ニュース
» 2007年03月26日 00時00分 公開

美少女たちの白熱バトルが帰ってくる!!――「一騎当千〜Dragon Destiny〜」(1/2 ページ)

2003年にアニメ化された美少女ハイパーバトルアニメ「一騎当千」。美少女たちが織りなす激しい格闘シーンやパンチラシーンなどでも話題を呼んだあのアニメの新シリーズが、この4月よりチバテレビほかにて放映が開始される。今度の戦いはいかなるものなのか、その内容に迫る。

[ひろいち,ITmedia]

 美少女たちのハイパーバトルが帰ってくる!! 「一騎当千」の新シリーズ「一騎当千〜Dragon Destiny〜」が、4月より地上波にて放映開始される。原作となるのは、「ComicGUM」にて好評連載中の塩崎雄二氏が描く人気コミック「一騎当千」。現在発売されている12巻までの売り上げが250万部を越えるという大人気作だ。

 その内容は、かの有名な「三国志」が題材となっている。「三国志」の登場人物たちの魂を封じ込めた勾玉を持つ「闘士」と呼ばれる学生たちの覇権争いを描くというもの。戦いの際には制服が破れたり、パンチラシーンやパンモロシーン、果ては失禁シーンもあるなど、過激な描写が多いことでも知られる。2003年には待望のアニメ化。原作の絵柄を彷彿とさせる迫力のアクションシーンで魅せるとともに、パンチラに代表されるようなセクシーシーンもふんだんに盛り込み、世の男性ファンから圧倒的な支持を集めることとなった。ではここで、前作の物語について触れておこう。

 高校生たちが互いに骨を砕きあう戦乱の地、関東。そこでは「洛陽高校」、「南陽学院」、「許昌学院」、「揚州学園」、「予州学院」、「成都学園」、「涼州高校」の7つの実力高校が、天下を我がものにするべく覇権を争っていた。戦いに明け暮れる高校生たち、それは遠い過去の「三国志」の闘士たちの魂を封じ込めた「勾玉」を持つ者――闘士たちであった。

 そして、物語の舞台となる南陽学院に転校してきた女子高生のヒロイン、孫策伯符(そんさくはくふ)。彼女は、26歳で天逝した江東の小覇王・孫策の魂を受け継ぐ者だった。やがて、運命に導かれるように戦いの血が騒ぎだす――。そんな中、「孫策を倒せ!」という勅が出され、彼女の前に次々と強敵が襲いかかる。しかし、その陰には覇権を狙う陰謀が渦巻いていて……!?

 新シリーズの「一騎当干〜Dragon Destiny〜」では、前作のエンディング後の世界で物語が描かれていくことになる。その主人公となるのは、南陽の小覇王と呼ばれるまでに成長した前作の主人公・孫策伯符。さらに。もうひとりの主人公として「成都学園」の劉備玄徳が登場する。本作ではこのふたりの主人公を中心に、曹操率いる「許昌学院」、孫策をリーダーとする「南陽学院」、そして劉備の「成都学園」という3つの学園の戦いが描かれていく。ではここで、第一話「龍魂胎動」の物語を少しだけお伝えしよう。

STORY

 ある目的を持ち、香港に降り立った呂蒙子明。彼女はひとり、ある古寺へとやってきていた。その寺の本堂には、龍の彫刻が施された宝玉が祀られている。それを見つけた呂蒙は宝玉を手にするのだが、その瞬間、見知らぬ少女の刺客が呂蒙に襲いかかる……。

 一方その頃、日本では董卓亡き後の覇権を巡って、さらに闘士たちの闘いは激化していた。曹操孟徳率いる許昌学院の覇権は、既に関東全域にわたっており、劉備玄徳率いる成都学園、そして孫策伯符率いる南陽学院へとその手が伸び始めていた。許昌の動向を憂う関羽雲長や張飛益徳たちは、成都学園の頭首である劉備玄徳に自覚を促すのだが、平和主義者の劉備は無関心。しかしそんな成都学園とは裏腹に、許昌学院では郭嘉奉孝と賈詡文和の手によって、曹操の体内に眠る恐るべき「龍」が目覚めさせられようとしていた。そして関東に再び戦乱の暗雲が立ちこめはじめた……。


 新シリーズとなる本作では、呂蒙子明をはじめとする「三国志」に基づいた新キャラクターがたくさん参戦する。もちろん美少女がいっぱいなので、さらなるセクシーシーンも楽しみにしてほしい。また、「三国志」に基づいているがゆえの楽しみ方もある。たとえば、「三国志」史実では手を組んで戦った劉備と孫策が共闘するのか、あるいは彼女たちに宿る魂の力すらも乗り越えて別の方法で戦うのか……など。キャラの性格から戦いの行方まで、「三国志」の内容を知っているとより楽しむことができるだ。

南陽学院

孫策伯符<そんさくはくふ>
(声/浅野真澄)
南陽学院の2年生。「東京で天下をとれ!」という母の言葉を受け、南陽学院に転校してきた女子高生闘士。数々の死闘の中で、その体内に眠る龍を覚醒し、南陽の小覇王と言われるまでに成長した
呂蒙子明<りょもうしめい>
(声/甲斐田裕子)
南陽学院3年生で、南陽学院四天王のひとり。関節技の名手であり自分の実力には絶対の自信を持っている。普段は沈着冷静な性格だが、戦うときには一変する。ある理由から、左目は常に眼帯で隠されている

成都学園

劉備玄徳<りゅうびげんとく>
(声/真堂圭)
成都学園を率いる2年生。普段は読書が好きなドジっ娘だが、ひとたび内なる龍が覚醒すると、周囲の敵に手当たり次第に襲い掛かるほどの残虐な性格となる。友だちを大切にしているのだが、なぜか関羽だけは苦手らしい
関羽雲長<かんううんちょう>
(声/生天目仁美)
成都学園3年生。学園最強の名をほしいままにする闘士であり、その実力は他の闘士を圧倒している。自らの武器である青龍刀「冷艶鋸」を携え、劉備を守ることを己の使命としている
張飛益徳<ちょうひえきとく>
(声/茅原実里)
関羽とともに劉備を守る成都学園1年生の闘士。お菓子が大好きで、いつもスナック菓子の袋を抱えている。また、普段は覚醒した劉備を監禁するための神社で、巫女としてお手伝いをしている

諸葛亮孔明<しょかつりょうこうめい>
(声/門脇舞以)
成都学園の中等部1年生。他の闘士たちに比べてまだ若く、見た目も幼いが、伏龍と称されるほどの類い希なる才能を秘めている。とはいえ、闘士としての実力はいまだ未知数
趙雲子龍<ちょううんしりゅう>
(声/浅川悠)
成都学園2年生の闘士。物静かな性格ながら、関羽と肩を並べるほどの戦闘の実力を持っている。自らの武器である刀を手に、君主の劉備を守るために戦っていく

許昌学院

曹操孟徳<そうそうもうとく>
(声/赤城 進)
許昌学院3年で、許昌学院を統率する闘士。普段は学院裏の海岸で寝てばかりいるのだが、その胸中には深い悩みを抱えている。また、誰よりも強く天下統一への思いを抱いている
夏候淵妙才<かこうえんみょうさい>
(声/喜多村英梨)
許昌学院2年生。幼少のころより傭兵暗殺術の訓練を受けており、すべての感情や感覚が排除されている戦闘マシーン。だが、現在は命を救ってもらった曹操のためにその殺人術を振るう
賈詡文和<かくぶんわ>
(声/河原木志穂)
許昌学院3年の闘士。前作で倒された洛陽最強の闘士・董卓仲穎に忠誠を誓っていたが、呂布によって董卓が倒されたあとは曹操に仕えている
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」