連載
» 2007年07月27日 01時15分 公開

電脳世界に潜り込め!「パルスマン」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]

わたしが昔、このゲームを苦手にしてた理由

 パルスマンのアクションは多彩。まずは通常のパンチ、キック、ジャンプ。パンチは腕が電気の光に包まれる「パルスラッシュ」となり、攻撃範囲が広い。

 走って電気エネルギーをためると、パルスマンの体から放電が始まる「スパークリング状態」となる。

 スパークリング状態から使える技が2つある。1つは、腕から電気の弾を飛ばす「スラッシュ・アロー」。パルスラッシュの強化版といえる。

 そしてもう1つが、最も特徴的なアクション「ボルテッカー」。自らの体を電気の塊に変える。通常時は一瞬で元に戻るが、スパークリング状態だと、斜め上にまっすぐ飛んで、経路に塞がる敵を次々と倒せる。

 またボルテッカーは、移動手段としても使える。足場のない壁でも、ボルテッカーで反射して上っていくことができる。壁で跳ね返って、ジャンプでは行けない高い場所へも行くことができるのだ。

画像 ボルテッカーで壊せる地形もある。ガンガン壊して道を作っていくのが爽快
画像 ワイヤーが設置されている場所では、ボルテッカーでワイヤーを伝って移動できる(スパークリング状態でなくてもOK)。隣のワイヤーへ飛び移ることも可能

 わたしは今まで、スパークリング状態を作るのに、助走をつけて電気をためていた。これだと、ある程度の長さがある平らな場所か、下り坂でしかスパークリング状態にならない。

 しかし、方向キー2回押しで出る「ライトニング・ダッシュ」を使っていて気づいた。これは素早く移動するだけのものだと思っていたら、実はダッシュをした後、必ずスパークリング状態に入るのだ。

 これを利用すれば、狭い場所でもスパークリング状態を作れる。わたしが昔このゲームをクリアできなかったのは、このことに気づかなかったからだろう。……マニュアルにもちゃんと書いてあったんだけど。

画像 ゲーム全体を通して、スパークリング状態を作るためのダッシュは、多用することになる基本テクニック
画像 こういう狭い場所でも、ダッシュを使えばスパークリング状態にできる

 そのほか、意外に強力なのが、真上を攻撃する「バック・スピン・キック」。どうやら出かかりから出終わりまで攻撃判定があるようで、かなり使える。

 もっともわたしは、こないだマニュアルを読み返すまで、こんな技があることすら忘れていた。

世界で暗躍するG・G

 「パルスマン」のステージは全7面。1〜3面、4〜6面は、それぞれ好きな順番でプレイできる。

 1面では、G・Gに占拠されたTV局を解放するのが目的。市街地から、モニターに入ってコンピュータの中の世界へ飛び込み、TV局へと出てくる。

 現在のような、「ネットとTVの対立」「ネットと既存マスコミの対立」という図式はなかった時代であり、TVの電波もネットワークシステムの中に組み込まれているかのような表現がおもしろい。

 ボス戦は再びコンピュータの中で行なわれ、ワイヤーフレームの「バーチャル・ハンド」と戦う。

画像 G・Gに占拠されたTV局。ハンディカメラ3台がパルスマンを狙っている(違った意味で)
画像 1面のボスは、パックス・パワーグローブみたいなコントローラーで、コンピュータ空間の巨大な手を操作する

 2面はG・Gによって機械化されつつある、インドの熱帯雨林。ワイヤーが張りめぐらされていて、ボルテッカーで高速移動するシーンが多い。なお、ボスのワンダー・ツリーはかなり弱い。ゆけゆけワンダー・ツリー。

 3面の舞台はラスベガス。G・Gがカジノを乗っ取り、お金を盗もうとしている。このステージでは開始早々に、戦車「D.D.T.」(ダイナマイト・デザート・タンク)に乗ったドク・ワルヤマと対決。カジノに逃げ込んだワルヤマを追い、最後に再びD.D.T.と相まみえる。もちろんD.D.T.は強化されており、垂直落下式D.D.T.になっている。

画像 まさに黒パルスマンといった出で立ちのヴェール。ボルテッカー同士を相撃ちにして、素早く攻撃しないと倒せない

 4面はインド洋上の古代遺跡。ところどころに滝が流れている。水に触れるとパルスマンのエネルギーが吸い取られ、ボルテッカーも出せないし、パルスラッシュもただのパンチになってしまう。

 5面はアラスカの雪山。G・Gの秘密基地を発見したはいいものの、基地内は迷路になっていて、正しいルートを通らないと、前に通った場所に戻されることもしばしば。ボスはG・G側のC-Life「ヴェール」。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」