レビュー
» 2007年01月09日 17時32分 公開

オレがちょいっと本気を出せば街を牛耳るも思いのまま――市街を爆走するハチャメチャレースアクション「ニード・フォー・スピード カーボン」レビュー(1/3 ページ)

公道を舞台にした爆走が楽しめるカーアクションシリーズ最新作。ライバルチームをけ落としてのし上がっていく快感を味わってみた。

[板橋舟人,ITmedia]

実は息の長い定番レースゲームですよ

綺麗なおねーさんが結構登場するのも、本作の魅力のひとつだ。実写のムービーは好みの分かれるところかも

 公道を舞台としたレースを楽しめる「ニード・フォー・スピード」シリーズ。日本での認知度はイマイチだと思うが、シリーズの歴史は長く、実に10作以上発売されている。シリーズ初期作は、日本では「オーバードライビン」という名称で発売されていた。往年のゲームファンならば、この名前を聞いたことがあるのではなかろうか。

 このたび、その最新作である「ニード・フォー・スピード カーボン」が登場した。プレイステーション 2、プレイステーション 3、Wii、Xbox 360、Windows、PSPと、数多のハードで同時発売される、エレクトロニック・アーツお得意のマルチタイトルだ。今回は、その中でもXbox 360版を取り上げてレビューする。筆者にとって、Xbox 360がしっくり来たということもある。

 さて、本作にはいくつかゲームモードが用意されているが、メインとなるのは“シナリオ”だ。

 前作「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」にて警察のブラックリストの頂点にまで上り詰めた主人公。古巣である「パルモント・シティー」へと戻ってきたが、何者かの陰謀によって、無実の罪を着せられてしまった。かつての仲間であるダリウスのお誘いにのり、街にいる数多のチームとバトルして覇権を争う……というストーリーだ。

最初に選べる車種は3種類。決定前にテスト走行をして、運転感覚を試すこともできる

 オープニングイベントが終わると、1台の車をもらえる。CAMARO SS、Alfa Brera、MAZDA RX-8の、3種類の中から選択するのだが、筆者は国産車という理由でRX-8をチョイスした。ちなみに本作には実在車種が登場し、これらは加速力が良い「マッスル」、トップスピードが高い「ハイエンド」、ハンドリング性能が良い「スタンダード」というクラスに分類されている。RX-8はスタンダードだ。このあたりは、プレーヤーのスタイルに応じて選ぶとよいだろう。

目指すは街の完全支配!

最初に選択できるイベントは、あまり多くはない。ゲームを進めると、徐々に新しいイベントが登場する仕組みだ

 本作の舞台である「パルモント・シティー」は、いくつかのブロックに分かれた架空の都市であり、都市上のさまざまな場所で、他チームとのバトルイベントが発生する。街を実際に走り、特定のスポットで十字キーの上を押すと、イベントに突入する仕組みだ。なお、ワールドマップ上に表示されるイベントスポットから、直接選択することもできる。

 各地域にあるすべてのイベントにすべて勝利すると、その地域を自チームが支配できたことになる。これを繰り返し、「パルモント・シティー」全体を自チームの支配下に置くことが本作の目標だ。


レースイベントは、複数台を相手にしたバトルが多い。抜きつ抜かれつのデッドヒートが楽しめる

 実際のレースは、爽快感あふれるものに仕上がっている。操作感覚はかなりゲームライクで、コース取りやスピードをさほど重視しなくともカーブを曲がりきれる、お手軽なバランスだ。ただ、さすがにフルスピードでヘアピンカーブを曲がれるほどのライト感覚ではない。

 街の細部は詳細に作り込まれており、ワイルド感タップリなアメリカの町並みを疾走している、という臨場感は申し分なしだ。スピード感もかなりあり、また前作よりもフレームレートが安定しているため、気持ちよくドライブできるのは良い。

 また、レースイベント中には、「ニトロ」と「スピードブレイカー」という2つの特殊機能を使うことも可能だ。ニトロは一定時間トップスピードを上昇させることができるもので、スタートダッシュ時やライバルに離された場合などで大きな力を発揮するだろう。スピードブレイカーは、発動中に時間の流れがスローになるというシステム。せまい通路を通り抜けたり、ライバルをカーブでオーバーテイクする場合などで役立つ。

 この2つの機能はゲージ制で、高速で走行しているとゲージが徐々に溜まっていく。使用しないと意味がないし、ゲージの上限も決まっているため、積極的に使っていきたいシステムだ。気軽に使えるのも長所だろう。

ニトロを使用すると、急加速が可能だ。どんな局面でも役立つ便利な機能なので、できるだけ使っていきたい
スピードブレイカーは、若干使いどころが難しい。ロードブロック、特にスパイクベルトを回避する時に効果を発揮する
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」