手を抜いているところはない――CEDECで公になるMGS4のデザインワークフローCEDEC 2008特別インタビュー(1/2 ページ)

CEDECでの講演を間近に控えたKONAMIの根岸豊氏にインタビューする機会を得た。根岸氏は、小島プロダクションで歴代の「METAL GEAR SOLID」シリーズのデザインを手がけてきた人物。今年のCEDECでは「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」のデザインについてワークフローを紹介するという。デザイナーの立場から見た「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」とは?

» 2008年09月09日 19時34分 公開
[仗桐安,ITmedia]

 9月9日から9月11日にかけて開催される、日本最大級のゲーム開発者カンファレンス「CESA DEVELOPERS CONFERENCE 2008」(以下、CEDEC)。その開催に先駆け、「『METAL GEAR SOLID 4』のデザインワークフロー」と題したセッションを予定しているKONAMIの根岸豊氏にインタビューする機会を得た。根岸氏といえば、小島プロダクションにおいて制作部デザインユニットのマネージャーでありリードアーティスト。CEDECでは、佐々木英樹氏、木村峰士氏、小林政哉氏とともに、ビジュアルアーツについて語ることになっている(セッション自体は9月9日に実施済み)。

ゲームデザイナーには基礎と感性が必要

根岸豊氏

―― 「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」(以下、MGS4)製作の現場ではどのようなことをやっていらっしゃったのですか?

根岸豊氏(以下、根岸氏) CGディレクターです。デザインを統括する立場でしたけど、それだけではなく背景の製作もやっていました。

―― まずは有り体な話から。MGS4の製作が始まったのはいつ頃だったんですか。

根岸氏 単純に「METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER」の発売から3年半経ってますよね。2005年の東京ゲームショウで初めて画面を見せたので、その辺がデザインとしてはスタートですかね。当初PS3は何でもできるんだろうと思って丸いものを丸く作っていたら、プログラム担当者から怒られました。「ポリゴン使いすぎー」って(笑)。どれくらいポリゴンやテクスチャーを使えるか? 落としどころはどこなのか? というところから始まりましたね。

―― デザインチームの構成はどのようになっていたのですか。

根岸氏 デザインは6つの班に分かれていました。キャラクター、背景、メカ、モーション、デモ、2Dの6つです。多分一番面白いのは、メカが分かれているところですね。タイトルの特性上、メカがたくさん出てくるのでキャラクターと区別していました。固いものと柔らかいものってことですね(笑)。デザイナーの人数はマックスで約100人です。開発が進むにつれて人が増えていきました。一番多く人を割いたのはモーションで、少なかったのは2Dですね。

―― 班ごとの情報の共有はどんな感じでしたか。

根岸氏 デザイナーとしては定期的に班長が集まって、情報共有のミーティングを開いていました。それに、みんなフットワークが軽いんですよ。何か問題があれば基本的には直接会って面と向かって相談する感じでした。各班に優秀な班長がいたおかげです。

―― デザインチームに対する、小島監督ならではの独特の指示とかはありましたか。

根岸氏 けっこうこまごまとありましたね。特に終盤なのですが。データを締めるっていう間際になって「デモで映るスネークの、背中の壁のあそこのテクスチャーどうにかせえ」とけっこう細かいところを突っ込んでくるんですよ(笑)。背景班としてはもう時間もないし、容量の問題もある。でも言われたからには直さないと。結果としては直してよかったなとなるんです。僕らが妥協してるところをちゃんと見抜きますね。最後の方になればなるほど、いろいろ突っ込まれました。

―― 逆にデザインチームが仕込んだ遊びの部分とかはありますか。中東の壁に貼られたポスターだとか、ディテール部分で。

根岸氏 スケジュールもタイトだったので、今までよりもお遊びの仕込みは少ないですが、遊んでいるといえば遊んでますね。例えば、ナオミの研究所のテーブルの上にあるレントゲンは某スタッフの実際のレントゲンだったりだとか。

―― 遊びといえば、心霊写真(シャドー・モセス島の特定の場所でアイテムのカメラで写真を撮ると心霊らしきものが映り込む)は楽しい隠し要素でした。

根岸氏 あれは「MGS1」からやっているスタッフの写真なんです。「1」で登場する場所と「4」で登場する場所は、可能な限り同じ場所にしてあります。「MGS1」からの生き残りってことで、生霊ですね(笑)。これは監督の仕込んだネタですけど。

―― 「MGS4」のビジュアル、デザインでこだわった部分はありますか。

根岸氏 あらゆるところ、キャラなり、背景なり、各パートですごくこだわってます。手を抜いているところはないですね(笑)。

―― デモ画面もプレイ画面も全部リアルタイムポリゴンですよね。

根岸氏 そうですね。前作までは、ポリゴンによるデモとゲーム部分のつながりは分かれていました。今回は小島監督のこだわりでシームレスにつながるようになっていて、それはうまくいったかなと思っています。

―― プリレンダとリアルタイムポリゴンの違いってどんなところにありますか。

根岸氏 プリレンダのよさは、目指すものに近いものができて編集も可能なところでしょうね。私たちのやっているリアルタイムポリゴンのよさは、自由度が高くて、ゲームからそのままつながるところです。気持ちの問題で、ゲームの画面から急にきれいなムービーになるとなえちゃうところもありますけど、リアルタイムポリゴンならゲームとデモで同じものを使っているんでギャップがないんです。例えば、キャラクターの服装は、そのときの服装がそのまま反映されます。

―― そういえば「MGS4」では、フェイスカム(スネークが他人の顔に擬態できるアイテム)をつけてるとそのままデモに移行しますよね。

根岸氏 そうですね。他にも、デモ中にズームできるとか。そういう自由度が高いんです。例えばスネークのデザインを修正したとします。そういう時にプリレンダだとレンダリングしなおさなくてはいけません。リアルタイムであればモデルを細かく直してアップすればいいんです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」