連載
» 2007年10月11日 01時12分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:「テトリス」はもはや、レトロゲームとは呼べないかもしれない (2/3)

[ゲイムマン,ITmedia]

ゲームセンターの風景が変わった

 ファミコン版と同じ1988年12月、セガ・エンタープライゼス(現・セガ)が、アーケード版「テトリス」を発売した。

 アーケード版ではステージクリアの概念はなく、フィールド上にテトリミノをひたすら積み上げ、消していく。ただし、ゲームが進むと背景が変わっていく。大自然の景色から、巨大なトカゲ、畑、町、摩天楼、そして未来都市らしき風景へと変化する。

 アーケード版は、「ボタンで左回転、レバーを下に入れると高速落下」という操作方法を、初めて採用した。この操作法が、現代に至るまで、各社で発売された「テトリス」に受け継がれている。

 アーケード版「テトリス」は、ゲームセンターの風景を変えた。ハイスコアを狙うマニアはもちろん、普段ゲームにあまりなじみのない人々まで、とりこにしてしまったのだ。UFOキャッチャーなどとともに、ゲームセンターに若い女性やカップルが来るきっかけとなったゲームの1つといえる。

 しかも、稼働期間が非常に長い。初登場から19年を経た今でも、ゲームセンターでこの「テトリス」を見かけることは珍しくない。

 アーケード版「テトリス」は、セガエイジス2500シリーズの1つ「「テトリス」コレクション」の収録作品という形で、プレイステーション2に移植されている。

 「「テトリス」コレクション」にはほかにも、「テトリス」をベースにした「フラッシュポイント」と「ブロクシード」、現在の国際ルールに基づいて作られた「「テトリス」 ニューセンチュリー」が収録されている。

画像 地球の歴史と文明の進歩を表すように、次々と移り変わっていく背景
画像 落下スピードが上がってくると、まず接地させてから、移動・回転を行なうような状態になる
画像 ゲームオーバーになると、猿が出てきて手をたたく

 このアーケード版は、メガドライブへの移植が計画され、移植自体は完了していたが、結局発売されなかった。

 セガはアタリの子会社・テンゲンから「テトリス」の販売権を得ていた。「テトリス」の版権はソ連のエローグ(外国貿易協会)が管理しており、イギリスのミラーソフトがこの販売権を取得。さらにミラーソフトがアタリに、アタリがテンゲンに、テンゲンがセガに販売を認めるという、複雑な経緯となっていた。

 ところが、ミラーソフトの得ていた販売権が、PC用に限定されていたものだったことが発覚。その影響でセガは、メガドライブ版を販売できなくなってしまった。

 任天堂は1989年にゲームボーイ版を発売しているが、エローグと直接契約していたから、家庭用ゲーム機における「テトリス」の販売権を獲得できたのだ。

 こうしてメガドライブ版「テトリス」は幻のソフトとなってしまったが、プレイステーション 2用「テトリスコレクション」に、このメガドライブ版も収録され、ようやく日の目を見ることができた。

画像 メガドライブ版は、アーケード版の忠実な移植だった。ボタンが複数あるので、左右どちらにも回転できる
画像 消すといろんなことが起こるアイテムテトリミノが落ちてくるモード(写真)や、2人協力プレイ、3分間のスコアを競うモードもあった

攻撃のできる対戦モードが、ゲームボーイ普及の原動力に

画像 難易度設定や、ソ連をイメージした演出はファミコン版に準じているが、操作方法はアーケード版に近い(2つのボタンで左右に回転できるのが違い)

 1989年、任天堂からゲームボーイ版「テトリス」が発売された。

 最大の特長は、通信ケーブルをつないで行なう2人対戦モードの存在。フィールド内のテトリミノを消すことで、相手に攻撃できるという要素が盛り込まれた。

 2段同時に消すと、相手のフィールドが1段押し上げられる。3段同時消しだと2段上がり、4段同時に消すと、相手フィールドが4段上がる。

 これにより、テトリミノをただ消していくだけではなく、4段同時消しを狙う必要性が増し、そのための積み方を考えるというおもしろさも増した。

 ゲームボーイ版は424万本もの驚異的な売り上げを記録。発売されたばかりの、ゲームボーイ本体の普及にも貢献した。今でいうキラーソフトである。

 アーケードでもゲームボーイでも、「テトリス」はハードそのものの方向性を変えている。

 アーケードでは、ゲームセンターにいわゆるライトユーザーを呼んだ。ゲームセンター自体も、内装を明るくしたり、清掃を徹底したりして、こうしたお客さんに配慮するようになった。

 この頃から始まった“ゲームセンターのアミューズメントスペース化”の流れは、現在まで続いている。

 ゲームボーイでは「テトリス」が、ゲームボーイ本体と通信ケーブルを売る原動力となった。そして以降のゲームボーイの路線を、“対戦&パズル”路線に決定づけたのだ。

 それぞれに、セガと任天堂のスタンスが、何となく表れているのがおもしろい。

 ちなみに、“ゲームセンターのファン層拡大”とゲームボーイの“対戦ゲームブーム”、これらが1991年の「ストリートファイターII」大ヒットの伏線になっているのではないかと、わたしは考えているのだが。

画像 1人プレイには、エンドレスに積んで消していくA-TYPEと、ファミコン版と同じく25段を消すとクリアとなるB-TYPE(写真)がある
画像 B-TYPEで、最も速いLEVEL9をクリアすると、やはり音楽とダンスで祝福される
画像 さらに、LEVEL9のHIGH5をクリアすると、スペースシャトル(正確には、ソ連のブランというロケットらしい)が飛んでいく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた