで、しかも振り子車両。水戸岡鋭治氏によるシャープなデザインも光る。

 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」もまた、速さとルックスの良さで、テレビゲーム史に名を残す作品となった。

サウスアイランドを走る走る

 1990年11月21日、任天堂が満を持して、ファミコンの後継機、スーパーファミコンを発売した。

 すでに16ビット機のメガドライブを発売していたセガにとって、任天堂の16ビット機が脅威となることは間違いない。そこで、対スーパーファミコンの秘密兵器として、1991年7月26日に投入したのが、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」である。

 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」最大の売りは、やはりそのスピード感だろう。とにかくスクロールが速いのだ。

 方向キーの右か左を押したときの、ソニックの基本移動が「歩き」ではなく「走り」であることからも、スピード感を意識して、ゲームが作られていることがわかる。

 丸まって坂道を転がると、一層スピードアップ。加速しないと通れないルートも多い。

画像 ゆっくり動いているときも、ソニックは明らかに走っている
画像 ジェットコースターのようなループもある。勢いをつけ、ぐるんと回って通過。降下中にさらに加速できる

 ソニックの攻撃方法は、ダッシュやジャンプで丸まっている状態での体当たり。多くの敵はこれで倒すことができる。ハイスピードで、通り道にいる敵を次々となぎ倒すのは爽快だ。

 フィールドには、金色のリングが多数浮かんでいる。100枚集めると、ソニックの残り人数が1人増える。

画像 敵は、ロボットに改造された動物たち。倒されると元の動物に戻って、走り去っていく
画像 アイテムボックスに入っているリングもある。ボックスを壊すと、リングが10枚手に入る

 また、ボスの出ないステージで、クリア時に50枚以上のリングを持っていると、ゴールに巨大なリングが出現。ここに飛び込むと、スペシャルステージに入れる。

 でもこのリングには、さらに大きな特徴がある。1枚でも持っていれば、敵や障害物に当たっても、残り人数が減らないのだ。持っていたリングは飛び散るが、急いでかき集めれば数枚は回収できるので、またリングを持っている状態でゲームを続けられる。

画像  持っているリングの枚数が多いほど、飛び散ったときがゴージャス。悔しくなるというより、むなしくなる瞬間だ
画像 ヤシの木が立ち並んでいる、「GREEN HILL ZONE」アクト2のゴール地点

 ゲームの舞台となるサウスアイランドは、豊かな自然の残る島。常に動き回っているために、外敵の侵入を受けることもなく、動物たちが平和に暮らしていた。

 最初のステージ「GREEN HILL ZONE」では、水と緑に囲まれたサウスアイランドの風景が描かれている。陽光降り注ぐ島の景色は、南国のリゾート地を連想させる。

画像 マニュアルも当時としては珍しく、凝った作りになっている(ゲームキューブ版『ソニック メガコレクション』より)

 BGMも雰囲気を盛り上げた。ドリームズ・カム・トゥルーの中村正人氏による各ステージのBGMは、同じセガのNEW UFOキャッチャーにも使われた。

 当時、内装と照明を明るくして、若い女性客を呼ぶことに成功したゲームセンターの店内に、このゲームの曲が流されることで、一層おしゃれなイメージが強くなっていったように思う。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評