シレンに戦場に龍と来た! 「セガコンシューマ新作発表会 2007 Autumn」開催(2/4 ページ)

» 2007年09月14日 21時05分 公開
[加藤亘,ITmedia]

「戦場のヴァルキュリア」

 7月に開催された「PLAYSTATION PREMIERE 2007」において発表された「戦場のヴァルキュリア」は、戦争という極限状態の中で生まれるさまざまなドラマを通して、今の時代に失われてしまっている「がむしゃらに生きることのすばらしさ」と「人と人との絆の大切さ」を描くセガオリジナルのRPGとなる。

 物語は征暦1930年代の架空のヨーロッパ大陸。東ヨーロッパ帝国と大西洋連邦機構に挟まれた小国・ガリア公国の資源を狙って帝国が突如侵攻してきたところから始まる。強大な軍事力の前に敗走するガリア軍。首都陥落寸前の中、寄せ集めの義勇軍が帝国に立ち向かうことになる。主人公は義勇軍のひとつである第七小隊を率いるウェルキン・ギュンター。義勇軍であるがゆえ、構成されている10人足らずのメンバーは皆普段はパン屋や大工の棟梁など一般人ばかり。彼らを率いて、いかに圧倒的戦況の不利を覆すことができるのか……?

ウェルキン・ギュンターとヒロインのアリシア・メルキオット。頼りないと思われたウェルキンだったが、自然科学の知識で思わぬ作戦を提案することもある。仲間となる第七小隊の面々とともに、各地を転戦していく……。その先にあるのは勝利か、それとも……

西野氏は「サクラ大戦」シリーズのディレクターでもあった

 説明に立ったセガ第二GE研究開発部 部長 西野陽氏は、ドラマ性の強い、キャラクターを活かせるというコンセプトの元、本作の開発に携わっていたと語る。その際、過酷な環境である「戦場」を描くことで、人間ドラマを表現できるという思いに至ったのだとか。小隊にいる普通の人々の視点を借りることで、戦場に巻き込まれた人々がどのように考え行動するのかが描かれる。

 本作で特徴的なのはその手書き風味のグラフィック。今までにない暖かみを表現するにあたり、3Dで手描きの水彩イラストがリアルタイムで動く「CANVAS」が採用されている。輪郭線のズレや色のはみ出し、斜線で描かれる影、文字で現れる効果音など、写実的な表現とは方向性の違う絵作りで独特なゲーム世界を演出している。これは戦争を扱うことにおいて、とっつきにくいイメージや敬遠されることを避けるためにも、このような表現を必要としたと本作プロデューサーの野中竜太郎氏。

発表会では野中氏の説明の元、実機での戦闘場面を紹介

 また本作の戦闘は、戦略とアクションが融合した“ターン制アクションRPG”として「BLiTZ」システムが採用されている。これは、プレーヤーが小隊のキャラクターをターンごとに自由に動かし敵の部隊を撃退するにあたり、コマンドモードとアクションモードと2つのモードで戦うというもの。

 コマンドモードでは、作戦図を元に戦略を組み立て、キャラクターの進撃方向を選択。コマンドポイントを消費してどのユニットをどこに動かすかを指示した後、アクションモードへと移行する。コマンドポイント次第では何度でも同じユニットが行動できる。

 アクションモードでは進撃したユニットを自らが動かすことができ、行動力を表すアクションポイントを消費して移動し攻撃することができる。敵も躊躇なく撃ってくるので、遮蔽物などに隠れながら接近戦に応じたり、屋上や迂回路を経て敵の死角から射撃することもできる。戦車で敵を一掃することもできるが、コマンドポイントを大量に消費するので、使いどころを間違えると痛い目にあるかもしれない。RPGならではの、キャラクターの成長や、自分だけの部隊を編成する要素も重要なポイントとなるようだ。

 東京ゲームショウ2007ではプレイアブル出展を予定されているとのこと。

コマンドモードののち、CANVASで描かれるアクションモードへと移行する。ターン制を導入したサードパーソンシューターといっても過言ではない。隊長として状況を読み、キャラクターたちの特性をうまく利用して作戦を立てるというタクティカル性と、自分が実際に戦場で戦っているという緊張感を生むアクション性、この2つのクロスオーバーが「BLiTZ」の真骨頂といえる
「戦場のヴァルキュリア」
対応機種プレイステーション 3
ジャンルアクティブ・シミュレーションRPG
発売予定日2008年春
価格(税込)未定
プレイ人数1人
(C)SEGA

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/23/news011.jpg 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  2. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. /nl/articles/2404/22/news167.jpg トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開
  4. /nl/articles/2404/22/news019.jpg 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  5. /nl/articles/2404/23/news029.jpg パパがヒゲをそって大ショックな息子の反応が3600万再生 予想外な落ち込みように両親苦笑い【海外】
  6. /nl/articles/2404/22/news016.jpg 【今日の計算】「2+13×2−6」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/22/news142.jpg 「人生で一度は見てほしい」「息をのむ美しさ」 この世のものと思えない幻想的な“一本桜”に15万いいねの大反響
  8. /nl/articles/2404/23/news010.jpg 元パティシエ直伝、スライスチーズを使う激ウマ蒸しパンが209万再生! あまりのおいしさに「秒でなくなった笑」の声も
  9. /nl/articles/2404/23/news033.jpg 赤ちゃん、寝起きの儀式が全てむちむちかわいい 4部作のポーズに「至高です」「しあわせやぁ〜」
  10. /nl/articles/2404/11/news023.jpg 5歳と4歳の兄弟が“子どもしか入れないパン屋”に挑戦 緊張して待つ母に見せた誇らしげな表情が370万再生「子どもも親もワクワクドキドキ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」