ぷるっふわっカキッと仲間を救え!――「Dewy's Adventure 水精デューイの大冒険!!」

KONAMIは、「Elebits」チームによるWiiオリジナルタイトル第2弾として環境ヘンシンアクションを発売する。ぷるっと滴り、ふわっと浮いて、カキッと身構える絵本のような世界とは?

» 2007年06月01日 14時58分 公開
[ITmedia]

 KONAMIは7月26日、Wii用環境ヘンシンアクション「Dewy's Adventure 水精デューイの大冒険!!」を発売する。本作は「Elebits」を開発したチームによる、Wiiの特徴を生かしたオリジナルタイトルの第2弾となる。

 「Elebits」がそうであったように、本作の下敷きには絵本のような優しい世界観が広がっている新機軸アクションゲームの「Dewy's Adventure 水精デューイの大冒険!!」では、絵本的2Dムービーが存分に使用されている。

ストーリー

 遠い遠い記憶の彼方に、水と緑あふれる美しい世界がありました。

 この世界の住民であるオー達は、いのちの源である七色の樹を囲み、平和に暮らしていました。

 ところが突然、平和だったこの世界に、どこからともなく、一滴の「黒い水」が降り始め、「ドンヘドロン大王」が現れたのです。「ドンヘドロン大王」 に操られた「黒い水」は凄まじい勢いで世界を黒く染めていったのです。

 力を失いつつあった七色の樹は、汚された世界を救うべく、最後の力を振り絞り、小さなしずくを生み出したのでした……。


彼が水の精デューイ。気温の変化で形態を変えていく

 本作はメインとなる1人用のストーリーモードと、1〜4人で遊べるエクストラモードの2つが用意されている。エクストラモードはさらにWiiConnect24に対応した「エディット」(ステージエディットモード)と、2〜4人同時プレイが可能な「わいわいプレイ」(マルチプレイモード)、そして1人用の「ひたすらプレイ」(ミッションモード)に分かれている。

 作品のコンセプトは、「Wiiリモコンを生かした操作」、「謎解きが楽しいゲーム性」、「かわいい新キャラクター」となっている。これは「Elebits」と同様で、さまざまな環境を操りながら、プレーヤーの形態変化を駆使し、謎を解きながらストーリーを進めていく。説明するといまいち伝わりづらいが、実際Wiiリモコンで遊んでみるとその面白さにはまってしまうことだろう。

 プレーヤーは、ある惑星の環境を操ることで、その生態系を変化させていく。この惑星はさまざまなステージによって構成されており、デューイはあっちに行ったりこっちに行ったりしながら、敵を倒していく。Wiiリモコンを傾けると惑星の地面が連動して傾き、水の妖精デューイを動かすことができるのだが、時にはオブジェクトが動き、移動を邪魔していたり、道が途絶えていたりと、プレーヤーの前に謎が提示されることもある。そんな時は、デューイの能力と環境を操るプレーヤーの知識で解決しなくてはならない。

フィールドにはさまざまなギミックが設置されている。うまくそれらも利用して進んでいく

 本作では汚れた世界を浄化するため、キャラクターの能力で敵を倒していくのが目的となっているのだが、それにはデューイが水の妖精であることがキモとなっている。水は気温の変化によって気体、液体、固体へと変化する。プレーヤーは十字ボタンの上で気温を上げ、下を押すと気温を下げることができる。状況に応じたデューイの“変身”で謎を解き敵を倒していくわけだ。

姿形が変わるとデューイの特性も変わる。気体の時にはデューイは雲に乗り浮くことができ、雷を放電することもできる。逆に氷になると装甲のような身体の硬さを手に入れる

虹をかけて先へ進め!

 また、Wiiリモコンの操作に応じて風や地震を発生させることもできる。Wiiリモコンを両手に持ち扇げば風が発生し、横にスライドさせるように揺らせば地震が起きる。これらの自然現象もデューイを操り敵を倒すヒントとなっているので、その時の状況に応じて発生させることになる。

 遮る敵を氷の身体で突破し、流れる川を液体で進み、囲まれた敵の頭上から気体となったデューイが雷を落とす……。デューイは無事に汚れた世界に虹をかけ、浄化することができるのだろうか?


物語はまるで絵本を開くように進んでいく。次のステージへの扉も絵本だったりして……

出現する敵も個性的。一見かわいらしくても侮ってはいけない

ボス戦は敵の動きや弱点を見極めなくては厳しい展開になることも

ステージを作成できるステージエディットモードと、4人対戦プレイが可能なマルチプレイモード

「Dewy's Adventure 水精デューイの大冒険!!」
対応機種Wii
メーカーKONAMI
ジャンル環境ヘンシンアクション
発売予定日7月26日
価格(税込み)6090円
対応人数1〜4人
(C)2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.

関連キーワード

コナミ | Wii


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」