レビュー
» 2007年08月21日 00時00分 公開

画面から涼しさが伝わってくるブルーな世界を堪能する「FOREVER BLUE」レビュー(1/2 ページ)

夏といえば海、海といえばダイビング! Wiiの「FOREVER BLUE」は、南太平洋の美しい海に包まれて、イルカやクジラと思う存分ふれあえる超癒し系タイトル。この夏は自宅にいながらバカンス気分を味わおう。

[立花裕壱,ITmedia]

 今年の夏はどこにいこうかなあ。沖縄! ハワイ! はたまたニューカレドニア!! なんて、そんなのは夢のまた夢。悲しいかな、どうせ今年も家で仕事なんだろうなあ……。と、そんな寂しい筆者にピッタリのゲームが登場した。この「FOREVER BLUE(フォーエバーブルー)」は、南太平洋の海にダイビングして、心ゆくまで海中散策を楽しめる癒し系ゲーム。ダイビングの免許を持っている人ならいざしらず、普通は海に旅行にいったってここまできれいな光景を目にするのは不可能だろう。オニヒトデをつついたり、イルカをなでなでしたり、変な形の深海魚を発見して驚いたり……。そこには自分だけの楽園が広がっているのだ。

 これまでも海中を探索するゲームは、数は少ないながらも根強い人気があった。古くはイルカを操作して仲間を探すメガドライブのアクション「エコー・ザ・ドルフィン」(現在Wiiのバーチャルコンソールで配信中)。ほかにも、究極の癒し系ソフトと称される「アクアノートの休日」(PS)や、海中の音を集める「DEPTH」(PS)など、印象的な作品が多い。

 この「フォーエバーブルー」も、プレイステーション 2で発売された「エバーブルー」シリーズと同じアリカが制作を担当している。「エバーブルー」はダイバーとして沈没船で宝を探すアクションアドベンチャーの要素が強かったが、「フォーエバーブルー」は、ゲーム的な色彩は薄まり、生き物とのふれあいや気ままな海中散歩が全面に押し出されている。涼しげな海でいかにプレーヤーに気持ちよくダイビングさせるか。これが、「フォーエバーブルー」の狙いだろう。

画像 海に住む生き物とのスキンシップが重視された「フォーエバーブルー」。思う存分タッチできる
画像 自然に恵まれたマナウライの海。小さなカクレクマノミから巨大なシロナガスクジラまで、海の仲間がたくさん登場。すべての種類と仲良くなろう

青い海へようこそ

 ゲームの舞台は、南太平洋に浮かぶ架空の島国、バオウル共和国にあるマナウライ島の海。周囲から長らく隔絶されてきたこの海は、独自の生態系が育まれ、多彩な生き物が生息している。プレーヤーはプロのダイバーとして、いまだ全容が解明されない神秘の海に潜り、マナウライの調査を進めていく。

 まずはダイバーのキャラクターメイキングからスタート。名前をつけて髪型と肌の色を決めたら、共和国への入国手続きが完了する。

 拠点となるのは比較的小さな船、ガッビアーノ号。ここのキャビンでセーブやメールの受信、生物図鑑の閲覧などができる。

画像 キャラクターメイキング。髪型と髪の色はあとから変えられるので、あまり悩まず決めてしまってもいい。ヘアスタイルは次第に増えていく
画像 知的なメガネ美女のキャサリン。ダイビングの様子をモニタリングして正確な情報を伝えてくれる。実は彼女は泳げないとか……。キャサリンにも秘密がありそう

 操作はWiiリモコン単独で行う。行きたい方向をポイントしてBボタンを押すと、プレーヤーキャラが前へ進む。慣れるとリモコン操作はかなり楽だ。従来の海中探索ものは、高低差の変更が直感的ではないものが多かった。その点、「フォーエバーブルー」は、リモコンをモニタの上に向ければ上昇、下に向ければ下降と、スーッと泳いでいる感覚が味わえる。

 海中で知らない生き物を見つけたら、ポインティングマーカーを合わせてみよう。なでる、つつく、エサをあげるといったスキンシップが取れる。最初は名前が「???」だが、なでると種類が判明し、さらに仲良くなると、近づいて甘えてきたり、あとを追いかけてきたりする。生物図鑑の説明文も増えて、その生き物の詳しい生態もわかってしまうのだ。

 マナウライの海には、たくさんの生物が生息している。黄色が鮮やかなチョウチョウウオ、青い体に黄色の背びれが映えるパウダーブルーサージョンフィッシュの群れ、おでこの立派なこぶが目印のナポレオンフィッシュ。薄暗い深海で長い背びれを優雅にひるがえらせて泳ぐ珍魚リュウグウノツカイ……。しかも船のデッキにはアデリーペンギンやモモイロペリカン、ウェッデルアザラシなどもやってくる。すべての生き物とふれあって、図鑑をコンプリートするのが最大の目標になるだろう。

 イルカやクジラにつかまって泳げるというのも筆者にとっては感動もの。子供のころからのちょっとした憧れだった。人懐っこいイルカにつかまって、カラフルな珊瑚礁を見ながらすいすい泳ぐ。気分は城みちる……って、古くて誰もわからないか。

画像 ツアーで人気のドルフィンスイムのように、イルカと一緒に泳げる。これはゲームであっても、ヒーリング効果が得られる……はず
画像 エイでもサメでも「なでる」、「つつく」、「エサをあげる」といったスキンシップによって仲良くなれる。海の生き物好きにはパラダイス!?

 この手のゲームでは、ライフやタイム制限など、プレーヤーを縛るルールもよく見かけるが、本作にはそうした部分がほとんどない。それが、高い癒し効果につながっている。サメを触ってもかじられないし、エアーの概念は一応あるが、たとえ切れても船に戻るだけ。余計な心配をしなくてもいい安心な箱庭が構築されている。

 また、リモコンによって、比較的スムーズにダイバーが操れるのも長所だ。「ダイバーを動かしている」という感覚を忘れて景色を堪能できる。カラフルな魚たちが泳ぐ夢のような珊瑚礁「マリジ環礁」、迷路のように入り組んだ水路に大型魚が潜む「ロックランド」、白い岩にうがたれた鍾乳洞「人魚の洞窟」……。広い海には、海底遺跡や幽霊船もある。地上では絶対に見られない絶景を味わえる夢のようなツールといえそうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  7. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  8. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  9. /nl/articles/2108/04/news086.jpg パパから5歳娘へ「もし車に閉じ込められたら、クラクションを鳴らして」 注意喚起する漫画に「目からウロコ」「早速教えます」の声
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する