レビュー
» 2007年05月08日 00時00分 公開

「テストドライブ アンリミテッド」レビュー:楽園へようこそ!――ハワイを独り占めにできる“ドライブ”ゲームが登場 (1/2)

1600平方キロメートルにも及ぶハワイのオアフ島で、セレブリティなカーライフを満喫できる「テストドライブ アンリミテッド」。クルマを運転することの楽しさを、改めて思い出させてくれる作品である。というわけで、ハワイのセレブ生活を満喫してみました。

[千早秀生,ITmedia]

眼下に広がるのは、思い描いたハワイの景色!

 クルマが主役のゲームといったら、昔から“レース”が題材であることがほぼ当たり前であった。確かにライバルカーと競いあうのは単純に楽しい。ゲームなら思う存分スピードを出せるし、コーナーを限界まで攻めて相手を打ち負かすことができれば最高だ。でも、クルマとは本来、運転するだけで楽しいものではないだろうか。ゲームの中でも条件さえ整えば、勝ち負け抜きで運転することの楽しさを味わえるのではないか、と筆者は常々思ってきた。そんな思いに見事応えてくれたのが、本作「テストドライブ アンリミテッド」である。

 ゲームの舞台となるのは、日本人にとってもっともポピュラーだと思える “南の島”、ハワイのオアフ島。プレーヤーはこの島で、クルマを中心とした生活を楽しむこととなる。ゲームがスタートすると、まずプレーヤーの分身となるキャラクターを選択する。以後はチュートリアルとして、住まいとなる住居を購入したり、クルマを購入しながら、この島での過ごし方を学んでいく。

キャラクターは複数人から選択可能。この時点では、服装や顔のカスタマイズは不可能だ。自身の分身になるので気に入ったキャラクターを選ぼう
主人公はオアフ島にたどり着いたばかり、という設定。まずは島内を移動するためにレンタカーをレンタルすることになる。軽い気持ちで選んでオッケーだ

 チュートリアル後は、自由気ままにプレイしてオッケー。クルマを購入したり、レースを行ったり、他のプレーヤーと会話したり、島内を自由に観光したり……と、行えることは多々ある。だが、これといった明確な最終目標がないため、興味を抱いたコンテンツから順次遊んでいくのが大半のプレーヤーのプレイスタイルとなるだろう。

 どのような遊び方をするにせよ、ひとまずは目的地へと向かう必要がある。本作は、島内の移動はすべてクルマで行うため、目的地まではドライブを楽しみつつ進んでいくことになる。

 まず驚くのが、オアフ島の再現度であろう。建物や看板といった人工物は、アップで見るとちょっとアラが見つかるが、樹木や草木などの自然物のクオリティは非常に高く、また一画面中に表示される数も膨大でボリューム感は申し分なし。空模様も美しい。これらのオブジェクトが一体となった画面からは、もう“ハワイらしさ”があふれまくっている。特に、市街地から外れた自然が残る場所の空気感は、タダモノではない。本物のハワイとどれくらい同じなのか、ハワイに詳しくない筆者にはわからないが、モニターの中に広がる世界は、間違いなく“筆者が想像していたハワイ”以上の世界が、そのまま広がっているのだ。しかも、広大なオアフ島が1つ丸々、である。ちなみに島内を走り回っている間は、完全にシームレスでゲームが進む。ロード画面に切り替わることがないため、走行中はゲームの世界に没頭できるのだ(ポイントに入ったり、後述する瞬間移動を使うときは、さすがにロードが発生する)。

 尋常ではないほど作り込まれた世界なので、ただドライブするだけでも非常に楽しい。オアフ島は大自然がかなり残っている島なので、市街地からちょっと離れるだけで、島はまったく異なる表情を見せてくれる。ゲーム中では時刻や天気が変化するので(でも夜にはならないのが不思議)、たとえ同じ場所を何回通過しても、その都度違った景観を楽しめるのだ。

映像はかなりキレイで、自然の景観は一見の価値あり。フレームレートがちょっと安定していないのが残念なところか

現実世界同様、GPS(ナビ)を使ってドライブ

 気ままにドライブを楽しむだけでもいいのだが、やっぱりゲームなのだから、何かしら用意された要素を楽しみたいところ。本作では、各所に世界有数の自動車メーカーのショールームがあり、そこで新たなクルマを購入できる。ゲーム中の目的の1つが、これらのクルマをコレクションすることだろう。もちろん、買うためにはお金が必要になるのだが、お金は島内のいたるところで発生する、レースや特定のミッションで稼ぐことができる。

 ゲームに登場するクルマは、排気量に応じてA〜Gにグループ分けされており、レースやミッションによっては参加できるグループが限定されていることもあるので、目的にあった車種を購入していきたい。

家を購入する際は、外観な内装をチェックできる
現実では一生縁がないようなクルマを、簡単に手に入れられてしまう

 ショールームではエクステリア(外観)とインテリア(内装)を細かくチェックできるだけでなく、2分間の試乗も可能。新車購入時のあの“ウキウキ”感を多少なりとも味わうことができるのだ。レンタカー屋もあるので、特定のクルマで長距離ドライブしてみたいが、新車を購入するにはちょっと資金が……という場合には重宝するだろう。

 なお、カーディーラーだけでなく、チューニングショップも存在している。ここでは文字通り、クルマをチューンアップして性能を向上させられるのだ。ただし、マフラーやサスペンションといったパーツ単位で購入するわけではなく、パワーアップキットを購入して性能を上昇させる仕組みだ。ギア比や車高の調整といったセッティングは不可能なため、カスタマイズの自由度は低い。カーマニアとしては残念な部分だ。個人的には、ほかのプレーヤーカーとの差別化を図る意味でも、エアロパーツの装着など見た目の変化はほしかったところだ。

 ただし、パワーアップ面が思いっきり簡略化されているため、クルマに詳しくないプレーヤーにとっては、逆にこの方が遊びやすいだろう。単純にドライブを楽しむのであれば、カスタマイズはさして必要ないだろうし。

現実世界同様、GPS(ナビ)を使ってドライブ

 オアフ島の広さは、1600平方キロメートルにも及ぶ。ヘタに動いては簡単に迷ってしまうだろう。そこでGPS、いわゆるカーナビの出番である。衛星写真を思わせる高精度なGPSマップには、自宅やショールームなどの施設のほか、レース開催ポイントやミッション発生ポイント、島内にいるほかのプレーヤー(フレンド)が表示されており、それらを目的地として設定すれば、あとは縮小マップと音声で案内してくれるのだ。もちろん、リルート機能も完備している。音声がしっかりローカライズされているのもうれしいポイントだ。

 なお、一度でも通ったことのある場所なら、ポイントや道路を問わず、瞬時にジャンプすることが可能だ。そこでまずは島内を1周して、すべてのショールームに訪れておくことをオススメする。こうしておけば、新車選びの際に複数のショールームをラクに行ったり来たりできるからだ。ちなみに筆者が島を1周するのに要した時間は、速くない車種を使ったところで、約4時間。道路から外れて砂浜を走ったり(笑)、途中でレースをしたりとかなり道草を食ったため、単純に一周するだけならば、もっと早く回れるだろうが、それにしても数時間はかかるだろう。本作の舞台であるオアフ島が、どれだけ広大かを想像していただければ幸いである。ちなみに、この4時間にもおよぶドライブは、まったく苦にはならなかったことを明記しておきたい。もうホント、走るたびにどんどん楽しくなっていくんですよ!

目的の施設以外をフィルターで隠してしまえば、目的地はより探しやすい
道を間違ってもすぐにリルートしてくれるが、場合によっては「逆走してます」とも
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた