レビュー
» 2006年11月29日 14時54分 公開

イケメン義経様の神威アクションふたたび――PS3で描かれる、源氏と平氏の攻防「GENJI -神威奏乱-」レビュー(1/2 ページ)

ソニー・コンピュータエンタテインメントが放つプレイステーション 3のローンチタイトル「GENJI -神威奏乱-」は、プレイステーション 2で発売された「GENJI」の続編。義経、弁慶らを操って戦乱の世を駆け抜ける、壮大なアクションゲームだ。

[仗桐安,ITmedia]

「GENJI」の豪華スタッフが再集合!

 「GENJI -神威奏乱-」は、2006年11月11日に“プレイステーション 3”のローンチタイトルとして発売されたアクションゲームだ。ハードメーカーであるソニー・コンピュータエンタテインメントがローンチに用意したタイトルは本作と「RESISTANCE(レジスタンス)〜人類没落の日〜」の2本である。

 本作は2005年6月30日に発売されたプレイステーション2用タイトル「GENJI」の続編にあたる。「GENJI」は、カプコン在籍時に「ストリートファイターII」、「バイオハザード」などをプロデュースしたゲームリパブリックの岡本吉起氏がエグゼクティブディレクターを務めた。また、殺陣・モーション監修に日本を代表する殺陣師である清家三彦氏、美術監修・キャラクターデザインに「ゼイラム」シリーズなどの雨宮慶太氏、作曲に多方面で精力的な活動を行っている作曲家、高梨康治氏を起用。和のテイスト満載の美麗なるアクションゲームとして世に登場した。

グラフィックは、やはり次世代機! リアルな質感を味わえます

 あの「GENJI」から1年半弱にして正統なる続編のリリース、しかも次世代ハードであるプレイステーション 3との同時発売だ。本作も前作同様にゲームリパブリックがゲーム制作を務め、岡本氏ら前述のスタッフが再度集結し、その持てる力を注ぎ込んでいる。次世代機のパワーを得て新たに生まれ変わった「GENJI‐神威奏乱‐」の世界を味わってみよう。

連綿と続く「GENJI」の世界――グラフィックはさらに美麗に

燃え盛る朱雀門を目の前に、打倒平氏の思いを新たにする義経様(イケメン)

 本作の舞台は、前作「GENJI」と完全にリンクしている。天下に武威を誇る石「天鋼」で強大な力を得るという平氏一門の野望を、プレーヤーキャラである源義経たちが打ち砕いたのが「GENJI」の世界。本作はその3年後の世界を描いている。

 源氏と平氏の一進一退の攻防が続く中、女武将と老婆が率いる平氏一団が朱雀門に現われる。一方、京に駆けつけた義経は頼朝と合流し、平氏一門を打倒するためにともに戦うことを誓う。朱雀門の前に現われた義経は業火に包まれる朱雀門を目撃し、平氏との戦いの火蓋は切って落とされる。ここまでの流れが美麗なデモムービーで語られ、プレーヤーはまず義経を操作することになる。

 義経を操作するパートがある程度まで進むと、武蔵坊弁慶をプレイするパートに移り、その後、静御前、武尊というプレーヤーキャラも登場。最終的には4人のプレーヤーキャラを瞬時に切り替えながらのアクションが展開していく。

源九郎義経:言わずもがな本作の主人公的な存在。本作では兄・頼朝と共に平氏一門に立ち向かう

武蔵坊弁慶:義経に仕える豪壮な僧兵。巨大な棍棒を操り、主君義経と行動をともにする

静御前:「天鋼」を守護する巫女。「天鋼」を守るために自ら戦地へと身を投じる

武尊:前作に登場した景清の体を再生してはいるが、その中身は魔瘴鋼を調べるために遣わされた精霊のような存在だ

魔瘴鋼を体内に取り込んだ兵は、悪鬼のごとき姿に成り変わり、強力な攻撃で義経たちの行く手を阻む

 本作の世界観の要となるのが、「魔瘴鋼」(ましょうがね)と呼ばれる石の存在。人を人ならざる者に変化させる力を有しており、前作から登場している「天鋼」とは異なる位置付けの新しい要素だ。「魔瘴鋼」を体に埋め込まれた平氏の兵たちは異形の者に変化を遂げ、義経たちの前に立ちはだかる。彼らは通常の敵兵と比べて段違いに強く、義経たちを苦しめることになるだろう。当初は平氏の女武将と老婆の行く手を追い、その野望を阻止するために行動する義経たち。やがて巨悪の存在にたどりつき、決戦を余儀なくされる。その純和風テイストとダークファンタジー要素が融合した不思議な物語は、ぜひプレーヤー自身の手と目で確認してほしいところだ。


義経らを翻弄するかのように先回りし悪事を企む女武将と老婆。謎多き敵キャラだ

 随所に差し挟まれるムービーは、さすがプレイステーション 3と言ったところ。プレイ画面のクオリティも高く、ディテールの細かさには感心する。けっしてムービーが多すぎてプレイしている感覚が乏しい“ムービー重視ゲーム”ではなく、あくまでもアクションと謎解きを楽しむプレイの方に重きを置いている点は評価したい。基本的な要素ではあるが、ムービー部分はスタートボタンによるスキップも可能だ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい