「テトリス」はもはや、レトロゲームとは呼べないかもしれないゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

「レトロゲーム・アワード2007」、大勢の方にお越しいただき、ありがとうございます。疲れがいまだに残ってますが、気づけばこちらの連載も50回の節目を迎えました。今回は、去年ニンテンドーDS版がミリオンセラーになった「テトリス」です。

» 2007年10月11日 01時12分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

「ソ連製」という言葉自体が懐かしい

 「テトリス」は、本当に息の長いゲームである。

 アーケード版(セガ)の登場が1988年、ゲームボーイ版(任天堂)が1989年。一大ブームを巻き起こす。

 その後、いったんブームは落ち着いたように見えたが、アーケード版は各地のゲームセンターの中で生き残り、ロングラン稼動を続ける。

 キーホルダーゲームとして、再び「テトリス」がブームになったのは1990年代中盤。さらに、Javaアプリが使える携帯電話が普及すると、「テトリス」はここでも人気のソフトとなった。

 最近ではニンテンドーDSの「「テトリス」DS」がヒットしたほか、Xbox 360やプレイステーション 2でも遊ぶことができる。

 作られてすでに22年。アーケード版登場から19年。ゲームボーイ版発売から18年。このゲームが生まれた国、ソビエト社会主義共和国連邦が崩壊して16年になるというのに、今でもこのゲームは、現行機種のほとんどでプレイできるのだ。

 「テトリス」がヒットして以降、何かを落としてフィールドにはめ込むアクションパズル、いわゆる“落ちものパズル”が、次から次へと現れた。

 その中にも、「コラムス」、「ドクターマリオ」、「ヨッシーのたまご」、「ぷよぷよ」、「対戦ぱずるだま」など、多くのヒット作がある。それでも「テトリス」は、それらの中に埋没してしまうことなく、今なお存在感を示し続けている。

画像 2001年に宗谷岬を訪れたときの写真。この日はよく晴れていて、海の向こうにロシアのサハリンが見えた
画像 稚内駅近くの商店街では、店名がロシア語表記で書かれている。これはゲームショップのブルートだ

ロシアから西回りで日本へ渡来

 「テトリス」の登場以前から、5つの正方形をつなげた“ペントミノ”という12種類の図形を組み合わせて、6×10、5×12、4×15、3×20の、長方形のフィールドにぴったり収めるパズルがよく知られていた。

 映画「2001年宇宙の旅」では、ボーマン船長とHAL9000がチェスを指すシーンがあったが、ここに当初はこのペントミノが使われる予定だったらしい。

 旧ソ連のアレクセイ・パジトノフ氏は、こうしたパズルをコンピューターゲーム化した。ここでは4つの正方形をつなげた図形“テトリミノ”が使われる。

 図形をフィールドの上部から落とし、アクションパズルにしてみた。そして図形で横1段を埋めたら、その段が消えるようにして、フィールドのいちばん上まで図形が積み上がったらゲームオーバーとした。

 このシステムを、ワジム・ゲラシモフ氏がプログラミングして、「テトリス」は完成したのだ。

 登場するキャラクターは、7種類のテトリミノだけ。プログラムもシンプルで、マシンパワーも必要としない。そんなソフトがイギリスのミラーソフト、アメリカのアタリなどを通じて、西側諸国でPC用ゲームとして大ヒットとなった。

画像 アーケード版「テトリス」(セガ)の、操作方法説明画面。上から落ちてくるテトリミノを移動・回転させる
画像 ファミコン版「テトリス」(ビー・ピー・エス)の画面。2段が同時にテトリミノで埋まって、消えるところ

 日本では、ビー・ピー・エスがまずPC版を発売。さらにファミコンに移植して、1988年12月22日に発売した。

 ファミコン版の特徴は、ステージクリア制をとっていること。25段消すとクリアとなり、次のステージへ進む。ステージが進むと、テトリミノの落下速度が速くなっていく。

 テトリミノがフィールドの最上段からあふれるとアウトになるが、ファミコン版では3回アウトになるまでゲームオーバーにはならない。自機が3機あるという感覚だ。

 さらにもっと大きな特徴がある。操作方法が、アーケード版やゲームボーイ版などと異なるのだ。

 十字キーの左右でテトリミノが左右に移動するところまでは同じだが、十字キーの下を押すとテトリミノが90度左に回り、Aボタンを押すと、一気に接地する。

 このためファミコン版では、途中にあいたくぼみに横からテトリミノを挿し込む場合、落下スピードを変えられないので、自然に落ちてくるのを待たなければならない。

 とはいえ、「テトリス」本来のおもしろさもあって、ファミコン版「テトリス」は、181万本ものセールスを記録した。ソ連をイメージしたグラフィックや演出は、後のゲームボーイ版などに受け継がれている。

 また、ボタン1つで一気に接地する仕様も、状況によっては便利だったので、最近の「テトリス」ではハードドロップという名で、方向キーの上に割り振られていることが多い。

画像 棒状のテトリミノを回転させようとして、誤って接地させてしまった様子。アーケード版などに慣れると、こういうミスがよく起こる
画像 最もスピードの速いSTAGE9をクリアすると、小さな人々がロシアのダンスと楽器演奏でプレイヤーをたたえる
画像 いちばん難しい、STAGE9のROUND5をクリアすると、クレムリンの奥に花火が上がる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」