連載
» 2008年10月31日 16時09分 公開

海外ではハード別にどんなゲームソフトが売れるのか考察してみたくねくねハニィの「最近どうよ?」(その27)(4/4 ページ)

[くねくねハニィ,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

ニンテンドーDS向けのソフト

 DSは海外でも日本とまったく同じユーザー層を持っているの。北米でも脳トレを老若男女が遊んでいるし、1人1台って意味では、家族がそれぞれのDSを持ってるってことも容易に想像できるハードなのだ。ライトユーザーが簡単にプレイできる、ってのがDSでは基本。DS向けのMレーティング(17歳以上)ゲームはあまり売れてましぇん。

 DSこそ高グラフィックではなくゲーム性が問われるゲーム機だよね。1人1台持ってるからこそ、口コミ率も高い。いいゲームだったらそれなりに売れるはずなのだ。「任天堂のソフトだけ売れる」っていうクリティシズム(批判)も、逆を言えば「任天堂のソフトのクオリティが高い」のだね。これは単にお金をかけているということではなくて、アイデアや煉り込まれたゲーム性という意味。

 サードパーティの事例をここでひとつ。北米でMajescoから発売されてる「Cooking Mama」(日本ではタイトー)のお話だけど、このタイトル、2006年9月に発売して以来、現在まで北米単独で100万本を超えていて、欧州全体でも100万本を超えているんです。日本発のクッキングゲームがこの快挙。もちろんパブリッシャーのプロモーション施策や価格戦略の効果もあるんですが、タイトルの持つ特性が海外の子供たちの共感を得たことは確かなよう。もともと日本向けに作っていたのでレシピは「餃子」や「みそ汁」なんかも含んでいるのだ。じゃ、どうしてここまで海外で受け入れられたのか?

 「直感的に楽しめる」、「結果がすぐ出るので気軽にできる」、「親子で楽しめる」などなどいろんなコメントがあったわ。ハニィはE3(あら、3カ月も前のことだわ)でこの開発会社の社長さんとお話することができたの。どうしてこのゲームを作ったのか? という質問に対しては、自分の娘さんに遊んで欲しいゲームを作ってみた、とのこと。

 娘さんに楽しく遊んで欲しい、という純粋な気持ちが海外で受け入れられたってことですな。結局ゲームとは日和って作るもんではないな、と改めて思いましたね〜。北米市場に向けて、知りもしない文化に合わせたゲームを作る必要はないのだね。「Cooking Mama」を語るとき、北米欧州とも「イノベーティブ!」と言われるけど、作り手はそれを狙ってたわけでもなく、結果的にイノベーティブになった、ってことなんだろうね〜。これは任天堂がイベントの際に必ず掲げているポリシー、人々にスマイルを! ってことにもつながるよね。

 と、ネットの話もせねば。DSはPSPとは正反対のことを言っちゃおうかな〜。DSは子供たちが容易に持てるハードだし、子供同士で「つるめる」のだ。つまりアドホックが可能。また、北米や欧州の一部では、家族で出かけるマクドナルドでDSのWi-Fi機能が簡単に使えるようになってるからオンラインも可能。子供たちは兄弟や友達と一緒に遊べるソフトを勧めるから口コミによるプロモーションも効果的なのね〜。

 ここで欲をかいてはいけないのさ。オトナはつるまない、って原則を考えれば、ゆめゆめ大人向けのバリバリアドホック/インフラストラクチャゲームはリスキーかと。

ハニィのあとがき 

 だいぶご無沙汰しちゃったので何だか調子が狂うわ。最近、「すっ転んだりするのは筋肉が衰えてるからです(キッパリ)」との指摘を受けて、週に1回オフィスの近くの加圧トレーニングに昼休みに通っていますの〜。そんな時間があったら原稿書けって? あああ、すいまめん。

 今回はハニィなりに相当過激なことを書いてしまったかも。かなり極端な意見ですけど、すべてに当てはまるわけではないのでご了承くださいませ。いつも通り「ステレオタイプ」なお話と受け止めていただければコレ幸いです。

 東京ゲームショウのお話もしないとね。例年と変わらずハニィはTGS会場にはほとんど顔が出せず、近隣のホテルなどでミーティング三昧をしていたでやんすが、ビジネスデーの会場に行ったら何だか空いていた感は否めなかったなぁ。海外のプレスは多かったのですが……。まぁ、一般デーは盛り上がってましたんでいいんですけど。テレビでは「世界最大のゲームショー! ゲーム業界には不況は関係ないよね?」的な報道がされてて、うぬぬ? と首をかしげる場面もございました。というのも、現在世界最大のゲームショーといえば、Game Convention(GC・ドイツで開催)という認識だから。

 ところで展示会と言えば! 来年のE3の概要が発表されたのじゃ。2009年6月2日〜4日(なぜか火曜から木曜)LAコンベンションセンターにて開催、とのことですわ。規模も大幅に拡大して入場員数を制限するのも止めるみたい。

 6万人を動員していた過去のE3から「E3 Media & Business Summit」と銘打って2年前に5000人規模に縮小したE3。失われた2年を経て元の形に戻るのか? はたまた中途半端なショーになってしまうのか? E3、いや、ESA(Entertainment Software Association)の迷走はここで終止符を打たれるのか? 確かめないといけませんな。

 ちなみに、ハニィが去年間違って(爆)行った「E for All 2008」は、東京ゲームショウの1週間前に10月3日(金)から3日間LACCで行われたらしいよ。日本ではまったくニュースになってませんけど、去年のしょぼさからさらにしょぼくなって、去年フラッグシップをうたってた任天堂も不参加だったし、大手はほぼお付き合いで小さなブースを出すにとどまったみたい。参加者も昨年より減って、おいおいアレより少なかったんかい! 元々はESAと共同でE3を開催していたIDGが主催のこのイベント。E3が縮小されて、ESAによるビジネスオンリーのEXPOになったので、E for AllはIDGが運営してユーザー向けにって形を取ってたんだけど、E3が再度拡大基調に流れるなら、E for Allはなくなるでしょうなぁ。

 次回はいつなんだろー。え? どうせ年末まで書かねぇんだろって? いえいえいえいえ、今度こそ間を空けずに書くぞ! と言って「オオカミ少年」扱いを受ける今日この頃のハニィでした〜(涙)。

くねくねハニィのプロフィール

1967年アメリカサウスダコタ生まれの日本人。

小学生からはゲームセンターに通いまくってやたら大きく育つ。

1990年に都内K大学を卒業後、大手ゲーム会社にて海外ソフト担当となり、2001年に退職。それ以降は自称フリーのゲームアナリストとして暗躍。暗躍しすぎたので名前を変えて表舞台に。くねくねと唐突に現れて「親父ギャグ」をかまして周りの人々のレベルを下げまくる。独特の語り口調ですが、もう慣れてくださいとしか言えません。言ってる中身は至極マジメなので。ちなみに「風来のシレン」が好物で、名前もそこから借用。なんだか公認してもらったそうです。

本人も書いてますが、遅筆です。次はきっちり年内に書いていただきますのでお覚悟を。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい