レビュー
» 2007年07月30日 14時45分 公開

オヤジに訪れた三度目の“なつやすみ”は、懐かしくて、やさしくて、ちょっぴり切ない「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」レビュー(2/3 ページ)

[小泉公仁,ITmedia]

昆虫採集、魚釣り、王冠集め、ゴム跳び……遊びきれないほど“遊び”がいっぱい

 “ぼくなつ”シリーズでは、昭和50年頃の子供の遊びが当時そのままに再現されているが、今回の「ぼくのなつやすみ3」はゲームの中でできることがとにかく豊富。何といっても、虫取り網でさまざまな種類のチョウやトンボを捕まえて昆虫標本を作ったり、クワガタなどの甲虫で虫相撲をしたり、川や湖で魚釣りをするなど、豊かな自然を肌で感じられるような遊びがいっぱい詰まっているのがいい。

画像 昆虫採集は“ぼくなつ”定番の遊びのひとつ。ゲーム中で捕獲できる虫の種類は全部で128種もあり、中には北海道にのみ分布する珍しい虫もいる。また「2」と同様に、虫を生きたままでも標本箱に入れておける
画像 甲虫が集まる木を調べてみると、クワガタやカミキリムシなどを見つけることがある。これらの虫を虫かごにキープしておいて、地元の子供たちと虫相撲で遊ぶことができる
画像 虫相撲で10勝した虫には、2つの言葉を組み合わせて“通り名”を付けられるようになる

画像 水辺では、おじいちゃんから借りた釣り竿を取り出して魚釣りができる。場所によって釣れる魚が違うので、どのような仕掛けや餌が最適かを試行錯誤するのもまた楽しい
画像 大きな魚を釣ってくれば、おばちゃんが料理してくれると言うのだが…?

 さらに「2」にもあったサイダーの王冠集めや水泳に加え、今回新たに草すべり、ゴム跳び、アルプス一万尺の手合わせ遊び、そして俳句まで取り入れられた。遊びのほかにも、ツバメのヒナたちが無事に巣立つまで見守ったり、おじいちゃんが趣味でやっている家庭菜園の水やりを手伝ったり、地元の子供たちと肝試しや七夕に参加するなど、さまざまな体験や行事が用意されている。やることが尽きないくらいにあるので、夏休みの間じゅうひたすら遊び回ることができそうで、なんだか子供のようにわくわくする。

画像 各所を調べると、サイダーの王冠が見つかることがある。王冠の種類は全50種で、それぞれに世界各国の国旗が描かれている。また、王冠を多く集めるほどボクくんのライフゲージが上がっていき、水泳や素潜りの際に息継ぎをしなくても長く潜っていられるようになる
画像 タンバリンの音に合わせてタイミングよく○ボタンを押す「ゴム跳び」。子供の頃、女の子の遊びに混じるのが何となく気恥ずかしかったのを思い起こさせる
画像 牛乳の集荷で吉本牧場に毎日やってくる“裕美”おじさんは、俳句を教えてくれる。おじさんが詠んだ句を並べ替えてボクくんが俳句を作ると、評価と採点をしてくれるのだが、その観点がいろんな意味ですごい……

画像 どこへ行こうと何をしようと、ボクくんの自由。夕方6時になると、どこにいてもおじちゃんが迎えに来てくれる

 これだけたくさんの要素が詰め込まれた世界で、プレーヤーであるボクくんは一日中、どこに出かけても何をしてもかまわない。朝ご飯を食べてから日が暮れるまでの間と、夕食後から就寝まで、特定のイベントがない限りは制約を受けることなく気ままに過ごすことができる。虫が好きならひたすら野山を駆け回って虫を追ってもいいし、大物を釣り上げるべく川や湖を回って釣りに徹するのもいい。遊びの幅が広がったことで、今回の「3」は過去のシリーズ作以上に自由度が高く感じられる。また、日が経つにつれてボクくんの行動範囲が少しずつ広がるようになっているところにも工夫が見られる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」