インタビュー
» 2008年09月09日 19時34分 公開

手を抜いているところはない――CEDECで公になるMGS4のデザインワークフローCEDEC 2008特別インタビュー(1/2 ページ)

CEDECでの講演を間近に控えたKONAMIの根岸豊氏にインタビューする機会を得た。根岸氏は、小島プロダクションで歴代の「METAL GEAR SOLID」シリーズのデザインを手がけてきた人物。今年のCEDECでは「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」のデザインについてワークフローを紹介するという。デザイナーの立場から見た「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」とは?

[仗桐安,ITmedia]

 9月9日から9月11日にかけて開催される、日本最大級のゲーム開発者カンファレンス「CESA DEVELOPERS CONFERENCE 2008」(以下、CEDEC)。その開催に先駆け、「『METAL GEAR SOLID 4』のデザインワークフロー」と題したセッションを予定しているKONAMIの根岸豊氏にインタビューする機会を得た。根岸氏といえば、小島プロダクションにおいて制作部デザインユニットのマネージャーでありリードアーティスト。CEDECでは、佐々木英樹氏、木村峰士氏、小林政哉氏とともに、ビジュアルアーツについて語ることになっている(セッション自体は9月9日に実施済み)。

ゲームデザイナーには基礎と感性が必要

根岸豊氏

―― 「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」(以下、MGS4)製作の現場ではどのようなことをやっていらっしゃったのですか?

根岸豊氏(以下、根岸氏) CGディレクターです。デザインを統括する立場でしたけど、それだけではなく背景の製作もやっていました。

―― まずは有り体な話から。MGS4の製作が始まったのはいつ頃だったんですか。

根岸氏 単純に「METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER」の発売から3年半経ってますよね。2005年の東京ゲームショウで初めて画面を見せたので、その辺がデザインとしてはスタートですかね。当初PS3は何でもできるんだろうと思って丸いものを丸く作っていたら、プログラム担当者から怒られました。「ポリゴン使いすぎー」って(笑)。どれくらいポリゴンやテクスチャーを使えるか? 落としどころはどこなのか? というところから始まりましたね。

―― デザインチームの構成はどのようになっていたのですか。

根岸氏 デザインは6つの班に分かれていました。キャラクター、背景、メカ、モーション、デモ、2Dの6つです。多分一番面白いのは、メカが分かれているところですね。タイトルの特性上、メカがたくさん出てくるのでキャラクターと区別していました。固いものと柔らかいものってことですね(笑)。デザイナーの人数はマックスで約100人です。開発が進むにつれて人が増えていきました。一番多く人を割いたのはモーションで、少なかったのは2Dですね。

―― 班ごとの情報の共有はどんな感じでしたか。

根岸氏 デザイナーとしては定期的に班長が集まって、情報共有のミーティングを開いていました。それに、みんなフットワークが軽いんですよ。何か問題があれば基本的には直接会って面と向かって相談する感じでした。各班に優秀な班長がいたおかげです。

―― デザインチームに対する、小島監督ならではの独特の指示とかはありましたか。

根岸氏 けっこうこまごまとありましたね。特に終盤なのですが。データを締めるっていう間際になって「デモで映るスネークの、背中の壁のあそこのテクスチャーどうにかせえ」とけっこう細かいところを突っ込んでくるんですよ(笑)。背景班としてはもう時間もないし、容量の問題もある。でも言われたからには直さないと。結果としては直してよかったなとなるんです。僕らが妥協してるところをちゃんと見抜きますね。最後の方になればなるほど、いろいろ突っ込まれました。

―― 逆にデザインチームが仕込んだ遊びの部分とかはありますか。中東の壁に貼られたポスターだとか、ディテール部分で。

根岸氏 スケジュールもタイトだったので、今までよりもお遊びの仕込みは少ないですが、遊んでいるといえば遊んでますね。例えば、ナオミの研究所のテーブルの上にあるレントゲンは某スタッフの実際のレントゲンだったりだとか。

―― 遊びといえば、心霊写真(シャドー・モセス島の特定の場所でアイテムのカメラで写真を撮ると心霊らしきものが映り込む)は楽しい隠し要素でした。

根岸氏 あれは「MGS1」からやっているスタッフの写真なんです。「1」で登場する場所と「4」で登場する場所は、可能な限り同じ場所にしてあります。「MGS1」からの生き残りってことで、生霊ですね(笑)。これは監督の仕込んだネタですけど。

―― 「MGS4」のビジュアル、デザインでこだわった部分はありますか。

根岸氏 あらゆるところ、キャラなり、背景なり、各パートですごくこだわってます。手を抜いているところはないですね(笑)。

―― デモ画面もプレイ画面も全部リアルタイムポリゴンですよね。

根岸氏 そうですね。前作までは、ポリゴンによるデモとゲーム部分のつながりは分かれていました。今回は小島監督のこだわりでシームレスにつながるようになっていて、それはうまくいったかなと思っています。

―― プリレンダとリアルタイムポリゴンの違いってどんなところにありますか。

根岸氏 プリレンダのよさは、目指すものに近いものができて編集も可能なところでしょうね。私たちのやっているリアルタイムポリゴンのよさは、自由度が高くて、ゲームからそのままつながるところです。気持ちの問題で、ゲームの画面から急にきれいなムービーになるとなえちゃうところもありますけど、リアルタイムポリゴンならゲームとデモで同じものを使っているんでギャップがないんです。例えば、キャラクターの服装は、そのときの服装がそのまま反映されます。

―― そういえば「MGS4」では、フェイスカム(スネークが他人の顔に擬態できるアイテム)をつけてるとそのままデモに移行しますよね。

根岸氏 そうですね。他にも、デモ中にズームできるとか。そういう自由度が高いんです。例えばスネークのデザインを修正したとします。そういう時にプリレンダだとレンダリングしなおさなくてはいけません。リアルタイムであればモデルを細かく直してアップすればいいんです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」