レビュー
» 2007年05月29日 16時55分 公開

「Wiiでやわらかあたま塾」レビュー:Wiiでやわらか、Miiでにぎやか――ニンテンドーDSで好評を博したあの塾が、今度はWiiで開塾 (1/2)

「Wiiでやわらかあたま塾」はニンテンドーDSで“脳トレ”ブームの一角を担った「やわらかあたま塾」のWii版。問題は刷新され、Wiiならではの新しい塾が誕生した。やわらかい脳を目指して、あなたも入塾してみますか?

[仗桐安,ITmedia]

あたまはかたいよりも、やわらかいほうがいいらしい

画像

 ニンテンドーDSにおける“脳トレ”ブームの火付け役と言えば「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング」だ。しかし、2005年5月19日に発売された同タイトルを追う形で、2005年6月30日にDS市場に登場した「やわらかあたま塾」も、忘れてはならないタイトルだ。

 “脳活性化ソフト”というジャンルをひっさげた「やわらかあたま塾」は、言語、記憶、分析、数字、知覚という5つのジャンルからなるミニゲームを収録し、手軽かつ楽しく脳を活性化できるゲームということで好評を博した。100万本以上のセールスを記録したという実績が、その人気と支持を物語っていると言っていいだろう。ちなみに北米では「Big Brain Academy」というタイトルで2006年6月5日に発売された。

 そんな「やわらかあたま塾」の続編が、このたびWiiで登場した。その名も「Wiiでやわらかあたま塾」。直球すぎるほどに直球でそのまんまなタイトルがつけられた本作では、Wiiリモコンを使って、シンプルかつ直感的な操作で脳の活性化を体験することができる。

画像 Wiiリモコンを握りしめて、いざ入塾だ!

 「やわらかあたま塾」では言語、記憶、分析、数字、知覚という5つのジャンルが用意されていたが、本作では言語の代わりに直感が加わり、直感、記憶、分析、数字、知覚という5ジャンルがプレイできるようになった。問題はガラリと変わり、Wiiのインタフェースになじむ新問題が用意されている。その他にも、Wiiならではの楽しい新要素が追加され、よりパーティーゲーム的な遊び方を実現しつつも、家族や友人たちと脳活性化できるタイトルに仕上がっている作品だ。

テストの結果に一喜一憂。やわらかい脳のために、ひたすら鍛錬を

 “塾”と冠せられているからには、プレーヤーはまず入塾手続きをしなくてはならない。最初に塾生写真と塾生名を決めよう。塾生写真はあらかじめ本作内に用意された6つのMiiからも選択できるが、自分に似せて作ったMiiで自分の名前をつけてプレイする方が確実に楽しいし、盛り上がる。塾生は同時に8人まで登録できるので、一緒に暮らしている家族やよく遊ぶ友人にも登録してもらって、脳のやわらかさを競い合う、というのが本作の正しい楽しみ方だと言える。

画像画像 8人まで登録できるので、友人のMiiをめいっぱい登録してみました。実際に友人たちとも遊んでみました。競い合う友がいれば、お互いに高め合えるはず!

 さて。入塾したら「まずはやわらかテストをやってみてください」と案内される。やわらかテストでは5つのジャンルの問題を順番に解いて、総合的なやわらか度(g:グラムで表記される)を測定することができる。最初のうちは各問題でやるべきことが分からず1級、初段あたりの結果が出るかと思うが、慣れてくるとさらに上の段を狙うこともできるはずだ。各ジャンルをやり込んで自信がついたころに改めてやってみると自分の成長っぷりを感じることができるだろう。

画像 ルールの説明も自由に見ることができる。分かりやすく解説されているので、すぐに理解できるだろう
画像画像 脳の重さ、段位、5ジャンルの成績グラフ、○○あたまという称号など、色々な結果が出るのが楽しい

 やわらかテストでの好成績を狙うべく脳活性化の修行に励みたいなら、あたまのストレッチをプレイしてみよう。ここでは各ジャンルの問題を自由に遊ぶことができる。各問題ごとにレベル1、レベル2、レベル3と用意されており、加えて、各レベルで好成績を修めるとハカリメダル(金、銀、銅)がもらえるようになっている。全レベルで金メダルを取れば大したものだが、レベルにせよハカリメダルにせよ、やり込むことで更にその先が登場したりもするので油断ならない。やわらかい脳への道はけっこう険しいのだ。

画像 全問題で金ピカなハカリメダルを手に入れるのはなかなか大変。日々精進あるのみだ
画像画像 登録者たちの成績表を見ることもできる。友人に負けてるとがんばろうという気になるものだ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた