トラウマになるので音楽は後からつけたほうがいい――チュンソフト 中村光一氏(前編)ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その5)(2/3 ページ)

» 2009年04月08日 15時06分 公開
[ヒライタケシ/ITmedia +D Games編集部,ITmedia]

発想の根源は?

平井 そもそも「ドアドア」のゲームの発想はどこからきたんですか?

中村 実はエニックスのコンテンストのパンフレットをもらった時に、応募作品がいわゆるコピーでいいのか分からなくて(当時はインベーダーのまがい物のようなものがあふれていた)、ナムコの「ディグダク」にはまってて、これをなんとか8001で作れないかと思って、「ディグダグ」の画面デザインとか勉強してたんです。

 案の定、コンテストはオリジナルじゃないと駄目ということで、であればこの「ディグダグ」の面白さを凝縮した別の形のものを考えようと思ったのが「ドアドア」なんです。「ディグダグ」って上手になるとバラバラにいる敵をつなげて固めていって、最後は岩を落として高得点を狙うというパターンがあったじゃないですか。その上手になるとできるというテクニック的なコンセプトを生かして、申し訳ないですけど拝借しました。だから根本にあるのは「ディグダグ」です。実はあれを応募する時、画面が「ドンキーコング」に似ていると言われたんです。はじめは画面デザインが似てて。その指摘を受けて、それで画面を変えたのを覚えていますね。

平井 その後に「マッピー」が登場したじゃないですか。似ているとは思いませんでしたか?

中村 マッピー見た時に、ボクはそんなに似ているとは思わなかったんですよね。ドアがあるなというくらいにしか。

平井 ボクはなんとなくイメージが重なって、なにか関連があるのかなーと思ったのを覚えています。かかわってるのかなーと。

中村 かかわってませんよ。マッピーは音楽がよかったですね。

平井 ゲーム好きはみんな聞いてましたよ。あとチュンソフトといえば、ジャンル開拓の発想が聞きたいんですが。

中村 ゲーム市場初期は本来ジャンルなんて概念なかったじゃないですか。RPGは少し後になってから登場しますが、アクションもシューティングもシミュレーションも大体はアメリカですでに誕生していたわけですし。

平井 サウンドノベルの発想は?

中村 当時、任天堂から製作するにあたってのライセンスはいただいていたものの、さて何を作ろうかと……。当時はまだ「ドラゴンクエストV」を作っていた頃で、社内的にもスタッフがほとんどドラクエに当てられてて。プログラマーもグラフィックも少ない人数で作れないかと話をしてたんです。その時、テキストだけでやるものはどうだろうって話になりまして。「ゾーク」のような、テキストアドベンチャーがなかったというのもあり、可能性はないか模索してたんです。プログラムもグラフィックも負担がないだろうと、文字とわら半紙だけのグラフィックでプロト版作って発表したんです。そしたら、発想は分かるけど、これじゃ売れないよと言われました。


平井 新しいものには大体そういう反応になりますよね。

中村 地味だしね(苦笑)。その後、背景などを追加していきました。だからまったく新ジャンルというよりは、テキストアドベンチャーを下敷きにしているんです。あと大きかったのは、スーパーファミコンが出た当時注目された、“拡大縮小ができる”という点よりもサンプリング音源でリアルな音が出せるというのを利用したかったんです。音が人間に与える演出効果を「ET」を初めて観た時にそう思ってて。自転車で飛んでいく感動のシーンが、自分は感動できなかったんです。気持ちが高まっている自分もいましたが、どこにでもある話なのにという自分もいて。なぜ、ちょっと感動できる自分がいるんだろうと思った時、もしかしてこれって音楽の力が大きいんじゃないかとの思いにいたりまして。

平井 確かに音楽にはエモーショナルに刺激されるものが多いですよね。

中村 当時、ファミコンの「スイートホーム」という映画のゲーム版がカプコンから発売されたんですが、怖いという感情を喚起する点で面白いと思ったんです。このゲームで感じる怖さというものはなんだろうと。

平井 ゲームの方が能動的だからですかね。

中村 映画の方は映像を見せすぎる(見えすぎる)ので、つくりものなのが見えてしまうんですよ。だから怖くない。ゲームで怖い思いをさせるのは面白いと思ったんです。

平井 確かに「弟切草」を最初にやった時、ボタンを押すのが怖くてためらいました。想像して扉の向こうになにがあるんだろうと怖がる自分がいたんですよね。そこが能動的な面白さにつながると。では、「不思議のダンジョン」はどうでしょう?

中村 これも元ネタがあって「ローグ」なんです。地味で難しいゲームなんですが。「弟切草」が終わって、次になにを作ろうとかという話になっていた時、ローグやろうよという提案がありまして。ボクはやってなかったので改めてやってみたんです。やってみたら全然面白くないんです。面白さが分かるところまでいかない。なんか拾って戦ってもすぐ死んでしまうし、アイテムも全部未識別だし何使っていいのか分からない。

 でもスタッフが面白いというからには何かあるはずだと、ずっと我慢してやってたんです。ある時、同じ未識別のものが2つあったんです。1個使ったら識別されて、残り1個が何であるか分かった。そしたらそれは有効に使えるわけですよ。その時、このゲームはそういうものかと分かった。自分の頭の中でつながって、この識別していくという面白さをどう単純化させたらいいのかを考えたんです。そして、スーパーファミコンユーザーに向けて開発がスタートしたんです。

平井 ターン制の導入は?

中村 それもローグからですよね。あのシステムでやるにはターン制にしながら、アクションゲームっぽく見せるやり方を考えたんです。

平井 キャラクターをトルネコにしたのはなぜですか?

中村 実はトルネコは後付けなんです。ローグを作ろうとして試行錯誤してたんですが、とにかく世界観的に難しいし、なんとか分かりやすくしたかった。そしたらある時、ドラクエでやればいいじゃないかと思いついて。

平井 なぜトルネコを選んだんですか? 商人だからですか? 失礼ながら確かに全然フォーカスされなかったキャラクターじゃないですか。

中村 なんでだったかな。やはり道具や武器からですかね。

平井 確かに戦士系をもってきてもピンとこなかったかもしれませんね。

中村 でも最初からトルネコでしたね。チュンソフトの中で、逃げ回るイメージから勇者や戦士じゃないよねという話になった時に、トルネコがいいじゃないという話になりまして。

平井 ボクもローグは遊んでいたので、「トルネコ」が発売された時、ついに出たなって思いがありましたよ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  6. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  9. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評