レビュー
» 2008年03月05日 00時00分 公開

プロデューサーさん! 今度は応援ですよ、応援!!――リズムゲームも楽しめる「アイマス」が登場「アイドルマスター ライブフォーユー!」レビュー(1/3 ページ)

Xbox 360を代表するソフトに成長した「アイドルマスター」の新作がついに登場。より手軽にライブをコーディネートでき、ついでにリズムゲームも楽しめる。何はともあれ、さっそく遊んでみました。

[いたばしP,ITmedia]

1年間で大きな歩みを見せた「アイドルマスター」

 今から約1年前の2007年初頭、Xbox 360版「アイドルマスター」がデビューした。ゲームの内容は当時のレビューを見ていただくとして、注目したいのは、衣装を初めとした追加ダウンロードコンテンツ(以下、DLC)が大きな人気を集めたことだろう。発売日から継続的に配信され続け、実に12月まで新作が毎月登場したのである。

 また、数多くの動画配信サイトで大流行したのも見逃せない点だ。本作の間口を広げ、また1年間という長期間にわたって作品を盛り上げ続けることに貢献したのは、間違いないだろう。有志による作品の数々で、アイドルたちの新しい魅力が引き出されたのも面白く、筆者も大いに楽しませてもらっている。

 また、他のバンダイナムコゲームスタイトルとのコラボレーションもたくさん行われた。Xbox 360では「ビューティフル塊魂」で新曲「団結」が収録されたり、「エースコンバット6 解放への戦火」ではアイドルたちが描かれた特別機体が配信されたり、などなど。とにかく、ゲーム単体のみならず、多方面から色々と盛り上がっていったのである。ちなみに筆者はXbox 360版からデビューし、最初は美希ファンだったのだが(長いので中略)、“白春香”サイコー!

 というわけで、約1年前のゲームであるにも関わらず、全く古さを感じない「アイドルマスター」。その新作「アイドルマスター ライブフォーユー!」(以下「L4U!」)が、このたび登場した。

 今作の舞台は、アイドルたちが出演するライブの一幕。プレイヤーは前作のプロデューサーではなく、ファンの代表である「ファン代表プロデューサー」となって、アイドルたちのライブをプロデュースすることとなるのだ。

画像 今作でのプレイヤーの立場は、ファン代表プロデューサー。名前はもちろんカスタマイズ可能だ
画像 ゲームの目的は、ライブを盛り上げること。「応援」や「撮影」で、ライブを楽しみながら盛り上げていく

いよいよライブ! ……の前に小鳥さんがッ

 というわけで、早速ゲームスタート。まずは前作と同様、アイドルたちのユニットを組むことになる。前作では、ゲームを進めなければ複数人のユニットを組むことはできなかったのだが、今作ではいきなり3人までのユニットを組むことが可能だ。複数人のユニットを組む場合は、最初に選んだキャラクターがメインの扱いになる。

 ちなみに登場アイドルは、前作と同様に10人。ただし、双海 亜美・真美およびショートカットの美希(いわゆる“覚醒美希”)は別枠扱いとなったため、選択できるのは総勢12キャラクター。

 ユニットを作成したら、メインとなるアイドルとの出会いが描かれる。ここで注目したいのは、小鳥さんが登場すること! 今作ではゲーム中のナビゲート役として、プレイヤーを色々手助けしてくれるようだ。

画像 今作では亜美・真美のセットではなく、いずれかを独立して選択することが可能。ちなみに亜美と真美は同時に選択できないようだ。残念
画像 ゲーム中は小鳥さんがナビゲート。リズムゲームの結果によってコメントが変わるようだ。ちなみに主人公は、小鳥さんのスリーサイズを尋ねたり、デートに誘うなど、割とやんちゃな行動が目立つ

 ちなみに小鳥さん(音無小鳥、通称ピヨちゃん)とは、公式サイトのナビゲートキャラクター。765プロダクションの事務員という設定ながら、ライブなどで司会を務めたりと、露出の割にはかなり人気が高い名脇役だ。ゲーム本編では今回が初登場となる。

 今作では、とにかく小鳥さんがよくしゃべる。ライブ前の設定画面の解説からライブ後の評価、ゲームを起動せずに放っておくと流れるアドバタイズデモの解説など、いたるところで出演するのだ。ちゃんと調べたわけではないのだが、新規ボイスはたぶん彼女が圧倒的に多いだろう。

 さて、そんな感じで小鳥さんにナビゲートされながら、メインアイドルたちとの顔合わせが行われる。当然ながら顔合わせは新規イベントで、アイドルごとに個性がかいま見られるイベントが楽しめるのだ。ただ、尺は短いので、もうちょっと色々イベントを見たいナー、と思うのが正直なところではある。

画像画像 顔合わせイベントは、同じアイドルでも数パターンあるようだ。どのイベントも、ついニヤニヤしてしまうような内容デシタ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」