連載
» 2008年10月31日 16時09分 公開

海外ではハード別にどんなゲームソフトが売れるのか考察してみたくねくねハニィの「最近どうよ?」(その27)(2/4 ページ)

[くねくねハニィ,ITmedia]

据置型ゲーム機(コンソール)のお話

 市場報告でも書きましたけど、トラディショナルなゲーマーたちに向けてゲームを発信するならXbox 360かPS3向けにしないとね。ハードコアゲームは歴史的に見てもグラフィックのクオリティが高いハードを選ぶのは必然なのだ。

 美しいグラフィックとハード側が提供するネット接続の簡易性(さらにXbox 360のダッシュボードやPS3のHomeなんかも加わってユーザーフレンドリーなインタフェースを提供しようとしている)の下、テレビを通じてゲームができちゃうわけで、大画面のハイデフで迫力のゲームプレイにハマるわけですわ。

 一方、Wiiで売れているソフトを見ると、やっぱりパーティゲームが主体。家族で、友達と、みんながワイワイ集まって遊ぶためのゲーム機と言っても過言じゃないかもね。マルチプラットフォームで作られているコア向けソフトは、Wiiでは相対的にあまり奮わないことが多いけど、「Guitar Hero」シリーズなんかはパーティゲームらしくWiiでもそれなりに売れてるわけですわ。そう言えば、Wiiの「Zapper」(銃タイプのコントローラーになる周辺機器、シューティング用)はその後あまり話題にのぼらなくなったよなぁ。やっぱWiiは1人で遊ぶものではないのですな。

 WiiとPS3/Xbox 360は競合ではないのだよ。Wiiを持ってるからと言って、他のコンソールを持っていないなんてことはなくて、極端に言えば、リビングにはWiiが、自分の部屋にはXbox 360かPS3がある、ってこと。

 インストールベース、つまり出回ってる数だけで一概に言えないこの特性。シェアが高いからといって無策に供給してもしょうがない、っていうのもうなずけますな〜。

Xbox 360/PS3向けのゲームソフト

 ハードのスペックがPCに近くなって、さらにネット環境が伴うと、日本の開発陣はとても不利になるよね。残念ながら日本ではPC向けソフトの市場がそれほど大きくないから、今までPC向けに作ったことのない人たちが、ネット機能を「つける」って感覚で考えてる。欧米のメーカーさんたちは今までPCで作ったものをコンソール向けに「削る」作業をしてたわけだから、どっちが簡単かよく考えなくても分かるよね〜。

 ハードができる機能をフルに使って開発をしてください、ってのがハードメーカーの意向だから、Xbox 360やPS3、いわゆるハイスペック機に対しては――

1.グラフィックが美しいこと

2.オンライン対応であること

 ――は必須なんす。よくゲームを知ってると自負される方々(本人評価)が、「グラフィックにばっかりこだわってもゲーム性がねぇ」っておっしゃいますけど、いえいえ、ゲーム性を語る前に“マスト”条件なんです、これが。

 オンラインに関しても同様。1年位前から「ネット対応していないとハードメーカーの企画承認(コンセプトアプールバル)さえおりない」という話もあるくらい。1人用のゲームだからこそ、ネットでつなげてあげる、ってのは今や標準なんですわ。残念ですけどこれが現実のようです。

 例外としてRPGなんかはネット対応の必要性はないかもしれない。ただ、格闘、パズル、スポーツ、FPS、アクションなどは、PS2やXbox時代から市場に出回ってるものがフツーにオンライン対応(専用もある)しているから、オンライン機能がついていないとむしろ目立つことになるのね。よっぽどのイノベーティブ性があるとかでなければ、販売価格を下げるとか、格落ちのソフトとみなされるとか、難儀なんですよ……。

 クリエイティビティの高い日本のゲーム業界が発信するゲームソフトと言えども、このベーシックな要求水準をクリアしなければ、大きな海外市場の土俵にも立てない、ってことなのだ。そういうことを理解していたとしても、このベーシックな部分でお金がかかる、でも国内市場は大きくないからリスクが取れない、じゃ、予算内で何とかモノにしよう、というバッドスパイラルが日本発のハイスペック機向けソフトの不振につながってるのもよく分かるよね〜。

 最近、よく若者たちと語ることですが、このままコンソールが進化し続けていくと、コンソールとPCの垣根ってなくなっていくのではないかなと。ゲーム業界の歴史を見ると、欧米(PC版を削ってコンソールへ対応)と日本(コンソールに機能を付加してハイスペックへ)では作り方が真逆の動きをとってるってのを認知しておかないといけないと思うのだ。限られた費用と限られたスペックの中で最大限の創意工夫をする、っていう日本が強かった部分が、自由度が増して技術力(資本力も!)が問われる時代になると反対に弱点になって行くってところは皮肉だけれど、事実だと受け入れなければならんのかもね。

 ところで、SCEは、ユーザーに対して、Homeなどを使ってネットコネクタビリティをあげていくことはもちろんだけど、ソフトメーカーに対してはPS3の開発環境を飛躍的に向上してあげなきゃ! と改めて思う。開発しやすいツールやライブラリを提供することができれば、ハイクオリティのゲームを作りたいと考えてるデベロッパーにとってはPS3はとても魅力的なプラットフォームであるはずなんだから。いつまでも「作りにくいハード」のレッテルを貼られてちゃダメですぜ。

 思い切って北米のパブリッシャーに直接聞いて見た。なぜ、PS3がパブリシャーたちにあまり支持を受けていないのか? やはりSCEのネット戦略がマイクロソフトのそれと比べてパブリッシャーフレンドリーではないらしいの。ネットインフラが整っていて、パブリッシャーは「乗っかる」だけになってるXbox 360に対して、PS3はパブリッシャーの負担が重いんだって。

 また、パブリッシャーのプロモーションとして欠かせないPSN上でのデモやトレーラーのお話。ユーザーはもちろんタダでダウンロードできるんだけど、実はパブリシャーにダウンロードされた容量に応じて支払いを要求しているのだ。Xbox 360は基本プロモーションとしてとらえているのでタダ。

 だから、パブリッシャーによっては、マルチプラットフォームでタイトル展開してるのに、PS3にはデモを提供してないけど、Xbox 360には提供してるってことがあるらしい。当然デモやトレーラーを見て買うユーザーたちは、Xbox 360ユーザーが多いってことよね。ここでもパブリッシャーがXbox 360を選ぶ理由があったのね〜。

 え、何でハニィは急にそんなこと言うのって? 実は年末商戦が始まっているにもかかわらず、PS3の9月の新作ソフトのタイトル数が17しかないんですね。他と比較すると、Wiiが27タイトル、Xbox 360が23タイトル、PS2が20タイトルなんですよ。少なくないですか? 作り手が提供できるプラットフォームとしてSCEが頑張ってくれないと! インストールベースやPCとの互換を考えると、デベロッパーがXbox 360で作ってPS3にコンバージョンするという動きは止められないから。

 市場に出回ってる台数を増やすためには箱として高機能なことよりも、優良なソフトの輩出(できればエクスクルーシブで)が必要なのはWiiを見れば分かることだよね〜。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」