ハードがつながる、プレーヤーがつながる――Wiiでつながるポケモン“革命”「ポケモンバトルレボリューション」レビュー(3/3 ページ)

» 2007年01月17日 00時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ニンテンドーDSを持ち寄って、こっそりコマンド、熱い駆け引き

 コロシアムモードにおいてもフリーバトルという項目で2人によるバトルは可能だ。Wiiリモコンにバトルパスを保存し友人宅などに持っていけば、気軽にバトルできる、というのは非常によいところだ。しかし、友人が持つ「ポケットモンスター パール」と自分が持つ「ポケットモンスター ダイヤモンド」でチームを細かく変えつつ対戦をしよう、となった場合には、コロシアムモードではなくDSバトルモードでがっつりたっぷりプレイしていただきたい。

画像画像 友人とニンテンドーDSを持ち寄って遊び倒そう

 DSバトルモードでは、文字通りニンテンドーDS同士の対戦になる。2人のプレーヤーがそれぞれ自分のニンテンドーDSを持ち寄り、ニンテンドーDS側で調整したてもちポケモンをWii側に登録。プレーヤーたちはニンテンドーDSをコントローラにして、Wiiでのポケモンバトルが楽しめるのだ。

画像画像 参加プレーヤー全員のコマンド入力が終わるまで待機しなくてはならない。長考もアリだ

 実際にニンテンドーDSを2つ持ち寄って友人と対戦してみたのだが、これがなかなかおもしろかった。お互いにニンテンドーDSの画面上で攻撃の指示を出すので、相手が何を出してくるのかが分からず、腹の探り合い、駆け引きの連続になる。「このポケモンが出てきたということは、多分“そらをとぶ”を使うだろうから、もう1匹の方に攻撃しておこう」とか「HPの少ないこいつを下げて、おそらくあいつを出してくるだろうから、こっちはそれを見越して、ポケモンを入れ替えちゃおう」という読み合いが何とも楽しく、終始「おおっそうきたか!」、「うわっ、マジかー、やられたー!」と思わず声がもれるほどに熱いバトルが展開したのだった。特に今まで何度もバトルしていて、お互いの傾向と対策が知れている相手ならば、よりいっそう楽しく戦うことができるだろう。

画像画像 DSバトルモードでは、このように実際の主人公キャラがトレーナーとして登場する

WiiのWi-Fiで今夜も誰かとポケモンバトル!

 本作の目玉は「すべてのポケモンが使えること」だと前述したが、もうひとつの特筆すべき点が「Wii初のWi-Fiバトルを実現していること」だ。

 Wi-Fi設定が事前に済んでいるWiiならば「あれっ?」と思う間もなく、簡単にWi-Fiバトルを楽しむことができる。今までのニンテンドーDSにおけるWi-Fi対応タイトルと同じようにフレンドリストやフレンドコードが存在しており、友人同士でコードを交換しあえば「ともだちとバトル」をプレイ可能だ。

 もし周りに「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」を持っている人がいなくても、そこはさすがのWi-Fi。「だれかとバトル」を選択すれば、自分と似た戦績(Wi-Fiでどれだけ勝っているかなどのデータ)の人とマッチングしてもらって、自由に戦闘することができるのだ。

 実際に「だれかとバトル」で対戦相手を探して待機していると、けっこうな割合で相手が見つかるので面白い。中には鍛え上げた伝説のポケモンでこちらの手も足も出ないような強いプレーヤーもいるし、意外なポケモンで意外なわざを出したりして「こいつ、やるなー」と思わず魅了されてしまうようなプレーヤーもいる。何しろ、無料で気軽に、しかもWiiの迫力の演出で、誰かとポケモンバトルが出来てしまうというのは、これはやはり、ちょっとした“革命”と呼んでもいいのではないだろうか。10年前に「交換相手も対戦相手も周りにいねえなあ」と思いながらゲームボーイを遊んでいた自分が、ここに来て何だか報われたような気がする。

画像画像画像 今日もどこかのトレーナーを探してWi-Fiにつないでしまう筆者。早朝はけっこう見つかりにくかったりしますが、めげません

画像 バトル後にお互いが許可をするとフレンドパスの交換が可能。その時の相手のパーティと再度対戦することもできる。Wi-Fiならではの面白い機能だ

 Wi-Fiバトルをがっつりとやってみたが、筆者の環境ではタイムラグやバトル中の通信切断はなかった(待機中の通信切断は何度かあった)。Wiiが発売されたばかりで初のWi-Fi対戦というのを考えれば、まずまずの環境ではなかろうか。おそらくニンテンドーDSで練られたWi-Fiの技術がここに来て開花しているのだろう。この安定性は今後も維持してほしいところだ。

Wiiの革新性はリモコンのみにあらず ポケモンの“革命”を体感してみよう

画像 自分におくりものをあげたいのですが、今のところ高くて買えません……

 連動の一環として面白かったのは、ショップで買える「ふしぎなおくりもの」だ。かなり高額なポイントが必要だが、本作のショップで買ったどうぐ(わざマシンなど)をニンテンドーDS側に送って「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」のプレイに役立てることができる、というもの。プレーヤーが「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」のプレイも継続するという前提があるのが、何となくうれしい配慮だ。本作を遊ぶことで「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」にも恩恵があり、また「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」で更にポケモンを鍛えることで、本作でのプレイにも新たなメリットが与えられる、という良循環が生まれるのであれば、プレーヤーとしても幸せなことだ。

 総じると、やはり「全ポケモンの3Dによる登場」と「Wi-Fiによる対戦」が本作の魅力であり、そこに価値を見出せるのであれば、本作は間違いなく買いだと言える。ただ、タイトル通りに余りにも“バトル”に特化しすぎている感も感じてしまった。バトル以外の要素として何かプラスαを求めてしまうのは贅沢だろうか。特に前述もしたが、ボックス機能はぜひとも入れてほしかった(うちの「ポケットモンスター ダイヤモンド」は、そろそろカートリッジ内のボックスが埋まってきつつあるのだ……)。ボックス機能は置いておくとしても、ひたすらバトルバトルの連続なので、息抜き的なミニゲーム(Wiiリモコンを活かしたものなど)があれば、さらにゲームとしての価値が高まったように思う。

 と言った感じでファンゆえに気になるところは多々あれど、ファンゆえに楽しませてもらっているところが多いのも確か。Wiiというハードの革新性は、とかくWiiリモコンの操作性ばかりが言及されがちだが、ニンテンドーDSとの快適なワイヤレス通信、データ移動、そして無料で提供されるWi-Fiによる気楽で手軽なバトルを実現させた本作の中身も、十分に革新的だと言えるだろう。Wiiリモコンを横に持って、従来のゲームのようにポチポチとボタンを押す操作もまた一興。とにかく「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」でポケモンを育てた人たちには、まずはプレイをしていただきたい作品だ。

(C)2006 Pokémon.(C)1995-2006 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
Developed by Genius Sonority Inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  2. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/12/news114.jpg 「これは吐きそうw」 マクドナルドが公開した“狂気のアイテム”にツッコミ殺到 「ギットギトになる」「笑った」
  5. /nl/articles/2407/11/news018.jpg そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  6. /nl/articles/2407/11/news102.jpg この本棚、本当に250冊入るの? LOWYAのスタッフが“忖度なし”で検証したら……まさかの結果が45万回再生の人気
  7. /nl/articles/2407/10/news199.jpg ヤマト運輸のコンテナを運ぶ列車をじっくり見ると……? 唐突な“夢の共演”に反響「動物同士仲良く」「これが本当の便乗」
  8. /nl/articles/2407/10/news082.jpg こういうのでいいんだよ! 外泊経験豊富な人ほど納得できるホテルの“ある工夫”に850万表示「これは助かりますねぇ」
  9. /nl/articles/2407/09/news116.jpg ユニクロ“夏の神ワンピ”を66歳主婦が着てみたら…… シニア世代必見の着こなし術に「待ってました!」「涼しそうでいいですね〜」
  10. /nl/articles/2407/12/news143.jpg フジ「ぽかぽか」の出演者、“生放送中に倒れ”スタジオ騒然の事態に「えっ大丈夫ですか!?」 共演者が当時の恐怖証言「頭が真っ白」「お願い戻ってきて……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」