炎のコマはここから生まれた「ギャラクシーウォーズ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

連載第59回は、「ギャラクシーウォーズ」(ユニバーサル)。スペースインベーダーやギャラクシアンに比べると、やや知名度の低いゲームですが、あの必殺技“炎のコマ”を生んだゲームとして名を残しています。ゲーム自体も当時としては個性的でした。

» 2008年04月21日 15時50分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

あらしとギャラクシーウォーズが出会った場所

画像 今回の画面写真は、1995年にイマジニアから発売された、スーパーファミコン版のものを使用した

 今回取り上げるゲームは「ギャラクシーウォーズ」。1979年にユニバーサル(現・アルゼ)から発売され、ポスト・インベーダーゲームとして期待された。

 1970年代末から1980年代初頭のゲームを語る際、マンガ「ゲームセンターあらし」(すがやみつる作)に触れないわけにはいかないだろう。ほかに何も取り柄がないがゲームをやらせりゃ世界一という少年、石野あらしを主人公にした、コロコロコミック初期のヒット作だ。

 さまざまな挑戦者と、「スペースインベーダー」(タイトー)で対決してきたあらし(第1回のみ、ブロック崩しの「スーパーブロック」)だが、あるとき“テレビゲームマシンショー”に招かれ、そこで新しいゲームに出会う。それこそが、当時登場したばかりの「ギャラクシーウォーズ」だった。

 あらしは巨大スクリーンでこのゲームをプレイするが、強風でスクリーンが揺れて苦戦。しかし観衆がスクリーンのロープを支えてばたつきを抑えた。彼らの協力を受けて、あらしは33面をクリア。「GIVE UP」の文字を出している。

 なお、登場人物のセリフの中では“テレビゲームマシンショー”となっているこのイベントだが、1コマめに出てくる会場の入口には、“第17回アミューズメントマシンショー”と書かれていた。アミューズメントマシンショー(AMショー)は、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)が主催する実在のイベント。

 JAMMAのサイトで調べてみたら、第17回AMショーは1979年に行なわれている。場所は東京国際貿易センター新館。つまり晴海の見本市会場だ。コミックマーケット(コミケ)の会場としても知られていた場所だが、1996年に閉場となり、その役割は東京ビッグサイトに引き継がれている。

 あらしが初めて「ギャラクシーウォーズ」と出会った、その場所へと行ってみた。当の新館も含め、見本市会場の建物はすべてなくなっていた。跡地の半分は清掃工場となり、もう半分は、現在東京都が招致活動をしている、東京オリンピックのスタジアム建設予定地となっていた。

画像 当時の最寄り駅だった豊洲から歩いてきたが、思っていた以上に遠かった。コミケのときはこんな距離を歩いて来てたんだ
画像 空き地の向こうに、晴海客船ターミナルと、レインボーブリッジが見える
画像 近くには晴海トリトンスクエアがある。見本市会場が閉場してからかなり後の2001年にオープン

左右から隕石が、上からはUFOの攻撃が

 「ギャラクシーウォーズ」は、左右に動くUFOを撃つゲーム。「スペースインベーダー」と違うのは、プレイヤーがミサイルを操作することだ。レバーの左右と、ジェット噴射ボタンでミサイルを誘導して、UFOからの攻撃と、隕石の群れをかわしながら進み、UFOを撃つ。ミサイルがUFOに当たる前に、UFOの弾や隕石に当たるとミスとなる。

 隕石地帯では、上から来る敵弾をかわすだけでなく、左右から来る隕石を避けて、しかも自ら上に進まなくてはならない。「スペースインベーダー」で“上から来る敵弾をかわす”というアクションが登場したばかりの当時、このゲーム性は斬新だった。

 隕石地帯をすり抜けると今度は、UFOを狙ってミサイルを当てるという、別のゲームと化す。1つの画面に2つのステージが、無理なく収まっているのだ。

 UFOの底の突起にミサイルを当てると、高得点。しかし当たる寸前に、そのUFOが弾を撃ったら避けられない。角度によってはUFOの弾をはじいて消すこともできるが、リスクが高い。

画像 UFOが常に一定方向に動くのに対し、隕石は両端で折り返しながら、徐々に下の段へと下りてくる
画像 UFOの突起に狙いを定める。このとき進行方向側の突起を狙えば、UFOの弾に当たりにくい
画像 ミサイルがUFOの突起に見事当たると150点。2面では250点、3面では350点と、ステージが進むごとに得点が増える

 さらに、1面につき1つ、ボーナスUFOが存在する。第1面では4機め、第2面では5機め……のUFOの突起に命中させると、通常の150点ではなく、600点ものボーナス点が入るのだ。ボーナスUFOの突起を狙うときは、ほかのUFOより一層慎重になる。当てて600点が取れればうれしいし、ちょっとずれて100点になってしまうと悔しい。

 ただしステージを進めるごとに、ほかのUFOの得点も上がっていく。5面以降は普通のUFOでも、突起に当たると550点入るので、ボーナスUFOの存在意義は薄くなっていった。

画像 600点UFOは、1つのステージに1機だけ。序盤はほかのUFOの得点が低いので、600点が出るとうれしい
画像 角度が合えば、UFOの弾をミサイルではじくことが可能。狙ってこれができるようになれば大したもの
画像 隕石はUFOの弾を防ぐ。隕石の陰に隠れて弾をやり過ごすテクニックも重要
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評