アリーマー驚異の向上過程「レッドアリーマー 魔界村外伝」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(3/4 ページ)

» 2009年12月28日 14時59分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

地道な単純作業の重要性

 ステージ5をなかなかクリアできず、心が折れそうになっていたわたしだが、ここで裏技的な“魂”の増やし方を発見した。町とルシフェルの城の間にある「ナーガの道」。ビオラスがいっぱい出てくる難所だが、入ってすぐの所に、“魂”4個入りのツボが置いてある。これを取って、入口から出て、また入って、……を繰り返せば、安全に“魂”を増やすことができるのだ。フィールドでモンスターと戦って稼ぐより早い。

 出たり入ったりを8回繰り返してようやく“闇の力”が1つ増えるという、単調で面倒くさい作業である。でも「裏技を自分で見つけた」という気持ちがあるためか、なんか楽しかった。単純作業が快感になるところが、いかにもレトロゲームっぽい。

 “闇の力”を最大の9個持ってステージ5に再挑戦。ドリルの難所を通過し、ボスのルシフェルとの戦いへ。ルシフェルにはクローの攻撃が効かず、しかも腕を下げたときしかダメージを与えられない。弾はレッドアリーマーをしつこく追いかけてくる。結局“闇の力”を一度使い果たし、9個持っていたときのパスワードを再入力して、ようやくこのステージをクリアした。

ナーガの道の入口。“魂”のツボがすぐそこにある。何度出入りしたことか
“闇の力”は9個までしか持てない。それ以上引き換えようとすると、このように断られる
ルシフェルとの対戦。弾がレッドアリーマーを追い回す。画面外に出せば消えるが、すぐにおかわりが来る

 レッドアリーマーはここで最後のレベルアップ。体力が増え、最強の攻撃魔法・ダークファイヤーを手に入れる。そしてホバリングの滞空時間に制限がなくなった。

 最終ステージへ。非常に迷いやすく、出口がどこかわかりにくいが、どうにか抜けると遂に最終ボス、キングブレーガーの登場だ。ルシフェルを強化したようなボスで、やはりレッドアリーマーを追いかける弾を撃ってくる。レッドアリーマーがさっきまでの状態だったら苦戦しただろう。

 でも強くなったレッドアリーマーは、空中でずっと留まっていられるし、ダークファイヤーは追いかけてくる弾を打ち消せる。ブレーガーがなかなか腕を下げてくれないので長期戦になるが、ルシフェル戦に比べればはるかに楽だ。レッドアリーマーの成長を実感させてくれる難易度設定である。

某RPGをほうふつとさせるブレーガーの提案。もちろん話に乗っても、ろくなことにはならない
ブレーガーが腕を下げたとき、頭を狙ってダークファイヤーだ!

 かくして魔界を危機から救ったレッドアリーマー。次は地上を人間たちから奪う役目を仰せつかる。レッドアリーマーは、成長して強くなった状態で、アーサーの前に立ちはだかるのだ。

より赤く、より難しくなった「II」

 1992年、「レッドアリーマーII」が発売された。対応機種はゲームボーイからファミコンに変わっている。「ゲームセンターCX」で有野課長が挑戦しているが、「マイティボンジャック」とのダブルヘッダーだったため、放送時間はあまり長くなかった(ちなみに1作めの方も最近、「もったいないカラー」というコーナーで取り上げられた)。

 「II」の時代設定は1作めよりも昔で、まだ人間界ができる前。レッドアリーマーは訓練所で修行中の身。システム自体は前作と大きく変わっていない。アクションモードとRPGモードがあるし、壁への張り付きもホバリングもできる。前作と違うのは、RPGモードでのランダムエンカウントがないこと。あとパスワードでコンティニューすると、“魂”と“闇の力”の数が、初期値に戻ってしまうこと。

ゲームボーイからファミコンになって、グラフィックがカラフルになった
もちろん町もある。町で聞けるパスワードは、“呪いの言葉”から“悪魔の数字”に変わった
こうなったとき、ジャンプしなくても十字キーの下でまっすぐ下りられるようになった

今度の動く床は攻撃してくる上、乗るタイミングがつかみにくい。ステージ2は敵の攻撃も激しい

 わたしが「II」の方をプレイするのは、今回が初めて。やってみると、やっぱり序盤はレッドアリーマーを思い通りに動かせなくて、もどかしい。そしてやっぱりステージ2、特に、動く床に苦労する。このステージ2は構造が複雑だし、敵の数も種類も多い。まだ弱いレッドアリーマーには酷なステージだ。前作よりも難度は上がっているかもしれない。

 どうしてもステージ2がクリアできないので、ここで早くも“魂”稼ぎに走らせてもらおう。「II」にワンダリングモンスターはいないが、フィールド上の特定の場所に立っている敵がいる。1作めと異なり、この時点でレッドアリーマーの体力がそこそこあるし、相手はそんなに強くない。勝つと“魂”が3個手に入る上、この敵はそこに留まったままなので、何度でも戦える。

 ここでは“魂”15個で、“闇の力”が1つもらえる。“闇の力”を最大の9個まで貯めてステージ2に再トライ。8個残してボスにたどり着いた。ボスは空気を吸ったり吐いたりして風を起こすが、落ち着いて戦えば、さほど厄介な敵ではない。ステージ2をクリアすると、バスターの魔法が手に入る。さらに「堕天使の翼」も入手し、滞空時間がアップした、はずなのだが……。

 ステージ3の砂漠に向かう途中の谷を、なぜかあとちょっとで飛び越えられない。ここだけで2、30回はミスしていると思う。ようやくまぐれで谷を抜け、ステージ3に来たけれど、ここでゲームオーバーとなって、谷のはるか手前からやり直し。心が折れた。

フィールド上にいる固定の敵で“魂”を稼ぐ。固定なので、出てくる敵の種類も決まっている
ステージ2後半の槍地帯も難関だが、幸い、ここでミスしても、復活ポイントは槍を抜けた場所
ステージ3の前の谷は、何度飛んでもこんな感じ。もう少しのところで、ホバリングできる制限時間が切れてしまう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」