ニュース
» 2009年06月16日 19時45分 公開

日々是遊戯:昭和の香り漂う、懐かしの「駄菓子屋ゲーム」博物館へ遊びに行ってきました

よく駄菓子屋の店先に並んでいた「新幹線ゲーム」をはじめ、今となっては貴重な「駄菓子屋ゲーム」ばかりを集めた「駄菓子屋ゲーム博物館」へ週末、遊びに行ってきました。

[池谷勇人,ITmedia]

懐かしの10円玉ゲームがずらり

表からだと「博物館」にはちょっと見えないかも

 その昔、駄菓子屋の店先などでよく子供たちが群がって遊んでいた「駄菓子屋ゲーム」。10円玉をはじいてゴールを目指す「新幹線ゲーム」や、パチンコ玉大のボールが世界のあちこちを旅する「世界一周ゲーム」など、人それぞれに“思い出のゲーム”があると思いますが、そんな「駄菓子屋ゲーム」ばかりを集めた「ゲーム博物館」なる施設が板橋区にあると聞き、週末に友人たちと遊びに行ってきました。

 場所は都営三田線・板橋本町駅から歩いて約5分。商店街活性化を目的とし、今年3月に新しくオープンした「地域ふれあいステーション コン太村」内に、その「駄菓子屋ゲーム博物館」はありました。

 外観は「博物館」というより普通のお店ですが、入り口をくぐるとさっそく懐かしの名機「国盗り合戦」が正面にドンと置かれていて、友人一同思わず「懐かしい!」と大喜び。ほかにも館内にはおなじみの「新幹線ゲーム」をはじめ、常時30台ほどのゲーム機がズラリと展示されていて、多くの親子連れやカップル、それに子供たちで賑わっていました。もちろん単に資料として展示するだけでなく、どれもちゃんと10円玉を入れれば実際にプレイすることが可能。料金設定も当時のままなので(ほぼ全ゲーム10円)、500円も持って行けばうんざりするほど遊ぶことができます。

日曜の店内は、親子連れやカップルで賑わっていました
館内には貴重な「駄菓子屋」ゲームがズラリ
一角には駄菓子の販売コーナーもあったりします

 ここに置かれているゲーム機はもともと、館長である岸昭仁さんが個人的にコレクションしていたものだとか。以前からいくつかのゲーム機は所有していたそうですが、本格的に集め始めたのは7〜8年前から。放っておけばいずれ壊れて捨てられてしまうだけの「駄菓子屋ゲーム」たちを、「誰かが文化財として保護していかなければ」と思い立ったのが収集のきっかけだったそうです。

 昭和世代には懐かしい「駄菓子屋ゲーム」ですが、岸さんによれば子供たちも駄菓子屋感覚でよく遊びに来るのだとか。時代が進んでも、ゲーム自体の面白さやアイデアの秀逸さは不変。加えて「デジタルなゲームに慣れ親しんだ今の子供たちには、このアナログ感が逆に新鮮に映るのでは」と岸さんは分析します。もちろん30〜40代以上の来客も多く、オープンから現在までに、北は北海道、南はなんと石垣島からも来館があったというから驚き。「いい歳をした大人でも、ここへ来るとみんな子供に戻っちゃうんですよね(笑)」と岸さん。

ルーレットを回して、天下統一を目指す「国盗り合戦」
ルーレットゲームの定番「ピカデリーサーカス」シリーズ
床を傾けてボールをゴールまで運ぶ「ファミリーボールII」

 そんなこんなで、気付けば筆者もたっぷり2時間以上にわたって「駄菓子屋ゲーム」を満喫。最後はゲームをクリアすると排出される当たり券を駄菓子に替えてもらい、わずかな戦利品と、胸一杯の満足感とともに博物館を後にしたのでした。

 懐かしくて、面白くて、大人から子供まで10円玉を握りしめて熱中できる「駄菓子屋ゲーム博物館」。昔の思い出に浸りたい人や、子供時代にクリアできなかった憎いゲームに大人の財力でリベンジを果たしたい人は、ぜひ一度訪れてみてはいかがですか?

両替機も、電気を使わない「手回し式」というこだわり
子供たちも夢中になって遊んでました
昔クリアできなかったゲームにリベンジ中

映画やドラマの撮影用に、マシンの貸し出しも行っているそう
板橋区の商店街活性化企画コンテストがきっかけでオープンが実現
最後は当たり券をお菓子に替えてもらいました

関連キーワード

商店街 | 昭和 | 文化財 | 日々是遊戯


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた