連載
» 2007年10月11日 01時12分 公開

「テトリス」はもはや、レトロゲームとは呼べないかもしれないゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

「レトロゲーム・アワード2007」、大勢の方にお越しいただき、ありがとうございます。疲れがいまだに残ってますが、気づけばこちらの連載も50回の節目を迎えました。今回は、去年ニンテンドーDS版がミリオンセラーになった「テトリス」です。

[ゲイムマン,ITmedia]

「ソ連製」という言葉自体が懐かしい

 「テトリス」は、本当に息の長いゲームである。

 アーケード版(セガ)の登場が1988年、ゲームボーイ版(任天堂)が1989年。一大ブームを巻き起こす。

 その後、いったんブームは落ち着いたように見えたが、アーケード版は各地のゲームセンターの中で生き残り、ロングラン稼動を続ける。

 キーホルダーゲームとして、再び「テトリス」がブームになったのは1990年代中盤。さらに、Javaアプリが使える携帯電話が普及すると、「テトリス」はここでも人気のソフトとなった。

 最近ではニンテンドーDSの「「テトリス」DS」がヒットしたほか、Xbox 360やプレイステーション 2でも遊ぶことができる。

 作られてすでに22年。アーケード版登場から19年。ゲームボーイ版発売から18年。このゲームが生まれた国、ソビエト社会主義共和国連邦が崩壊して16年になるというのに、今でもこのゲームは、現行機種のほとんどでプレイできるのだ。

 「テトリス」がヒットして以降、何かを落としてフィールドにはめ込むアクションパズル、いわゆる“落ちものパズル”が、次から次へと現れた。

 その中にも、「コラムス」、「ドクターマリオ」、「ヨッシーのたまご」、「ぷよぷよ」、「対戦ぱずるだま」など、多くのヒット作がある。それでも「テトリス」は、それらの中に埋没してしまうことなく、今なお存在感を示し続けている。

画像 2001年に宗谷岬を訪れたときの写真。この日はよく晴れていて、海の向こうにロシアのサハリンが見えた
画像 稚内駅近くの商店街では、店名がロシア語表記で書かれている。これはゲームショップのブルートだ

ロシアから西回りで日本へ渡来

 「テトリス」の登場以前から、5つの正方形をつなげた“ペントミノ”という12種類の図形を組み合わせて、6×10、5×12、4×15、3×20の、長方形のフィールドにぴったり収めるパズルがよく知られていた。

 映画「2001年宇宙の旅」では、ボーマン船長とHAL9000がチェスを指すシーンがあったが、ここに当初はこのペントミノが使われる予定だったらしい。

 旧ソ連のアレクセイ・パジトノフ氏は、こうしたパズルをコンピューターゲーム化した。ここでは4つの正方形をつなげた図形“テトリミノ”が使われる。

 図形をフィールドの上部から落とし、アクションパズルにしてみた。そして図形で横1段を埋めたら、その段が消えるようにして、フィールドのいちばん上まで図形が積み上がったらゲームオーバーとした。

 このシステムを、ワジム・ゲラシモフ氏がプログラミングして、「テトリス」は完成したのだ。

 登場するキャラクターは、7種類のテトリミノだけ。プログラムもシンプルで、マシンパワーも必要としない。そんなソフトがイギリスのミラーソフト、アメリカのアタリなどを通じて、西側諸国でPC用ゲームとして大ヒットとなった。

画像 アーケード版「テトリス」(セガ)の、操作方法説明画面。上から落ちてくるテトリミノを移動・回転させる
画像 ファミコン版「テトリス」(ビー・ピー・エス)の画面。2段が同時にテトリミノで埋まって、消えるところ

 日本では、ビー・ピー・エスがまずPC版を発売。さらにファミコンに移植して、1988年12月22日に発売した。

 ファミコン版の特徴は、ステージクリア制をとっていること。25段消すとクリアとなり、次のステージへ進む。ステージが進むと、テトリミノの落下速度が速くなっていく。

 テトリミノがフィールドの最上段からあふれるとアウトになるが、ファミコン版では3回アウトになるまでゲームオーバーにはならない。自機が3機あるという感覚だ。

 さらにもっと大きな特徴がある。操作方法が、アーケード版やゲームボーイ版などと異なるのだ。

 十字キーの左右でテトリミノが左右に移動するところまでは同じだが、十字キーの下を押すとテトリミノが90度左に回り、Aボタンを押すと、一気に接地する。

 このためファミコン版では、途中にあいたくぼみに横からテトリミノを挿し込む場合、落下スピードを変えられないので、自然に落ちてくるのを待たなければならない。

 とはいえ、「テトリス」本来のおもしろさもあって、ファミコン版「テトリス」は、181万本ものセールスを記録した。ソ連をイメージしたグラフィックや演出は、後のゲームボーイ版などに受け継がれている。

 また、ボタン1つで一気に接地する仕様も、状況によっては便利だったので、最近の「テトリス」ではハードドロップという名で、方向キーの上に割り振られていることが多い。

画像 棒状のテトリミノを回転させようとして、誤って接地させてしまった様子。アーケード版などに慣れると、こういうミスがよく起こる
画像 最もスピードの速いSTAGE9をクリアすると、小さな人々がロシアのダンスと楽器演奏でプレイヤーをたたえる
画像 いちばん難しい、STAGE9のROUND5をクリアすると、クレムリンの奥に花火が上がる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる