レビュー
» 2007年08月10日 00時00分 公開

マリパでみんなと、レッツパーティパーティ!「マリオパーティ8」レビュー(1/2 ページ)

9作目(GBAソフト「マリオパーティアドバンス」含む)を迎えたマリオパーティシリーズ最新作がWiiに登場。より直感的なミニゲームが70種類以上に増え、そのどれもがWiiリモコンの特徴を活かしたものばかり。今宵も楽しいパーティの始まり始まり。

[桜山憂太,ITmedia]

パーティゲームの大定番が、装いも新たにWiiに登場!

 「マリオパーティ」シリーズは、1998年12月18日にNINTENDO64で第1作目が発売されて以来、ゲームキューブやゲームボーイアドバンスでもシリーズ化、この度最新作である「マリオパーティ8」がWiiにて発売された。マリオパーティは第1作目から基本的なシステムは変わっておらず、すごろく形式のボードをプレーヤーが移動して行き、ミニゲームでの対戦などを繰り返して、クリア条件を満たすと勝利というものだ。

 マリオパーティではこの「ミニゲーム」がキモであり、さまざまな種類のものが今まで登場してきている。そのミニゲームは大きく分けて「4人用」、「1vs3」、「2vs2」、「1vs1」、「1人用」の5つ。このミニゲームが毎作ごとに手を変え品を変え、秀逸なものが数多く搭載されてきた。今作「マリオパーティ8」では前述通り、70種類以上ものミニゲームが入っている(過去作品での最高数は、マリオパーティ7の88種類)。

 今までのシリーズでは大きく変わることのなかったコントローラでの操作方法も、「8」ではWiiリモコンを使うことによって遊びの幅が大きく変わったのだ。今までもよりも直感的な操作を楽しめる「8」は、今までよりもさらにパーティ向きなゲームになったと言えるだろう。

Wiiリモコンを使ったミニゲームなので、今までよりもさらにバラエティに富んだ内容となっている。そのどれもがリモコンの特徴を活かしたもので、操作方法も単純なものが多い。各ミニゲームごとに操作方法を見ることができるので、初心者にも安心してプレイをしてもらえるだろう。ただ、一部のミニゲームでは、ヌンチャクが必要なものもあるため注意が必要だ。1人でも遊べるのがマリオパーティであるが、その本質は対戦プレイにこそある。ぜひコントローラと遊ぶ人を集めて楽しもう

バラエティに富んだ5つのモードを堪能しよう

 本作には、5つのゲームモードが入っている。それぞれの細かい内容は以下のような感じ。最初から遊べるモードは限られているので、まずは「パーティブース」か「スターバトルブース」で遊んでみよう。また、各モードで使えるキャラクターは全14種類で、一部モードではMiiの使用も可能だったりする。ただし、ゲッソーとハンマーブロスは、特定の条件をクリアしないと出現しないので頑張って探してみよう。

パーティブース

ボードゲームの要領で、サイコロを使ってマス目を進んで行くモード。1〜4人までプレイすることができて、足りない人数はCPUが対戦をしてくれる。それぞれのボード(ステージ)にはクリアの条件が決められており、一番最初にそれを満たしたプレーヤーがゴールとなる(ゴール後にも逆転勝利はあり得る)。マス目にはいろいろな効果があり、状況に応じてはミニゲームで対戦することになる。「マリオパーティ8」でもっともオーソドックスなモードと言える

スターバトルブース

1人プレイ用で、勝ち抜き戦に出場するモード。全6ステージを1vs1のバトルを行ない、最後まで勝ち抜けば「スーパースター」の称号を得られる。基本的な流れはパーティブースと同じで、ボード上をCPUと順番にサイコロを振って進み勝利条件を目指す。止まったマス目によっては、1vs1でミニゲームで対戦することや、1人でミニゲームにチャレンジすることもある

ミニゲームブース

「パーティブース」や「スターバトルブース」で遊んだ(集めた)ミニゲームを、自由にプレイが可能なモード。それ以外にも「おたのしみひろば」でカードと交換することで、ミニゲームを集める事もできる(詳細は後述)。要はミニゲームだけをただ遊ぶためのモードであり、もっともお手軽に対戦したい人向け。ただし、他のモードで集めたミニゲームに限るので、遊んでいない(集めていない)限りこのモードにミニゲームは増えていかないので注意

エクストラブース

他のモードでは遊べないミニゲームが遊べる。Wiiに入っている「似顔絵チャンネル」で作ったMiiを使って、対戦が可能。他のモードと同様に、Mii以外にもマリオなどのキャラクターも使える。また、最初に遊べるミニゲームは「ワイワイ!ボウリング」、「さがしてトライアル」、「ニューはたあげヘイホー」、「ハイスピードレース」の4つだが、条件を満たすとミニゲームは増えて行く

おたのしみひろば

カーニバルカードで、カーニバルフィギュアやミニゲームと交換できる場所。それ以外にもさまざまな要素が入っているため、まさに「おたのしみ」と言ったところ。カーニバルカードは、パーティブースやスターバトルブースで対戦をしたり、エクストラブースでミニゲームをプレイすることでも入手できる。いろいろなモードで遊んでいれば、自然とカードは溜まっていくだろう
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  7. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  8. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  9. /nl/articles/2108/04/news086.jpg パパから5歳娘へ「もし車に閉じ込められたら、クラクションを鳴らして」 注意喚起する漫画に「目からウロコ」「早速教えます」の声
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する