2人だから戦える――「バイオハザード 5」Co-opプレイを体験してきた

カプコンのPS3/Xbox 360用ソフト「バイオハザード5」。相棒と力を合わせて数々の難局を乗り切る“Co-op(協力)プレイ”を先行体験する機会を得たので、プレイした感触などをお届けする。

» 2009年03月02日 16時06分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 3月5日に発売されるプレイステーション 3/Xbox 360用ソフト「バイオハザード5」に、相棒と力を合わせて数々の難局を乗り切る“Co-op(協力)プレイ”(オンラインでもオフラインでも可能)が搭載されているのは、すでにお伝えしている通りだ(関連記事→オフラインでも協力プレイ――「バイオハザード 5」スペシャルステージで新モードが明らかに)。

 今回、このCo-opプレイを先行体験する機会を得たので、プレイした感触などをお伝えしていこう。なお、詳しく触れていくとネタバレになってしまうため、ストーリーは割愛する。

photophotophoto Co-opプレイで操作できるのは、クリス・レッドフィールドとシェバ・アローマの2人だ

 まず始めに、これは当たり前のことだが、Co-opプレイは声を掛け合うのが非常に重要だと感じた。ゲーム中、一番多く出てくる敵は、狂気の人々なのだが、その数が結構半端ない。同じ敵を攻撃していると、別の敵にあっという間に近寄られて攻撃される、ということが多々あるのだ。また、背後から襲ってくる敵も、これまでのシリーズタイトルに比べて多い。

 シングルプレイの場合、相棒のシェバ・アローマの操作はCPUが行ってくれるので、背後に敵がいたとしても攻撃してくれる。だが、Co-opプレイの場合、2人が同じ方向を見て戦っていると、背後から近づく敵には気づかない。“前はどうにかするから後ろを見張ってて!”“後ろからも敵が来たから、とりあえず突破しよう!”など、お互いの状況を声に出して伝えることが何より大切だ。

photophotophoto 武器を持った敵の集団に襲われるクリスとシェバ。その場で戦うのか? それとも一旦突破するのか? 状況判断が求められる

 役割分担という意味でお勧めしたいのは、片方のプレイヤーが撃って敵をよろめかせ、もうひとりのプレイヤーが敵の懐に飛び込み、ボタンで“アッパー”や“フック”などのアクションを使う方法。弾薬を節約したい時などに有効だ。ただし、うまく敵をよろめかせられなかったり、タイミングを間違えると、一転してピンチに陥る。敵を倒すと弾薬を入手できることもあるので、弾薬に余裕がある場合は、素直に銃を使ったほうが良いだろう。

 敵と戦っている時だけでなく、体力を回復する際にも声を掛け合いたい。というのも、バイオハザード5では、2人のキャラクターが近くにいる状態で回復アイテム(救急スプレーやグリーンハーブなど)を使用すると、両方のキャラクターが回復するからだ。効果は半減することなく、ひとりで使った時と同じ分だけ回復する。弾薬とは異なり、敵から回復アイテムを入手できることはないので、ある意味では一番覚えておきたい要素かもしれない。

 ここまで書いてきて言うのも何だが、Co-opプレイでは、パートナーに気を使い過ぎても良くない。回復アイテムを例に挙げると、体力が赤ゲージのDYING(瀕死状態)になっているのに、“死にそうなんで回復アイテム使うよ”“ちょっと待って。いまそっちに行くから”といったやり取りをしている間に、敵に殺されてしまう。ゲームオーバーになっては元も子もないので、ある程度は自己判断も必要となるだろう。

先行体験できたシーンを最新画像とともに紹介

photophoto 「バイオハザード5」の象徴的な新クリーチャーを相手にするクリス。シェバの姿が見当たらないようだが……

photophoto 古代遺跡を探索するクリスとシェバ。通常、遺跡といえば“仕掛け”がつきものだが、シリーズ恒例の謎解きなどは存在するのだろうか

photo さまざまなシチュエーションが迫る、ここは軍用車に搭載の銃座を使って迫る敵との戦い。銃座は撃ちすぎるとオーバーヒートしてしまう
photo ひとりでは開けられない扉など、2人で協力するシーンは多々ある。囮作戦なら話は別だが、パートナーを置き去りにして、先に進まないようにしたい

photo カプセルの中に見えるものは……ここは何をする場所なのだろうか?
photo 強烈な爪あとが刻まれた壁。爪といえば“ハンター”“リッカー”“タイラント”などが思い出されるが……
photo 研究施設と思わしき巨大な場所に立つクリスとシェバ

※本記事はXbox 360版バイオハザード5を元に執筆しています。
(C)CAPCOM CO., LTD. 2009 ALL RIGHTS RESERVED.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評