レビュー
» 2007年11月22日 00時00分 公開

“ATで戦場を駆ける感覚”を再現した良作――「装甲騎兵ボトムズ」「装甲騎兵ボトムズ」レビュー(1/2 ページ)

リアルロボットアニメの傑作「装甲騎兵ボトムズ」。そのTVシリーズをゲーム化した今作は、“ATで戦場を駆ける感覚”を再現した良作に仕上がっている。もちろん、ボトムズの代名詞にしてロボット対戦格闘ゲームのオリジナル・イメージソースというべき「バトリング」も熱い。単なるキャラクターゲームと侮るなかれ!

[小形聖史,ITmedia]

最低野郎(ボトムズ)が満を持してPS2に登場


 2007年11月15日に発売された「装甲騎兵ボトムズ」は、1983年〜84年に放映された同名のTVアニメを原作とした、いわゆるキャラクターゲームだ。リアルロボットアニメの傑作として今なお多くのファンを引きつけてやまない作品だけに、ファンが思わずニヤリとしてしまう要素や演出がちりばめられているのは言うまでもない。

「なんだ。よくある“ファンしか買わないキャラゲー”か」――と思ったあなた。判断を下すのは早すぎる。

 確かにグラフィック的なところは、PS2であることを差し引いても、不満に感じるところが多い。操作性についても、同種の他のゲームと比べた場合、引っかかりを覚えるところが幾つかある。だが、今作はファンを納得させるクオリティを保ったまま、アクションゲーム単体としても魅力のあるものに仕上がっているのは事実なのだ。

充実しているファンサービス

ゲームのオープニングはファン必見。TVシリーズのオープニングがフルCGで再現されている。ゲーム中には、あのシーンも同クォリティでCGムービー化されている

 まずはキャラクターゲームとしてのファンサービスのところから見ていこう。

 すでに述べたとおり、今作にはTVシリーズを知るファンであれば思わずニヤリとしてしまう要素や演出が随所にちりばめられている。フルCGで再現されたTVシリーズのオープニング、ロード画面で入るTVシリーズそのままのタイトルコールやアイキャッチ、後述する「ミッション」のタイトルも、その多くがTVシリーズ各話のものがそのまま使われているのだ。

 さらに今作では、「ストーリーミッション」というものを始める前と後に、TVシリーズのセル画を使いながら、物語のあらすじが語られている。語り部はなんと主人公のキリコ本人。彼の視点からボトムズのストーリーが語られるというだけでも、ファンなら絶対に押さえておきたい要素だろう。

ストーリーミッションで挿入される物語のあらすじ。フリーミッションでも、ウィンドウ内でのキャラの掛け合いという形で雰囲気を盛り上げている

 しかも今作は、TVシリーズを完全ゲーム化した初の「ボトムズ」ゲームでもある。4クール放映されたTVシリーズと同様、退廃的な近未来都市を舞台にした「シナリオ1 ウド編」、東南アジア的なジャングルや古代遺跡を舞台にした「シナリオ2 クメン編」、宇宙をキーワードとした「シナリオ3 サンサ編」、中東的な砂漠地帯などを舞台にした「シナリオ4 クエント編」という特徴的な“戦場”が用意されているばかりか、クエント編をクリアすると「シナリオEX」として、キリコを主人公とする「野望のルーツ」、「ザ・ラストレッドショルダー」、「ビックバトル」、「赫奕たる異端」、「ペールゼン・ファイルズ」に基づいたミッションも登場。ファンとしては文句の言いようがない構成と言っていいだろう。

 無論、ゲーム中に登場したAT、キャラクター、BGM、ムービーなどを鑑賞できる「ギャラリー」も用意されている。ひとつ残念なのは、「ATギャラリー」での鑑賞中にATを動かせないところだ。やはり座らせたところも鑑賞したいというのがファン心理というもの。ATはボトムズの“華”であるだけに、ATギャラリーはもっと無意味なくらい凝って欲しかった……というのは、オールドファンの無いものねだり?

「ギャラリー」は全体的にシンプルなデザイン。「ATギャラリー」も同様であり、ここでATを動かすことはできない
コレクション要素もあるMD(ミッションディスク)を一括管理する「ミッションディスクギャラリー」。ファンならディスクの名前と対応ATを見るだけでニヤニヤできること間違いなし

数々のミッションに挑戦するシナリオモード

 今度はゲーム性を見ていこう。

 1人プレイ用の「シナリオモード」は、マス目で表示されているミッション一覧からプレイするミッションを選び、これをクリアしていくことで、資金やAT、必殺技的な行動を可能にするMD(ミッションディスク)などを入手しつつ、新たなミッションを選択可能な状態にしていく、という形で進んでいく。

 ミッションには「ストーリーミッション」と「フリーミッション」があり、そのシナリオのストーリーミッションをすべてクリアすると、新たなシナリオが選択可能になる。つまり、エンディングを見たいだけなら、ストーリーミッションだけを遊び続ければ良いというスタイルになっているのだ。ただ、ミッションの中にはシナリオモード全体のミッション達成率が一定以上でないと選べないものもあるため、あとになればなるほど、ある程度のフリーミッションをクリアしておく必要性に迫られてくる……が、このあたりはそれほど重要な話でもない。本題はミッションの中身、アクションゲームとしての面白さについてだ。

画像は「シナリオ2 クメン編」の「ミッションセレクト」画面。ミッションをクリアした時の総合評価も参照できる
ミッションによってはATではなく、そのパイロットであるキリコを直接操作する場合もある
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声