インタビュー
» 2008年09月09日 19時34分 公開

手を抜いているところはない――CEDECで公になるMGS4のデザインワークフローCEDEC 2008特別インタビュー(2/2 ページ)

[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2       

―― 「MGS4」製作の過程では、どういったところで苦労されましたか。

根岸氏 もちろんスケジュール的にタイトだったっていうのはあります。あとは、初めてのハードだったので、どこまでできるんだろうというところですね。作るものは決まってて、やってやろうという気はあるんですけど、本当にできるのかなという不安もつきまとってました。

―― それはPSやPS2で初めて着手したタイトルの時と同じような感じなんでしょうか。

根岸氏 結局は同じですね。PS3だとさらに作業量も膨れあがります。その読みもけっこう大変でしたね。テクスチャーひとつにしても、ベーステクスチャーやノーマルマップ等描く枚数や解像度が増えました。ポリゴン数も増えているので、より細かな部分まで手を入れる必要がありました。

―― PS3というハードの描画性能はある程度引きだせたと思いますか。

根岸氏 グラフィックだけじゃないですからね。グラフィックだけならもっとすごいものはできると思いますよ。ただ、敵兵のAIだとかゲームとしての部分もあって、グラフィックがあって、というところで、ゲームが面白くならないとなんともならないですよね。

―― 中東、南米などのビジュアルについては、取材で現地に赴いたりされたんでしょうか。

根岸氏 取材はしました。中東はモロッコ、南米はペルー、東欧はチェコです。写真やムービーを撮ったんですが、素材だけじゃなくて空気、湿度、匂いなどを感じるということが大事でした。

―― MGSシリーズの新作が出るとしたら、さらなるリアル路線でしょうか。

根岸氏 それは小島監督やアートディレクターの新川の意向でしょうね。従来も多少は試行錯誤しているんです。PS2で製作を始めた時に、新川の描くタッチをそのままできないかと試したこともあります。結局落ち着いたところが今の路線です。MGSの世界でリアルすぎず正統進化してきたかな、とは思っています。今後もMGSの世界の中でのリアルを追求していくんじゃないんでしょうか。

―― 「MGS4」で根岸さんがやりたいことはやりきりましたか。

根岸氏 やれることはやりきったって感じですね(笑)。

―― ここはもっと凝りたかったとか、あそこはもっとああしたかったというのはあったのではないでしょうか。

根岸氏 それは正直あります。時間との戦いではあったんで。妥協ではないですけど、バランス的にもうちょっとこっちをやりたいんだけど……というのはありましたね。

―― 根岸さんがデザインをされる際の気をつけている点、製作における信条はありますか。

根岸氏 自分はデザイナーですが、ゲームは遊んでなんぼのものと思っています。グラフィックだけよくしてもダメです。ゲーム的に最終的によくなるようにしていかなくては、というのを意識しています。グラフィックはもちろん高いほうがいいんですが、ゲーム全体のバランスが大事だと思っています。

―― 今後ゲームのビジュアルはどういった方向に進化していくと思いますか

根岸氏 そろそろ、もっといろんなビジュアルが出てくるんじゃないかと思います。PS3やXbox 360で表現の幅が広がっているので、今までにない表現がでてきてもいいと思うし。アートの世界に入っていけるかなと。

―― 「MGS4」が落ち着いた現在、何をされているのですか?

根岸氏 秘密です。何かはやってますよ。何もやってないと給料泥棒ってことになっちゃうんで(笑)。

―― ゲームのデザイナーを目指している人に先輩としてアドバイスはありますか。

根岸氏 感性を磨け、と。よく若い人はツールがどうとかって言いますけど、ツールは覚えれば扱えるんです。感性は教わって備わるものではないです。感性あってのツールだと思います。CGは進化していくので、今後は感性がより大事になるでしょうね。中途半端なデッサン力の人がデザインすると気持ち悪いものになったりするんで、基礎力も必要。基礎と感性ですね。ちょっと前まではCGのツールでできることが限られていてごまかせていたところがあるんですが、今はいろんなことができるからこそ、ごまかしがきかないんです。

―― では、今回のCEDECでの講演内容はどんなものになるのでしょうか。

根岸氏 デザインのワークフローについてです。デザインといっても業務的には幅が広いので、キャラクター、背景、デモという3つを中心にワークフローを紹介していきます。製作の過程を、3DツールやPS3の実機を使ってお見せします。スネークをXSI上でお見せしたり、デモに関しては実演で、カメラをつけて、実際こうなっていく、という流れを見せようかなと。けっこう面白くなると思いますよ。最初は3パートでやろうとしたのですが、いざ内容を詰めていくと時間が足りなくなって、削ったりもしていますので盛りだくさんです。

―― 気になっていたのですが、KONAMIならではの特別なツールはあるんですか。

根岸氏 モデリングやモーションはXSI、デモは3dsMAXを使っています。特別なツールとしては、2D用のレイアウトエディタと背景のライティングエディタが独自のものですね。

―― そもそも、なぜ根岸さんにCEDECでの講演の白羽の矢が立ったんですか

根岸氏 CEDEC担当から「やって」という話になって(笑)。会場が600人くらい入るところらしいんですよ。客席が満員でも緊張するし、人がいなくても緊張するでしょうね(笑)。面白いところをしゃべるのは、自分以外の3人のスタッフで、私は司会みたいなもんです。

―― 最後に、CEDECにかける意気込みをお聞かせください。

根岸氏 やるからにはしっかりやらなくては、と。私達が公の場で発表するのは初めてなんです。興味を持ってもらえたらいいですね。MGS4は今年最も話題になったゲームのひとつです。プログラムとサウンドもそれぞれCEDECでセッションを持っているんで、CEDECが盛り上がって、業界全体が盛り上がったらいいかなと。そんなつもりでやらせていただきます。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/26/news054.jpg YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  2. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  3. /nl/articles/2206/26/news037.jpg 捨てられていた茶トラの子猫を保護、5年がたち…… 美しく幸せいっぱいに成長したビフォーアフターに祝福の声
  4. /nl/articles/2206/25/news079.jpg 「違法薬物が隠れている段ボールはどれ?」 税関が出題したクイズが難問 「常人には分かんねえよ」「難しすぎ」
  5. /nl/articles/2206/26/news058.jpg 「急に目が痛くなりすぎて開かなくなって」 川崎希、“やばい”と感じ旅行先の沖縄で病院へ
  6. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  7. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  8. /nl/articles/2206/25/news064.jpg この画像の中に「ネズミ」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  9. /nl/articles/2206/24/news185.jpg 「Steamサマーセール2022」が到来 おすすめの激安PCゲーム紹介でTwitterが大にぎわい
  10. /nl/articles/2206/22/news102.jpg 留守番中の愛猫を見たら……おっさんみたいにくつろいでた 振り返る姿に「貫禄がw」「可愛すぎてしんどい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」