レビュー
» 2007年01月09日 17時32分 公開

オレがちょいっと本気を出せば街を牛耳るも思いのまま――市街を爆走するハチャメチャレースアクション「ニード・フォー・スピード カーボン」レビュー(2/3 ページ)

[板橋舟人,ITmedia]

頼れる味方のウィングマン

ブロッカーのアビリティを使用すると、ライバル車に体当たりしてくれる。運がよければ、順位を思いっきり下げられることも!?

 主人公はチームを組み、新たな仲間をどんどん増やしていくことが可能だ。このチームメイトのうち、1人だけ「ウィングマン」として、レースイベントに一緒に参加させることができる。

 ウィングマンは、ブロッカー、ドラフター、スカウトという3種類のタイプに分けられており、レース中にアビリティを発動させることが可能だ。どのようなアビリティが発動するのかは、タイプによって変わってくる。

 ブロッカーは、指示したライバルを妨害し、順位を下げてくれる。ドラフターは、アビリティ使用後にドラフターの後方にスリップストリームが発生する。そのポイントへ行くと、一気に加速できる。スカウトは、コース上のショートカットポイントが、ミニマップ上に表示される。

 レース中に走行を続けていると、アビリティのゲージが徐々に増加し、Yボタンを押すと、ウィングガンがアビリティを発動するシステムだ。スカウトのみこの操作は必要なく、レース中は常時発動している。アビリティは確実に成功するわけではなく、ブロッカーが指示したライバルに追いつけないなど、失敗に終わることもある。

 面白いのは、レース中にウィングマンが「こいつはまかせろ!」や「ホントに悪い、ちょっと無理だ!」といった感じで、あれこれしゃべってくれることだ。ウィングマンが単なる道具ではなく、レースを一緒に戦ってくれる頼もしい仲間として思えてくるため、共闘感を味わえるのだ。

 もっとも、最初に仲間になるネビルというウィングマンはかなり暑苦しい男だったため、個人的には序盤はウザく感じた。だが、レースを重ねると、そんな暑苦しく思えた彼にも愛着がわいてくるものだから不思議である。今では、彼抜きのレースなんて考えられない……と思っていたところ、オンナノコのウィングマンであるユミちゃんがチームメイトに加わったため、速攻で乗り換えた。さらばネビル、君のことは多分忘れない。

甲高い声がコミカルなネビル。クルクルと回転しながら分身する登場シーンは、正直ダサいと思う
スカウトタイプのユミちゃん。なんというか、改めて見るとそのケバさにビックリという感じである

 なお、ウィングマンには、レース中に発動するアビリティ以外にも、“バトル後のエリアヒート(警察の警戒度)が上がらない”や“勝利ごとにキャッシュ+200ボーナス”といったボーナス能力も所持しているため、ボーナスの内容でウィングマンを選んでも良いだろう。もちろん筆者みたいに外見でチョイスするのもアリだ。

パトカーとのカーチェイスもアリ!

警察はかなりしつこく、検問をはられることも。当然、捕まるわけにはいかないので、引き返すか強行突破!

 そんなこんなでレースを楽しんでいたところ、突如警察に目をつけられた! そりゃ、スピード違反は上等、対向車にはぶつかりまくり、街灯なんて倒してナンボという無茶な走り方をしていたから当然である。

 警察の警戒レベルが高くなり、ヤバイ走行を目撃されると、イベントにパトカーが乱入してくる。一定時間以上低速で走ると、パトカーに捕まってしまうため、全速力でパトカーを振り切らなければならない。もちろんイベントは続行中なので、パトカーという乱入者を加えたデンジャラスなレースが続くのである。

 なんとかイベントに勝利したものの、パトカーとのチェイスは続行中。一定区間のみを走るレースイベントから、広大な街全土を走れるフリーランに舞台を移し、より激しいカーチェイスのスタートだ。街を巡回中のパトカーが次から次へとチェイスに加わり、さらに警察が無線で応援を呼ぶため時間が経てば経つほど大惨事に発展する。早いところ振り切りたいのだが、パトカーはめちゃくちゃ速いため、そう簡単には逃げ切れないのだ。

巨大なオブジェの足下に突っ込むと、そのオブジェが倒れ、哀れ警察はオブジェの下敷きに……

 このような場合に役立つのが、街にある大きな看板やオブジェなどを破壊できるというシステム「パースートブレイカー」だ。例えばガソリンスタンドにわざと突っ込むと、スタンドが爆発し、追いかけてきたパトカーを破壊できるという仕組みである。

 パースートブレイカーや一般車両を巻き込んでのクラッシュなどでパトカーを足止めし、警察の視界から完全に逃れて一定時間が経過すると、クールダウンモードに移行する。この状態でパトカーに一定時間見つからないと、無事パトカーから逃げ切ったことになる。

 パトカーとのカーチェイスは常時ハイスピードで展開されるため、ハリウッド映画のような、クラッシュの危険と隣り合わせの緊張感を楽しめる。もちろん、スピード感もバッチリだ。逆にクールダウンモードでは、警察に見つかるかどうかという、チェイス時とは異なる緊張感を楽しめるのだ。

 ちなみにパトカーに捕まると、罰金を払わされるほか、同じ車で3回捕まるとその車が没収されてしまう。なるべくお縄にはかかりたくないものですが、起動時にmelody.からのメッセージにもあるように現実では交通法規を守りましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙