チャレンジ魂:「マリオパーティ8」に挑戦(3/3 ページ)

» 2007年10月26日 00時00分 公開
[久松大介/森泰彦,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

遊んでみてそれぞれ感想をしたためてみました

1人でも多人数でも楽しめる王道ソフト(久松)

 シリーズも9作目だけあり、対戦バランスの調整はさすがの一言。6つの新マップに関しても、スタンダード、一直線、迷路タイプなど、ガラリと構成が変わるため、バリエーションが豊富に感じられた。ハナチャンカプセルがなくなったため、ミニゲームで連勝してコインをため、ハナチャンカプセルで一気にスターを取るという強引な手ができなくなったのは良調整かと。この変更点があることで、初心者でも上級者とこれまで以上に対抗できるのではないだろうか。正直COM戦はこの戦法が使えないため、苦戦させられたこともしばしばでしたが……。

 ミニゲームに関してはWiiリモコンを利用した直感的ゲームが大半となり、今まで以上に手軽に楽しめた。振る、回す、傾ける、ポインタを瞬時に合わせるといった操作が新鮮なため、どのミニゲームも今までの作品のときよりも、新作ゲームとして感じられました。

 その他、個人的に感じた良変更としては、ミニゲームが集めやすくなっている点。一度もプレイしたことないミニゲームが選ばれやすくなっているため、パーティブースとスターバトルブースを何度か遊んでいるだけで、すぐに集まるぐらいでした。

 さらに、面倒くさがりの人は、カーニバルカードでミニゲームが購入できるため、歴代作品の中ではコンプリートが一番簡単かもしれないです。ただ少し不思議だったのが、スタッフベスト記録。いつもは超ハイレベルな記録ばかりでしたが、今回は平凡な記録が多く、スタッフの人もWiiリモコンの操作に手こずったのかなあと変に勘ぐってみたり。

 1人でストイックにベスト記録に挑戦し続けるもあり、友人や家族、恋人と軽い気持ちで楽しむのもあり。今回も幅広い遊び方ができる本作は、Wiiを所持している人には欠かせない1本ではないでしょうか。個人的には海外の猛者の記録に挑戦しているときが、ものすご〜く楽しいです。

やっぱり友達みんなで遊ぶのが楽しい!!(森)

 ストイックにミニゲームのベスト記録にチャレンジしたり、黙々とカーニバルカードを集めたりするのは性に合わない筆者。マリオパーティシリーズは“パーティ”と名が付くだけに、やっぱり友達連中を呼んで、ワイワイと盛り上がりながらプレイするのが正解だと思う。まったくプレイしたことのない人でも、シンプルかつ直感的な操作でそれなりに動けちゃうのが「マリオパーティ8」のミニゲーム群のすごいところ。多少の実力差(あるいは経験の差)があったとしても、意外と初心者が勝ってしまうことが多いのだ。

 多人数で遊ぶなら、パーティブースのバトルロイヤルモードがオススメ。バトルロイヤルは、サイコロを振って出た目のマスだけ進むというスゴロク風のゲームモード。設定したターン数が終了するまでに、スゴロクを進めながら一定数のコインを集めて、スターマスでコインとスターを交換するのが目的だ。各マスには、コインが3枚もらえるプラスマスや3枚取られるマイナスマス、何が起こるか分からないハプニングマス、ドンキーコングが協力してくれるドンキーマスなど、止まることで必ず何かが起きるようになっている。良いこともあれば悪いこともあるので、1ターンたりとも油断できないのがバトルロイヤルの魅力ともいえる。

 プレーヤー全員が1回ずつサイコロを振り終えると、ターンの最後に必ず全員参加のミニゲームイベントが発生するのが、このバトルロイヤルのミソなところ。4人全員がライバルのミニゲームだけでなく、ほかのプレーヤーとコンビを組んで挑む2VS2、1人が3人を相手にする1VS3、全員からコインを集めて勝利したプレーヤーが総取りとなるバトルなど、ゲームのルールが豊富に用意されているので実力差はほとんど関係なくなってくる。とくに2VS2や1VS3では息の合ったプレイが要求されるが、パートナーやライバルがランダムに決定されるので、初心者も上級者もミニゲーム開始前からハラハラドキドキしてしまう。足を引っ張ったり引っ張られたりがほとんどだが、時には奇跡的にピタリと息が合ったプレイができてしまうから不思議である。しかも、どんなシチュエーションでも必ず盛り上がってしまうのだ。

 最終的にスターをもっとも多く獲得したプレーヤーの勝利となるが(同数ならコインを多く持っている方が勝利)、最後の数ターンで順位が大幅に入れ替わるということもしばしば。ミニゲームが抜群にうまくコインが大量にあってもサイコロ運がなければスターを獲得できないし、逆にミニゲームが苦手であっても2VS2やバトル、キャンディの効果などでしっかりとコインを稼ぐことができるからである。ゲーム終了後もプレイ結果によってスターが得られるボーナススターというコーナーが、プレーヤーを熱くさせる。ミニゲームでコインを1番多く取ったプレーヤーや、キャンディを1番多く食べたプレーヤーなどにスターが贈られるというもので、このコーナーで4位から一気に1位に成り上がるなんてことも少なくない。

 そういうミラクルが起きたときが、実はみんなが最高潮にはしゃいでしまうときなのだ。すべてを終えたときの爽快な疲労感と何ともいえない満足感を、読者のみなさんにも味わって欲しい。1人よりは2人、2人よりは3人、3人よりは4人で楽しんでもらいたいゲームである。


(C)2007 Nintendo (C)2007 HUDSON SOFT


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  4. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  5. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評