ニュース
» 2006年12月25日 23時09分 公開

暮れの元気なご挨拶――お約束となった「KOF忘年会2006」も無事に3年目

SNKプレイモアは恒例となった「KOF忘年会2006」を有楽町マリオン 丸の内ピカデリー1で12月22日で開催。朝までの長丁場を何事もなく無事に終えることができたのか?

[加藤亘,ITmedia]

 SNKプレイモアが毎年暮れの元気なご挨拶ということで、ファンとともに夜通しKOFに浸る「KOF忘年会」が今年も開催された。今年の会場となった有楽町マリオン9階にあるピカデリー丸の内ピカデリー1には、先頃募集した「優先入場チケット」で招待された100組200名と、当日一般入場の350人が集合。予想していた人数を軽くオーバーし、2階席にまで溢れるほどの盛況を見せた。

 昨年、大阪からの参加者を乗せて会場に乗り込んだファルコン号に代わり、今年はノナ号が登場。昨年はおりからの寒波による大雪により立ち往生してしまい、イベント時間内に到着することができなかったというアクシデントに見舞われた試みは、くじけることなく今年も行われ、30人の募集枠に近い参加者を乗せ会場に駆けつけていた。

 0時30分から始まったイベントは、朝の7時まで続き、トークショウやゲーム大会、声優たちによる生アフレコなど、飽きさせない構成でファンと暮れゆく2006年を振り返っていた。そもそも、ファン感謝イベントとして企画された「KOF忘年会」は、2004年に「ザ・キング・オブ・ファイターズ」(以下、KOF)10周年記念イベントとして開催されて、今年で3回目となる。会場エントランスには「KOF MAXIMUM IMPACT REGULATION “A" 」や「THE KING OF FIGHTERS'98 ULTIMATE MATCH」(PS2)、「THE KING OF FIGHTERSネスツ編」(PS2)の試遊コーナーも併設され、イベント中も途切れることなくファンたちによる対戦が繰り広げられていた。

声優陣大活躍

 イベントはラルフ・ジョーンズ役のモンスター前塚さんとキング役の生駒治美さんをメイン司会に迎え、ゲストに麻宮アテナ役の池澤春菜さん、アルバ・メイラ役の佐藤佑暉さん、アッシュ・クリムゾン役の長代聡之介さん、草薙京役の野中政宏さん、ソワレ・メイラ役の服巻浩司さん、八神庵役の安井邦彦さんが登壇した。

 まず最初のコーナーでは、KOF人気声優陣が恋愛アドベンチャーの携帯アプリ「Days of Memories 〜彼と私の熱い夏〜」を元に生アフレコに挑戦するというもの。池澤さん演じるキョウコが、KOF忘年会の優先入場チケットを入手しようと試みるも落選。なぜか思惑とは関係なく優先入場チケットを獲得してしまった京やアルバが誰と一緒に行くかという丁々発止の内容。結局、なぜか京は庵と。アルバは当然(?)ソワレと。そして溢れたアッシュは……と、いよいよオチとなるも、アッシュ演じる長代さんにすべてが委ねられる無茶ブリに、会場は大爆笑の連続に。コメディよりの脚本を、役者のアドリブでさらにコメディ色が強化されたものに笑いが絶えないものとなった。

 生アフレコはその後も行われ、こちらでは「KOF マキシマムインパクト レギュレーション“A”」(以下、「MIA」)のサイドストーリーが披露された。脚本は「MI2」のシナリオライターでもある嬉野秋彦氏によるもので、アルバとソワレがアンとの関わり方について悩むという内容。1回目とは打って変わったシリアスな展開に、会場は今度は水を打ったように静かに物語の行方を見守る姿が印象的だった。

 また、アフレコにも参加した声優陣にトークショウは、進行役にモンスター前塚さんと、生駒治美さんを迎え、1回目は佐藤さん、服巻さん、池澤さんの3人が。2回目は野中さんと長代さんが登場し、会場からの質問に答える形で行われた。印象的だったのは、進行役のモンスター前塚さんと2人は師弟関係にあり、長代さんは声優学校での教え子、野中さんは事務所の後輩と、意外な関係も披露。さらに長代さんは前職が中華のコックだったことが明かされ、トマトと卵の炒め物のレシピを公開する場面も。野中さんに以前、杏仁豆腐を作ると約束したのをきっかけに、なぜか来年は来場者800人分の杏仁豆腐を作る約束までさせられることになってしまった。この約束が果たされるかは来年のお楽しみとなった。

声優には負けてられない

 「KOF忘年会」で恒例となっているが、「KOF」シリーズ新作の試遊台が置かれている。前述したとおり、今回は「MIA」、「KOF '98 アルティメットマッチ」、「KOF ネスツ編」が設置されていたのだが、これらについての開発者トークイベントが今年も行われた。

 アーケード版の出展も期待されていたが、今回「MIA」はプレイステーション 2版で出展。開発進行度40%で、開発者もいつ止まるんじゃないかとドキドキして見守っていたが、どうやら順調に稼働し続けた様子。内容的には「KOF マキシマムインパクト2」をベースにアッシュ・クリムゾンとブルー・マリーを追加しただけながら、よくよく見るとキャラクター選択画面に「?」のマークが。

 トークショウではその点について触れ、FALCOON氏が3人目の新キャラクターの存在を認める発言をした。ただし、詳細についてはまだ言えないとしながらも、見てもらえば「あぁ」と納得してもらえるキャラクターが追加されるのだとか。個人的にも「MI」シリーズに登場させたかったようで、早く発表できる日を楽しみにしてくださいととのこと。ちなみにアーケード版の稼働は来年早い時期にとこちらもまだ明確にしてもらえなかった。

 同じく登壇したノナ氏も口は堅く、新作の「KOF XII」についてはだんまりを貫く。時間の都合、短時間しか取れなかったこともなるが、開発は順調ということだけしか聞くことができなかった。ただし、ノナ氏は「2D最強を目指します」と心強い発言をしてくれた。

ゲーム大会など参加者も負けじと

負けてしまった安井さんはタバスコ入りの青汁が好物といいながら躊躇する

 今回の忘年会では「MIA」と、「ザ・キング・オブ・ファイターズ'98 アルティメット マッチ」の2作品を使用したゲーム大会が行われた。特に「MIA」では、会場から抽選で選ばれた出場者に加え、東京ゲームショウ2006で開催された「FIGHTERS2006」上位入賞プレーヤー4人が特別参戦して行われるトーナメント戦となっていた。

 先に行われた「KOF’98アルティメットマッチ」では、あの京と庵の因縁の対決の最終章に当たる大事な大会に。その名も「京vs庵」と冠された大会では、草薙京役の野中政宏さんと、八神庵役の安井邦彦さん率いる2チームに分かれて、5対5の対戦が行なわれた。

 試合ではゲームに合わせた生ボイス入りで盛り上がる。対戦も京や庵を使用する人が多く、本人も純粋にうれしくなると感想を漏らした。肝心の対戦結果は、4対1で京チームが圧勝。東京ゲームショウ2006で約束したとおり、青汁を飲むことになったのだが、なぜかタバスコ入りということで、これには躊躇してなかなか飲み干せない場面も見られた。

 忘年会後半に行われた「MIA」のゲーム大会では、気がつけば東京ゲームショウ2006からの上位4人「FIGHTERS」が順当に勝ち上がり、貫禄を見せつける。さすが研究済みで魅せる試合運びで会場を沸かせる余裕も見て取れた。どちらの大会でも開発進行度40%バージョンで行われたが、特に問題もなく開発は順調そうだった。

 その他にももしかして最大の盛り上がりどころとなる「KOFカルトクイズ2006」や超レアグッズなどがあたる「KOF年末ジャンボ抽選会」など、参加者の晴れの舞台もしっかり用意されていた。会場エントランスでは東京ゲームショウの「いろは茶屋」がここにも出店を果たしており、香港コミックや特製マグカップなどを販売していた。

 会場は昨年よりも女性比率が高かったように思う。コスプレーヤーのレベルも高く、作品やキャラクターそれぞれが愛されていると感じる、これぞファン感謝イベントといえる内容だったのではないだろうか。

ゲーム大会では真剣勝負が繰り広げられていた
カルトクイズでは珍問、難問が続出した
特製の餓狼マグカップが真っ先に完売した

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」