ニュース
2007年09月21日 22時23分 更新

東京ゲームショウ2007:

新作をどどんとご紹介。もちろんプレイアブルもあります――マーベラスエンターテイメント発表会 (2/3)

「レイニーウッズ -RAINYWOODS-」

画像 SWERYさん(左)と大渕プロデューサー(右)

 「レイニーウッズ -RAINYWOODS-」(以下、レイニーウッズ)は、同社初のプレイステーション 3/Xbox 360タイトル。「ミステリーアクションアドベンチャー」の名の通り、海外のサスペンスアクションを見ているかのような映像が展開されていく。企画・原案・ディレクターを務める、アクセスゲームズのディレクター・SWERYさんと、マーベラスエンターテイメントの大渕プロデューサーがこのタイトルを紹介してくれた。

 大渕氏は「映像を見た方にはお分かりいただけたかと思うが、独特の味・世界観を持ったミステリーアドベンチャー。次世代機のタイトルラインアップを見たときに、本作のようなタイトルはないな、と思った。待っているユーザーはいるのではないかと思って開発をスタートした」と語る。

画像

 「このゲームには“3つのリアル”をコンセプトとして用意したものがある。それは“リアルスケール”、“リアルタイム”、“リアルライフ”。これを使うことでアメリカの田舎町を再現したいと思った」と、SWERYさん。ゲームの中には8キロ四方の街が作られており、その中でリアルタイムで時間が流れ、人々が生活している。登場人物たちも、できるだけリアルに生活しているところを出すため、24時間のタイムテーブルを全キャラクターが持っており、それにつれて物語が刻々と変化していくそうだ。「意味があるかないか分からないが、朝起きたらご飯を食べて仕事に行く、といった生活を街の全員が送っており、その中にFBI捜査官であるプレーヤーが入っていく。この街の中の生活も楽しんでもらえれば」(SWERYさん)。

画像画像画像

 そしてその中に住む“怪しい住人たち”にも注目してほしい、と大渕氏。「いかにも犯人という人が住んでいます」(大渕氏)。SWERYさんは、「本作のテーマは“ミステリーホラーアクション”。ミステリーの部分は、しっかりした人物像ができあがっていないと成立しない。登場する人が一癖も二癖もある。変人ばっかりが集まっている街を作り上げたかった。全員“愛すべき容疑者”です」とも。

画像画像画像

 なお、この作品を制作するに当たっては、米国・カリフォルニア州とワシントン州に取材旅行へ行ったそうだ。取材の中で廃工場やトンネル、廃列車など、さまざまな場所を見てきたという。「ふつう、ゲームでは意味のあるものしか作らないが、『レイニーウッズ』では街を作るために、意味のないところまで含めて再現しているので、ディテールには自信があります」(SWERYさん)。

 本作は2008年発売予定。

[今藤弘一,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.