連載
» 2008年05月20日 12時00分 公開

進化しようという姿勢を持って“てっぺん”を目指せ――セガ 鈴木裕氏(後編)ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その1)(1/3 ページ)

新連載「ヒライタケシの『投げる前から変化球』」第2回目は、前回に引き続きセガの鈴木裕氏にご登場いただく。日本のゲームクリエイターの質は変わってきているのか? それとも自らが変革を求めなくなったのか?

[ヒライタケシ/ITmedia +D Games編集部,ITmedia]

 新連載「ヒライタケシの『投げる前から変化球』」第2回目は、前回に引き続き、セガ R&Dクリエイティブオフィサーであり、AMプラス研究開発部 部長の鈴木裕氏と、キューエンタテインメント最高技術責任者(CTO) 平井武史氏との対談をお届けしよう。

(前編はこちらへ)


画像 キューエンタテインメント最高技術責任者 平井武史氏(左)、セガ R&Dクリエイティブオフィサー AMプラス研究開発部 部長 鈴木裕氏(右)

ユーザーはイノベーションを求めなくなった?

平井武史氏(以下、敬称略) 昔のエンジニア、昔っていう表現もおかしいんですけど、かつてプログラミングの第一線で活躍されていた方から見て、今のエンジニアの考え方や移り変わりってどう思われますか。何となく、ゲームという分野では、日本が時代を席巻していたはずなのに、後追い技術に変わっているように見えます。特に日本のエンジニアはそういう風に思うんですが。裕さんはなぜだと思いますか?

鈴木裕氏(以下、敬称略) チャレンジャブルじゃなくなってきてますよね。

平井 先ほども話していたように、やっぱり、日本の教育文化も含めてですかね。

鈴木 日本の教育文化もありますよね。国民性もあるし、いろいろあると思いますよ。

平井 今は日本のゲーム市場も、世界の市場規模のシェアで言うと、かつての1/3から1/5程度に変わってきてますけど、どっちかというと海外のゲームの方が注目されているように思えます。

鈴木 日本人は磨くのがうまい国民性だと言いますよね。「0」から「1」じゃなくて、「1」からなにかを生み出すという。だから最初にコンピュータを発明したのは日本じゃないですよね。ゲームというのはコンピュータの上で動きますから、僕はコンピュータ文化の1つだと思っているんです。日本では、コンピュータを使って、新しいゲームなり何なりを作りましょうという話になっていて。「電子遊戯」というように、トランプや花札から、コンピュータを使った遊びになってきたっていう。それが8ビットマシンであれ、小さなメモリであれ、そういったパーツやら、いろいろなものが日本に入り、それをゲーム用に利用するというところが、日本人は優れていたんでしょうね。まずは。

 そこで進化してきたわけですが、もちろん最初のゲームはアメリカ発ですよね。例えばテキストアドベンチャーができて、RPGができてという中で、「タイムマシン」や「ウィザードリー」、もっと古くは「ステディーハウス」などいろいろなものが出てきた。そのシンメトリータイプとして“脳トレ”みたいなものも登場した。その中で結局、ゲーム機、コンピューターが最も不得意だったのがグラフィックスだったんですよ。しかもインタラクティブというのが最も不得意だったんです。“7セグ”っていう、数字を1、2、3って出すのがやっとだったんですよ、最初は。

 最終的にはゲームっていうのはビジュアルが重要じゃないですか。ビジュアルが進化すればするほど、新しいゲームが売れたんですよ。だから要は、その「1」を「10」にするっていう部分の“ビジュアル”というものがなかったんですよ。すごい素材があって、それをどんどん磨いていく作業、例えばどんどんイチゴを美味しくしていくような仕事というか。日本よりおいしいイチゴは恐らくないでしょうし(笑)、メロンもないし、ブドウもないし、という話もありますよね。

 こうした“イノベーション”が言われている中で、ICの集積技術を向上させたように、新しいものは発明しないけど、安く、大容量のメモリで、速いものを作るのは得意ですよね。そのイノベーションに乗って、グラフィックスが進化したと。そこまではよかったんですね。そこで13年前に世界のゲームシェアを80%も席巻したという話があって。

 そこでは(ゲームを作るのに)日本人が向くのか、アメリカ人が向くのか、ヨーロッパが向くのか……。どこの国が向くとか、向かないとかいう話ではないわけです。新しいんですね、全てが。過去に文化がないものをどんどん投入してきたから、日本から新しいものが上がってくれば世界中に流れる。だから8割席巻したんですね。そしてある程度、ビジュアルが向上して、音もCDをそのまま再生できるようなPCMサウンドというクオリティにまでなって。簡単に言うと、DVDの音が再生できる程度までくると、インタラクティブでもノーインタラクティブでも、ユーザーにとって映画みたいに見れちゃえば、満足できる域に達してしまったんですよね。

 そこらの差は何かっていうと、ゲーム性でしかないですよね。ある種もう、満足しちゃったんですよ、ユーザーが。満足しちゃって、ここから先は今度はマーケットの手法ですよね。映画からコンテンツを全部ゲームに持ってきたりとか。だから日本は技術のイノベーションに挑めなくなったんですよ。技術的に進歩させても、ユーザーが別に欲しがってないですね。「プレイステーション 2ぐらいでいいや」っていう人がたくさんいて、ニンテンドーDSでみんな満足してますよね。だから、今海外にどんどんやられてきたってのは、イノベーション、つまり「1」から「10」という部分でチャレンジしても、その結果をユーザーが欲しがってないという領域に入っちゃった、というところがまず1つですね。

平井 なるほど。

“売れていない”のをシステムのせいにしてはいけない

画像

鈴木 あとは、海外で売れてるのは……、例えば何かものを買った時にPOSで“ピッ”とスキャンしてお金を入れると、お釣りまで出てくるような“システマチックなモノ作り”というか……。

平井 そうですね。ここ10年くらい、海外ではその、システムというものに目を向けてきて、技術者の全体的な能力が底上げされている感じがしますね。日本の技術者に比べて。

鈴木 ええ。Direct Xを使っているという話も似たような理解でいいと思うんですけど、誰でもが使える……。車でたとえれば、セナ(編集注:往年の名F1ドライバー)しか乗れないようなF1用のターボ車は、普通のドライバーじゃ手に負えないわけですけど、乗る人が乗ったらぶっちぎりだったわけです。そういう時代から、誰が乗っても速い「GTR」が技術者に渡されだしてると。そこに対しては日本の技術者は、認めたくなかったりするんですよね。

平井 その上で乗れないこともありますし。OSとかの考え方もそうなのかもしれない。

鈴木 間違いなくOSの考え方ですよね。いわゆるツール提携だから。

平井 今で言う“エンジン”って言われているものも、全部そうなってきてるのかもしれないですね。

鈴木 ツールの進んだものがエンジンという呼び方で、それの割と広範囲な感じなものがOSというか。特化されているか、いないかで、同じ考え方ですね。

平井 あと海外はプレゼンテーションうまいんですよ。技術者が話をして、ビジネスサイドもそれを受け入れてという。こうした流れを使うのが当たり前になっているんです。日本ではその文化がまだないですよね。

鈴木 だから海外が、ある程度のレベルの人なら誰でも使えるようなシステムを作り上げられた。雇用の条件とかいろいろシステムが違うので、ある種日本より有効に技術者を使える状態を作ってきましたよね。

 今度は日本から彼らを見たときにどう思うのかというと、日本の人たちは、かつてはオリジナリティを持ってたと思うけど、海外のようにやらないから今度は日本は負けるんだと言う人もいて。でもそう言うのは、マネージャーとか経営者とか、割と上の方の、上層部がその意識を持った存在であればいいんですけど、末端がそういう視点に立つと、ちょっとそれは違うかなと思いますね。「このシステムでやるべきだよ」って上が言ってるのはいいですけど、末端が「システムが違うから我々は負けてるんだ」って言い出すと、違うと思います。末端のメンバーはオリジナリティを貪欲に求めているし。「どうしてもこれを作りたいんだ」とか、なんかそういう風に感じていると思いますけどね……。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」