今度の舞台は江戸時代!――極道から剣豪へと大きく変わった最新作が登場「龍が如く 見参!」レビュー(2/3 ページ)

» 2008年03月14日 14時08分 公開
[天野テツヤ,ITmedia]

今明かされる、桐生一馬之介の衝撃の過去!

 無事にツケの回収を終え、伊東さんと別れたところで、お約束のムービー開始。ストーリーの本筋に関わるイベントが起こると、常にやや長めのムービーが挿入されることも「龍が如く」シリーズの特徴だ。男くさく、アダルトなストーリーをじっくり楽しめる、というわけなのだ。

 このムービーに登場する少女は、シリーズをプレイした経験がある人にはおなじみの、遥がベースになったキャラクター。桐生と遥という、シリーズ通しての重要キャラクターを、そのまま時代を移して持ってきているのだ。このあたりは、シリーズのファン向けになじみやすい設定となっており、作り手の思い入れや遊び心が垣間見えるポイントだろう。

 さてその少女だが、金さえ払えばなんでも引き受けるという桐生に、「親兄弟の仇である“宮本武蔵”を殺してほしい」と依頼し、ストーリーは急展開。ここで章が変わって桐生の回想となり、実は「主人公の桐生こそ、宮本武蔵その人だった」ということが判明するのだ!

 剣豪として伝説化された宮本武蔵の異聞は数あれど、これはかなり斬新な着眼点。次の展開はどうなるんだ……と思っていると、武蔵が道場で弟子に稽古をつけ、そこに徳川家に使える剣士・丸目長恵なる人物が訪ねてくるシーンに突入する。

 この丸目の声、なにやら聞き覚えがあるなあ、と気になっていると、次のシーンで顔のアップが。そこで思わず「竹中直人じゃん!」と叫んでしまった。寺島進といい、竹中直人といい、本格派の役者を声優として起用をするのは「龍が如く」シリーズの伝統だ。前2作にも渡哲也や舘ひろしらが声優として起用されているが、本作では顔のモデリングもそのまま本人なのがポイント。本当にそのままなので、「おおっ!」と声が出ること間違いなしだ。

桐生を頼って現れた少女の風貌は、シリーズのレギュラーである遥的な位置づけ。ちなみにCVは釘宮理恵
右が丸目。なんというか、まんま竹中直人である。あまりのクリソツっぷりにちょっと笑ってしまった

 そして、ここにきてようやく「見参!」ならではの剣戟アクションが可能になる。とはいっても実戦ではなく、武蔵が弟子に稽古をつけるという形でのチュートリアルだ。先のステゴロバトルと同様、このチュートリアルもやっぱり長めで、剣戟戦闘における基本操作を、くどいほど繰り返すことに。基本を練習するのは大事だけど、やっぱりテンポが悪いなあ……。

 ひととおりの練習が終わると、丸目から任務に耐えられるか試験を受けろと言われる。「見事任務に成功した暁には、剣術指南役に推挙する」と言われた武蔵は、任務の内容もわからぬままに提案を受け、試験、つまり丸目との勝負に挑むことになる。

 ここでお待ちかねの、本格的な剣での戦闘が楽しめるというわけだ。さきほど覚えた剣の技を、思う存分振るってやる! と意気込んだものの、この丸目が強いこと強いこと。ほとんどスキがなく、半端な打ち込みはすべて防御されてしまう。さらに、防御で弾かれて体勢が崩れたところを容赦なくバッサリ。

プレイヤーのトラウマになり兼ねないほど強かった丸目長恵。この戦闘を経験しておけば、相手の行動のスキを見極めて打ち込むのが重要だというのがよく分かる

 あれ、もしかして筆者ってすごいヘタなのか!? と死亡寸前で自信を失くしかけたところで、いきなりムービーに切り替わる。どうやらストーリー上、負けて当たり前の戦闘だったらしい。というか、ほかの剣士もこんなに強かったらクリアできないって。

 こうして、徳川勢と豊臣勢、日本全国の諸大名が東西に分かれての大決戦をする、あの「関が原の戦い」における極秘任務に参加することになった武蔵。まずは宿舎で“人斬り五六八”の異名を持つ真島五六八との喧嘩で腕試しをすることに。

 真島は、動きこそ素早いが、丸目と比べれば斬撃の威力も劣るし、切り込んで来るためスキもある。防御とスウェイでの回避を交えつつ、トリッキーな動きにカウンターで攻撃を当てていけば楽勝だ。この戦いで、筆者がヘタなんじゃなくて、丸目が手堅くて強すぎただけじゃないか、と大いに自信を回復。これが作り手の意図だとすると、してやられた感もしないでもないが(笑)。


通常の戦闘では、基本的に多人数の敵と切り結ぶことになる。うかつに強力な攻撃を繰り出すと、ガードされたり硬直に連撃をくらうことも多い

 いかにも悪そうな天海との対面を終え、裏切り者の暗殺役に選ばれる武蔵と真島。ここからチャンバラっぽい屋敷の襲撃がスタートする。真剣での実戦が初めてなのは、武蔵も筆者もいっしょ。斬られたら一撃で死にかけるんじゃなかろうか、などと思ったが、実際はそんなことはないので一安心。ヒートアクションを使わない限り、敵も自分もそんな簡単には死なないものの、何しろ相手は数が多い。大味に攻め込んでいれば、あっという間に体力がなくなってしまう。

 真島がNPCとして戦ってくれるので楽はできるが、切り込んで“俺って強ぇー!”な戦いができるわけではない点が、ちょっと目新しい。剣戟アクションとしては豪快さと緊張感のバランスがほどよい感じだ。並み居る護衛を倒し、暗殺対象の元にたどり着くとワケありっぽいムービーが挿入されて任務完了。あれ、そういばこの章って武蔵の回想だったはずだけどやけに長いなあ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」