レビュー
» 2007年08月30日 00時00分 公開

激戦の一年戦争地上戦をWiiリモコン振り回して生き延びろ!「機動戦士ガンダム MS戦線0079」レビュー(2/2 ページ)

[大戸島さんじゅうご,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ストーリーモードは連邦軍編でゲームの流れをつかんでみる

画像 ストーリーモードは最初に連邦軍かジオン軍かを選択。選択した軍の部隊長となって戦場を渡り歩き、さまざまなミッションに参加する

 ゲームオリジナルストーリーで展開するのが「ストーリーモード」だ。連邦軍、ジオン軍のいずれかを選択し、激動の一年戦争を一小隊の視点から体験していくモードだ。ここもオーソドックスに連邦軍を選択。筆者は食事の際には好きなものを最後にとっておいて、お楽しみはあとにする性格なもので、本命のジオン軍はあとでゆっくりとプレイすることに。まずはゲームの流れを把握し、あとで無駄のないプレイをするための準備として連邦軍をプレイした。

 ストーリーモードは、エースパイロットモードとは基本的なゲームの流れが異なっている。ブリーフィングがまず最初にあり、作戦の内容確認と仲間との会話シーンが流れ、次にMSのセッティングを経て出撃となる。セッティングの際には、コストの上限が設定されているので、搭乗するMSや装備させる武器などをその数値内で選択しなければならない。仲間の分まで含まれるので、そのあたりのバランス感覚というのも試されるわけだ。このコストの上限はゲームを進めていくうちに増えていくので、最初は苦労するかもしれないが、後半になれば強力なMSや武器が使用できる。また、カラーリングの設定も自由にできるので、自分だけのあるいは隊としてのパーソナルカラーを設定して遊ぶものおもしろい。


画像画像画像 出撃前にはブリーフィングで作戦の確認や仲間との会話シーンがある。そして、MSのセッティングを終えたらいよいよ出撃だ

 このモードでは、最初からいい機体が用意されているエースパイロットモードと違い、起用するMSによってはかなりの苦戦を強いられる場面も。プレイヤーの腕が如実に表れるので、テクニック面で慣れてこないと先々で苦労することになる。実際、あれだけエースパイロットモードで楽勝だったものだからつい油断していたら、仲間はやられて離脱するわ、弾薬数が切れても補給にいけないわ、敵に囲まれて足止めされた上に四方八方から銃撃受けてしまうわで、回復しながら戦ってればなんとかなるなんて行き当たりばったりな戦いではダメなんだと痛感した。

 そんなこんなでストーリーを進めていくと、射爆場でアイナ・サハリンのアプサラスに遭遇。くっついて雪山まで行くのはわたしの役目ではないのですね。一緒に風呂に入りたかったです。残念です。まあ、それは置いといて、こういった原作キャラとの遭遇も楽しみの1つ。敵として現れるキャラだけではなく、援護として戦闘に加わってくれる場面もありそれはもう心強い限り。

 苦戦しながらもエンディングまでたどりつき、ゲームの流れも把握できたので、次はいよいよジオン軍編に挑戦だ。

画像 MSを好きなカラーリングに設定できるので、部隊のパーソナルカラーを設定するのが楽しい
画像 ストーリーモードにもシーンによって原作キャラが登場。もちろん、戦闘へと発展

連邦軍をサクサクっと終わらせ、ジオン軍編でストーリーモードをじっくりと楽しむ

画像 ジオン軍はMSの種類が多いので、搭乗できるMSが増えていくのも楽しみ。また、トルドのようなベテランにザクIに搭乗させるのもまた1つの味わいがある

 最初のミッションはザクIで出撃させられるのかと不安になりながらも、隊員全員がJ型で出撃できるコストがありとりあえずひと安心。ただ、そこであえて誰か1人がザクIで出撃するのもまた通な楽しみかたでもある。カーキ色とかにして。それと、隊員の質も連邦軍とは大違い。お子様の集まりと違って、トルドのようなベテランパイロットがいるだけで隊の質も高まるというものだ。

 さて、連邦軍でスナイパー推奨ミッションに挑んでからというもの、すっかりスナイプモードのとりこに。武器は極力射程の長いものを選び、敵に近づく前にまずは十字ボタンでスコープに切り替え、一撃必殺のヘッドショットにチャレンジ。相手を一撃で倒す快感もあり、これはかなりオススメの攻撃方法だ。相手の脚部を狙って機動力を落とし、腕を破壊して攻撃力を奪い、最後にヘッドショットというのも悪くない。そりゃ、相手の通信から「なぶり殺しかよ〜」と叫び声も聞こえてきますわ。

画像 戦闘中は弾薬の補給や機体の修理など補給が重要な要素を持っている。補給ポイントをしっかりと把握しておくことだ
画像 ランバ・ラルが援軍として駆けつけることも。これほど心強い援軍もないだろう
画像 連邦軍が本格的にMSの運用をはじめると戦闘が厳しくなってくる。気を引き締めて戦おう

 基本的にこのストーリーモードでは、一年戦争の史実の流れをもとに進んでいくので、ifの世界を作っていくというよりは、ジオン軍の場合だと、連邦軍に追い込まれていくなかで逃げ場を作っていくといったミッションが多いのも特徴。数で攻めてくるジムにボコボコにされ苦い経験として記憶に刷り込まれながらも、仲間のために戦っていく隊の姿は、やはりジオン軍ならではの悲哀が込められている。やっぱりジオン軍好きだなぁ。

 ところで、せっかくのジオン軍なのでヒルドルブに乗りたかったのだが、ゲーム中には用意されていない。本作にOVA「機動戦士ガンダム MS IGLOO」の要素がないのはちょっと残念。あれも一年戦争を戦った男達の記録だし、もし続編があるのなら、イチイグルーファンとしてぜひともいれてほしいです。それだけでもグッとゲームの男臭さが高まり緊張感が引き締まりますから。はい。

画像画像 スナイプモードで相手の部位を破壊。ヘッドショット(頭部の破壊)に成功すれば一撃必殺となる

土台ができたのでコアなファンもターゲットにした続編に期待

 とりあえず、ストーリーモードを両軍で1回ずつエンディングまで到達。ここまで遊んだ感じでは、最初に不安を抱いていたWiiリモコンを振り回すことへの違和感を感じることはなかった。操作も簡単で、すんなりとそれなりの戦いを展開できたし、通常射撃、格闘、スナイプといった要素がゲームのマンネリを回避させている。ゲームオーバーになっても、装備を変えたり再チャレンジして精度を高めていけるので、そのあたりのやり甲斐も十分だろう。

 ただ、Wiiだからなのかどうかは分からないが、ちょっとストーリーモードにおける会話シーンなどのノリが軽く感じてしまったのが残念。戦争の重苦しさを誇張する必要はないし、ノリの軽いキャラの存在はむしろ必要でも、全体がそうなって軽くなるのではなくせめて戦闘前の緊張感は失わせないでほしかった。また、演出面での物足りなさ、これも気になってしまったのはガンダムへの愛があるからこそなのか。

 Wiiリモコンを使ったFPSタイプのガンダムゲームへの可能性が見えたし、MSのモデリングはそもそもよくできている作品なので、各モードの中身や演出の質を現在よりももっと高めた続編に期待したい。

画像画像 演出や会話シーンには物足りなさを感じたのも事実。このゲームシステムでより深く濃い内容を次作では期待!
(C)創通・サンライズ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」