オヤジに訪れた三度目の“なつやすみ”は、懐かしくて、やさしくて、ちょっぴり切ない「ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原」レビュー(2/3 ページ)

» 2007年07月30日 14時45分 公開
[小泉公仁,ITmedia]

昆虫採集、魚釣り、王冠集め、ゴム跳び……遊びきれないほど“遊び”がいっぱい

 “ぼくなつ”シリーズでは、昭和50年頃の子供の遊びが当時そのままに再現されているが、今回の「ぼくのなつやすみ3」はゲームの中でできることがとにかく豊富。何といっても、虫取り網でさまざまな種類のチョウやトンボを捕まえて昆虫標本を作ったり、クワガタなどの甲虫で虫相撲をしたり、川や湖で魚釣りをするなど、豊かな自然を肌で感じられるような遊びがいっぱい詰まっているのがいい。

画像 昆虫採集は“ぼくなつ”定番の遊びのひとつ。ゲーム中で捕獲できる虫の種類は全部で128種もあり、中には北海道にのみ分布する珍しい虫もいる。また「2」と同様に、虫を生きたままでも標本箱に入れておける
画像 甲虫が集まる木を調べてみると、クワガタやカミキリムシなどを見つけることがある。これらの虫を虫かごにキープしておいて、地元の子供たちと虫相撲で遊ぶことができる
画像 虫相撲で10勝した虫には、2つの言葉を組み合わせて“通り名”を付けられるようになる

画像 水辺では、おじいちゃんから借りた釣り竿を取り出して魚釣りができる。場所によって釣れる魚が違うので、どのような仕掛けや餌が最適かを試行錯誤するのもまた楽しい
画像 大きな魚を釣ってくれば、おばちゃんが料理してくれると言うのだが…?

 さらに「2」にもあったサイダーの王冠集めや水泳に加え、今回新たに草すべり、ゴム跳び、アルプス一万尺の手合わせ遊び、そして俳句まで取り入れられた。遊びのほかにも、ツバメのヒナたちが無事に巣立つまで見守ったり、おじいちゃんが趣味でやっている家庭菜園の水やりを手伝ったり、地元の子供たちと肝試しや七夕に参加するなど、さまざまな体験や行事が用意されている。やることが尽きないくらいにあるので、夏休みの間じゅうひたすら遊び回ることができそうで、なんだか子供のようにわくわくする。

画像 各所を調べると、サイダーの王冠が見つかることがある。王冠の種類は全50種で、それぞれに世界各国の国旗が描かれている。また、王冠を多く集めるほどボクくんのライフゲージが上がっていき、水泳や素潜りの際に息継ぎをしなくても長く潜っていられるようになる
画像 タンバリンの音に合わせてタイミングよく○ボタンを押す「ゴム跳び」。子供の頃、女の子の遊びに混じるのが何となく気恥ずかしかったのを思い起こさせる
画像 牛乳の集荷で吉本牧場に毎日やってくる“裕美”おじさんは、俳句を教えてくれる。おじさんが詠んだ句を並べ替えてボクくんが俳句を作ると、評価と採点をしてくれるのだが、その観点がいろんな意味ですごい……

画像 どこへ行こうと何をしようと、ボクくんの自由。夕方6時になると、どこにいてもおじちゃんが迎えに来てくれる

 これだけたくさんの要素が詰め込まれた世界で、プレーヤーであるボクくんは一日中、どこに出かけても何をしてもかまわない。朝ご飯を食べてから日が暮れるまでの間と、夕食後から就寝まで、特定のイベントがない限りは制約を受けることなく気ままに過ごすことができる。虫が好きならひたすら野山を駆け回って虫を追ってもいいし、大物を釣り上げるべく川や湖を回って釣りに徹するのもいい。遊びの幅が広がったことで、今回の「3」は過去のシリーズ作以上に自由度が高く感じられる。また、日が経つにつれてボクくんの行動範囲が少しずつ広がるようになっているところにも工夫が見られる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  2. /nl/articles/2407/24/news019.jpg 妻が気軽にカワハギ釣りに行ったはずが…… 驚きの“超大物”ゲットに視聴者騒然「すげえぇぇぇ!!!」「面白すぎるでしょ」
  3. /nl/articles/2407/24/news184.jpg 「まってしぬwww」 応募用シリアル番号をよく見たら…… “奇跡の並び”に10万いいね 「しんどいw」「火力高い」
  4. /nl/articles/2407/24/news026.jpg 【今日の計算】「2÷2+2×2」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/25/news046.jpg 「どうせ全てバターに沈む」 悪魔的な“頭の悪いレシピ”に「カ、カロリー爆弾」「体に悪いものこそうまーい」
  6. /nl/articles/2405/03/news025.jpg 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  7. /nl/articles/2407/25/news006.jpg パパ大好きインコ、愛の言葉をささやくと思ったら…… まさかの暴言→逃亡に爆笑「朝からお腹痛い(笑)」「ほんと言ってる」
  8. /nl/articles/2407/25/news009.jpg 「チワワって全員被害者みたいな顔してる」→「うちのは加害者顔してます」 イメージ覆す“ヤンキーチワワ”にネット爆笑「マフィア感あるw」
  9. /nl/articles/2407/25/news008.jpg 祖母から教わった“ごはんが止まらないキュウリのみそ漬け”が絶品!! 「簡単で私にもできそう」「早速作ります」と話題
  10. /nl/articles/2407/24/news185.jpg 「これで倒れずに済みそう!」 凍らせたぬれタオルを一日もたせる“体を冷やすセット”に反響 「ホントにオススメ」「冷え冷えで最高」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」