プロデューサーさん! 今度は応援ですよ、応援!!――リズムゲームも楽しめる「アイマス」が登場「アイドルマスター ライブフォーユー!」レビュー(1/3 ページ)

Xbox 360を代表するソフトに成長した「アイドルマスター」の新作がついに登場。より手軽にライブをコーディネートでき、ついでにリズムゲームも楽しめる。何はともあれ、さっそく遊んでみました。

» 2008年03月05日 00時00分 公開
[いたばしP,ITmedia]

1年間で大きな歩みを見せた「アイドルマスター」

 今から約1年前の2007年初頭、Xbox 360版「アイドルマスター」がデビューした。ゲームの内容は当時のレビューを見ていただくとして、注目したいのは、衣装を初めとした追加ダウンロードコンテンツ(以下、DLC)が大きな人気を集めたことだろう。発売日から継続的に配信され続け、実に12月まで新作が毎月登場したのである。

 また、数多くの動画配信サイトで大流行したのも見逃せない点だ。本作の間口を広げ、また1年間という長期間にわたって作品を盛り上げ続けることに貢献したのは、間違いないだろう。有志による作品の数々で、アイドルたちの新しい魅力が引き出されたのも面白く、筆者も大いに楽しませてもらっている。

 また、他のバンダイナムコゲームスタイトルとのコラボレーションもたくさん行われた。Xbox 360では「ビューティフル塊魂」で新曲「団結」が収録されたり、「エースコンバット6 解放への戦火」ではアイドルたちが描かれた特別機体が配信されたり、などなど。とにかく、ゲーム単体のみならず、多方面から色々と盛り上がっていったのである。ちなみに筆者はXbox 360版からデビューし、最初は美希ファンだったのだが(長いので中略)、“白春香”サイコー!

 というわけで、約1年前のゲームであるにも関わらず、全く古さを感じない「アイドルマスター」。その新作「アイドルマスター ライブフォーユー!」(以下「L4U!」)が、このたび登場した。

 今作の舞台は、アイドルたちが出演するライブの一幕。プレイヤーは前作のプロデューサーではなく、ファンの代表である「ファン代表プロデューサー」となって、アイドルたちのライブをプロデュースすることとなるのだ。

画像 今作でのプレイヤーの立場は、ファン代表プロデューサー。名前はもちろんカスタマイズ可能だ
画像 ゲームの目的は、ライブを盛り上げること。「応援」や「撮影」で、ライブを楽しみながら盛り上げていく

いよいよライブ! ……の前に小鳥さんがッ

 というわけで、早速ゲームスタート。まずは前作と同様、アイドルたちのユニットを組むことになる。前作では、ゲームを進めなければ複数人のユニットを組むことはできなかったのだが、今作ではいきなり3人までのユニットを組むことが可能だ。複数人のユニットを組む場合は、最初に選んだキャラクターがメインの扱いになる。

 ちなみに登場アイドルは、前作と同様に10人。ただし、双海 亜美・真美およびショートカットの美希(いわゆる“覚醒美希”)は別枠扱いとなったため、選択できるのは総勢12キャラクター。

 ユニットを作成したら、メインとなるアイドルとの出会いが描かれる。ここで注目したいのは、小鳥さんが登場すること! 今作ではゲーム中のナビゲート役として、プレイヤーを色々手助けしてくれるようだ。

画像 今作では亜美・真美のセットではなく、いずれかを独立して選択することが可能。ちなみに亜美と真美は同時に選択できないようだ。残念
画像 ゲーム中は小鳥さんがナビゲート。リズムゲームの結果によってコメントが変わるようだ。ちなみに主人公は、小鳥さんのスリーサイズを尋ねたり、デートに誘うなど、割とやんちゃな行動が目立つ

 ちなみに小鳥さん(音無小鳥、通称ピヨちゃん)とは、公式サイトのナビゲートキャラクター。765プロダクションの事務員という設定ながら、ライブなどで司会を務めたりと、露出の割にはかなり人気が高い名脇役だ。ゲーム本編では今回が初登場となる。

 今作では、とにかく小鳥さんがよくしゃべる。ライブ前の設定画面の解説からライブ後の評価、ゲームを起動せずに放っておくと流れるアドバタイズデモの解説など、いたるところで出演するのだ。ちゃんと調べたわけではないのだが、新規ボイスはたぶん彼女が圧倒的に多いだろう。

 さて、そんな感じで小鳥さんにナビゲートされながら、メインアイドルたちとの顔合わせが行われる。当然ながら顔合わせは新規イベントで、アイドルごとに個性がかいま見られるイベントが楽しめるのだ。ただ、尺は短いので、もうちょっと色々イベントを見たいナー、と思うのが正直なところではある。

画像画像 顔合わせイベントは、同じアイドルでも数パターンあるようだ。どのイベントも、ついニヤニヤしてしまうような内容デシタ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評