喜屋武さん、これ罰ゲームになってませんよ?「喜屋武さん、これできますか?」(その7)(2/2 ページ)

» 2008年02月29日 01時47分 公開
[喜屋武ちあき/ITmedia +D Games,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 「ええ、楽しかったけどなに? 文句ある? べ、別にあんたのために一緒に行ったんじゃないんだからね!」と、ツンデレ風に書き始めたところで、ごまかされるわけもなく……。意外(失礼)と面白かったんですよねー。しかし、喜屋武さん、ちょいちょいおっさんくさいです。寒いからと女の子の真ん中に入っていったら多分捕まります。その前に何かに負けそうになります。

 喜屋武さんがあんまりなテンションで書いているので、内容がよく分からないと思います。そもそも「チョッキ」とか「満点ヒップ」とか意味が分かりません。そこでちょっとだけ補足しておきますね。

 イベントは、咲彦役の宮野真守さんの歌う「幕末恋華・花柳剣士伝」のオープニング曲「天壌無窮」で始まりました。ここから相馬役の松風雅也さんと、陸奥役の谷山紀章さんが加わり、寸劇に流れていく(寸劇は昼の部と夜の部とで内容が変わる)。谷山さんのみ台本を持って登場し、前日の稽古が台なしだといじられる。そして、松風さんによる歌「探」を経て、朗読劇に。

 「新春★大争奪戦! これは、夢か現か幻か!?〜」と題された朗読劇では、集まってくれた来場者に向けて「恋の告白」を行うという内容。その後は、トークショウや幕末クイズなどで出演者一同が登場した。

 この幕末クイズにおいて飛び出したのが、喜屋武さんも触れている「チョッキ」と「満点ヒップ」。出演者の羽多野さんが偶然、チョッキ(ベスト)を着用していたことをみんながいじりはじめ、以後、羽多野さんが「チョッキ」と呼ばれることに。そして、このクイズの罰ゲームとして「気になる異性に自分をアピールするときに取る行動やセリフとは?」という質問に、困った谷川さんがとっさにチョッキ(羽多野さん)に「満点ヒップ!」と、ヒップを鷲づかみにするという謎のアピールをしたのが大ウケで会場が大爆笑の渦に。

 イベントも終盤にはそれぞれが歌い、プレゼント抽選会をもって終了となった。この日の模様はDVDとして発売されるらしく、「チョッキ」と「満点ヒップ」も収録されるものと思われます。

チョッキと満点ヒップに会場大爆笑

うっとり歌に聞き惚れる喜屋武さん

 いやぁ何が驚いたかって、喜屋武さんのテンションの高さに驚きました。なんせ、いつも我々の前ではあからさまにローテンションなのに、スキップしてんだもの。しかも接待ってことまったく忘れているんだもの。

 ただですね、いいようにとらえると、自分が好きなものを共有したいといういじらしさに思えなくもありません。というか、そういう風にとらえないと、なんだかワケの分からない呼び出しを受けたことになるじゃないですか。流れをまとめるとこんな感じ。

勝負で不戦勝→喜屋武さんが罰ゲーム決定→喜屋武さん反省→我々を接待したいと喜屋武さん→声優イベントにみんなで参加→?

 ね、おかしいでしょ? 接待まではいいとしても、そこからイベント参加に飛ぶのがワケ分からない。そもそも、この不定期連載のタイトル、「喜屋武さん、これできますか?」ですよね? 喜屋武さんができないといけないわけですよ。なんで我々が挑戦してるんですか? 軸がぶれてきてんなーとは思っていましたが、ついにはタイトルにすら当てはまらない取材をしているじゃないですか。これじゃあ、「喜屋武さんと愉快な仲間たちによるよもやま話」です。なんて毒にも薬にもならない内容なんだ。

このコーナーは、いつも行き当たりばったりでお送りしております!

 胸張って言うことではありませんが、ゲームに関連していること以外は、なんでもありな連載になっていることをここに宣言します(2008年「適当宣言」発布)! あ、そんなのはじめからでしたか。失礼しました。なんにしろ面白ければいいのです。喜屋武さんと愉快な仲間たちは、何をやっても許してくれる取材先を広く募集しております。


終演後、イベント参加者と心をひとつになれたことに感謝する喜屋武さん

 さて実際、こうした女性向けのイベントは取材で何度か行っているため、分かっている気にはなっていました。しかし、今回改めて参加してみて思うのは、出演者とファンの距離の近さと、会場全体で盛り上がる空気感の実に温かいということ。これは音楽でも芝居でもお笑いでも感じられることですが、“声優”という仕事でありながら、実際にステージに立ち、会場を盛り上げるにはそれ相当の声優とは違う、範疇外の力量が必要なのではないでしょうか? そのことを改めて気づかせてもらえたイベントでした。喜屋武さん、そういう深い意味があったのなら、ありがとうございました。でも、その帰り道のスキップを見る限り……ないな。ないない。

 ちなみに喜屋武さんから次のイベントのお誘い受けていますが、それはそれこれはこれ。丁重にお断りさせていただきます。とかいいつつ、また行きそうな予感もします。

 なんて締めようと思ったら、喜屋武さんからそっと手紙が渡されました。フラグキター! とか純粋に思えたらいいのですが、残念ながら相手は喜屋武さんです。悲しいかな、不幸の手紙に違いありません。そっとその手紙を覗いてみると……「劇団ショートケーキ」!? はれ?

 はい、告知で〜す。喜屋武さん、どうやら舞台に立つそうです。なるほど、そのための勉強も兼ねてたわけですか。これは強制呼び出しということでしょうか? 別のフラグ、キター!

「劇団ショートケーキ」公演情報

  • 日時:3月8日(土)昼の部/午後2時開場(開演午後3時)、夜の部/開場午後5時〜(開演午後6時)
  • 会場:原宿アストロホール
  • チケット(税込):前売4000円、当日4500円
  • 出演タレント(敬称略):大原かおり、佐藤寛子、嘉陽愛子、吉木りさ、さいきあさ、加藤沙耶香、喜屋武ちあき、次原かな、杉原杏璃、吉川麻衣子、堂上静華、島野亜希子、三井保奈美、野田彩加、香島アヤ、星野加奈、松本亜希、ローラ・チャン他

 チケット申し込みはこちら

  • 喜屋武ちあき
  • 身長:158センチ
  • 血液型:0型
  • 趣味:スケート
  • 特技:水泳

ゲームとアニメをこよなく愛するタレント。マナーと数字を克服して、女を上げ、さらには自分が何者なのかココロと向き合いました。その後の接待プレイがよくなかったのか、ここにきてまたやりやがった喜屋武さんは、次回、何をするんでしょうか? 編集はいつも無策ですので広く心優しい取材先を募集しております。

さて、喜屋武さん。罰ゲーム、なくなったわけではありませんよ?


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評