連載
» 2008年10月31日 16時09分 公開

海外ではハード別にどんなゲームソフトが売れるのか考察してみたくねくねハニィの「最近どうよ?」(その27)(3/4 ページ)

[くねくねハニィ,ITmedia]

Wii向けのソフト

 Wiiのソフトは欧米のメーカーさんでもそれほど成功している、とは言えないかもね。やっぱり任天堂のソフトがものすごく売れているから、サードパーティは何をしていいのか分からんけど何か供給せねば! って状況になっとります。あ、これは日本のメーカーも同じ状況かもしれませんけど。

 まず、コントローラが伝統的ゲーム操作ではないことから、ゲームアイデアを問われるハードであること、それからスペック的にPCからの移植が相当困難なこと。マルチプラットフォームを語るときに、Wiiだけ別路線で検討しなければならんのですよ。限定されたスペック、そういう意味では日本のメーカー、デベロッパーたちの腕の見せどころなんですな。

 あくまでもステレオタイプですが、やっぱパーティゲームではないかと。ファーストパーティである任天堂が「Wii Sports」や「はじめてのWii」を発売している手前、もうパーティゲームはいらんでしょう? と読んだメーカーさんはいろいろなアプローチをしてみたんだけど、結局ふたを開けてみれば、パーティゲームを作ったメーカーたちが潤ってたりするんですね〜。Midwayの「Game Party」はほぼ90万本、Take2の「Carnival Games」に至ってはミリオン突破(約125万本)ってくらいの数字をあげているのですよ。

携帯ゲーム機(ハンドヘルド)のお話

 PSPは北米だけでも月販20万台〜25万台を更新し続けて1000万台を軽く超えたPSP。あっぱれですな。でも、競合と言われるニンテンドーDSの勢いはまったく止まらないのだ。すでに2000万台を超えて、月販50万台を下ることはないの。

 「台数はそこそこ行ってるのに、なぜソフトが売れないのか?」と嘆かれるPSPだけど、ハニィは当初ゲーム機として使われていないのではないか? と思ってたの。でも、どうやらちゃんと「ゲーム機」として遊ばれてるみたい。もちろんガジェットとしてマルチメディア機としてってのは、使用用途もあるから、全否定はできないけど、ユーザーはちゃんとゲームソフトを遊んでるらしいよ。

 それではどうしてソフトが売れないんだろう? と聞いてみると、あったあった、違法サイト問題! カセットというメディアを使うニンテンドーDSでさえ、違法サイトでダウンロードして遊ぶのがアンダーグラウンドで横行しているという話を皆さんご存知でしょうけど、PSPなんてその温床ってくらい多いらしいの。そもそもPSPは何でもできる、って最初から間口を開いてるから、この上なく利用しやすいハードなんですってよ。

 大容量のメモリースティックがあれば、PCでダウンロードしてPSPでプレイなんてことも容易にできちゃうし。そんな違法サイトが北米だけで50以上、人によっては100以上あるよ、って言うくらい幅を利かせてるみたい。

 違法サイト側はもちろん有罪。ただ、今まで日本では、たとえその違法サイトで著作物をダウンロードしたとしても自分で使用する分には問題ないと言われていたの。しかし、今までは今まで。これからはこれらをダウンロードした場合も違法として取り締まっていく動きが取られている。ゲーム業界は中古の件では屈さざるを得なかったけど、違法ダウンロードに関しては断固として立ち向かって行こういう流れだ。

 あ、話がズレちゃったわ。ってことで、北米だけで2300万台も販売されてるDSはもちろん、PSPだって1200万台を超えてるんだから(Xbox 360よりも出回ってるハードなんだよ!)供給プラットフォームとしては十分なもの。しかもゲーム機として認知されてるんだったら作りましょ、的確なソフトを的確なハードで!

PSP向けのソフト

 残念なのは、PSPのオリジナルタイトルが最近少ないこと。9月はDSが40タイトル新作で発売されているのに対して、PSPは8タイトル(しかも今年になってから1ケタ更新していたからそれでも増えたんだよね……)。マルチプラットフォームで展開したタイトルのPSP版ってのがやたらと多いのも特徴。映画版権モノ、スポーツライセンスモノが主流です。日本でのモンスターハンターのような「キラータイトル」の出現がいまだに見られないのが残念だなと。北米で一番売れたPSPタイトルは、「Grand Theft Auto: LIBERTY CITY STORIES」(9月末現在で200万本を超えています)ってのはちょっと物寂しいなと思うハニィですよん。

 モンスターハンターが日本で売れているように、協力プレイや対戦ってのは携帯ゲーム機であれど楽しいもんよね〜。でもここでの落とし穴が「アドホック」ってやつね。残念ながら北米ではアドホックってやつが日本ほど重宝されないの。な〜んでか? って聞いて見たところ、PSPがターゲットとする高校生以上の方々は「つるまない」んですねぇ。

 学校に通うのも自分の車(州によって違うけど、大体16歳くらいで運転免許が取れてしまうのだ。ユタ州だと14歳だった気がする)なわけで、通勤も車の確率が高いってことは放課後に電車やバスでつるんで帰る、じゃ、帰りに遊んで帰ろうか? ってことはあんまりないんですな。

 アドホックがダメならインフラストラクチャモードで、ってことであんまり考えすぎると、国土が広すぎてWi-Fiインフラが整えきれない北米で外でネットにつなぐってのは相当なコアユーザーかもね。となると家でつなぐってのが一般的。家にはPCやXbox 360やPS3っていうネットに繋がれた競合があるから、真っ向勝負してもしょうがないと思われますね。いっそのことスタンドアローンか(普段、ネットネットって叫んでるハニィにとっては珍しい発言でしょ?)、部屋でサクっとネットで遊べるものが好まれるのでは? スポーツモノやレースなんかが売れ行きがいいのそのせいかしら? EAの「Need for Speed:Most Wanted」は100万本を軽く超えましたね。でも! 携帯ゲーム機ではあれどハイスペックなPSPですから、当然グラフィックの美しさは問われますのね。

 日本でもローンチされましたけど、PSP直接ダウンロード(PSP本体でダウンロードコンテンツを購入できる)が期待されますぅ。現在のところUMDで販売するものをダウンロードでも購入ができます、ってスキームではあるけど、いずれオンラインオンリーで発売されるタイトルが出現してくると、在庫リスクもプライスプロテクションリスクもなく、メーカーが開発費だけの負担でタイトルをユーザーの手元に届けることができるのだよ!

 パブリッシャーが長い間苦しんできた小売リスク(マークダウン、プライスプロテクション、在庫、リピート、機会損失などなど)も排除できて、さらにハイスペック機向けタイトルの開発費高騰での苦しみも軽減されるわけで、下克上の可能性もあるわけですわ。

 これを機にデベロッパーがネットだけのパブリッシャーになる! ってことも可能なわけで、停滞していた業界の縮図も変化する可能性を秘めている、非常に興味深い流れですわ。それもこれもプラットフォーマーとしてのソニーさんの腕にかかってますよ! PS1時代のダイナミズムをもう一度! って考えてるのはハニィだけかしら?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい