コンテンツデフレの時代に、ソーシャルゲームが急成長を見せたわけOGC 2010(2/2 ページ)

» 2010年02月18日 15時11分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ソーシャルゲームはなぜ受け入れられたか?

ジャーナリストの新清士氏。iPhoneアプリやソーシャルアプリの話題を柱に、今後のゲーム産業の展望を語った

 一方、ソーシャルゲームはなぜこれほどまでに受け入れられたのか、新氏は次のように分析している。

 第一に、コンテンツデフレの時代においては「時間」がもっとも重要な価値を持つということ。時間は交換することも、貯蓄することもできない。「その時間を過ごしているのが無駄じゃない、と納得させられるもの」でなければ、ユーザーは遊んでくれないという。1回のプレイ時間が短く、なおかつ現実のコミュニティと密接に結びついているソーシャルゲームは、この点において大きなアドバンテージがある。

 第二に「グラフィックのクオリティが行き着くところまで行ってしまった」ことも大きい。グラフィックへの感動が薄らげば、自然に人々はゲーム性を求めるようになる。それならソーシャルゲームでも十分ではないか、と新氏は分析している。

 そして第三に、「もっとも面白い対戦相手は人間」であるという点だ。これについては澤氏も講演の中で触れているが、「対戦とはむき出しのコミュニケーションそのもの」であり、「永続的かつもっとも変化に富んだコンテンツ」であると言う。どれだけゲームやAIが進化したとしても、モニタの向こうに見える「人間」との対戦を越える面白さを生み出すことはできないというわけだ。

 これらの条件をすべて満たしているからこそ、ソーシャルゲームは爆発的なブームとなった。今やmixiアプリの数はPC、モバイル合わせて1000を越えており、その多くをソーシャルゲームが占めているというのが現状だ。しかし同時に、新氏は次のように警鐘も鳴らしている。「こうした状況下では、“ウィナー・テイクス・オール”の状態に陥りやすい。おそらく『サンシャイン牧場』を越える農場アプリはmixiアプリではもう現れない」。

チャンスは何度でも訪れる

 しかし、だからといってチャンスがないわけではない。なぜなら「ユーザーが持っているハードスペックは一定間隔でリセットされるから」だと新氏は語る。ハードがリセットされれば、低スペック向けのサービスは淘汰され、そのたびに新しいプラットフォームが台頭できるチャンスが生まれる。

「今のスパコンは、10年後には1000ドルクラスのPCになる。今の1000ドルPCは、10年後には200ドル以下のモバイル端末になる。重要なのは、そのタイミングでいかに自分たちのサービスをオーバーラップさせるかであり、そのチャンスは今後何度でも訪れる」と新氏。

 また同時に、今後のカギは「物語性」をいかに盛り込むかであるとも語る。

 ここで言う「物語性」とは、いわゆるストーリーのことではない。物語とはプレイヤーがそこから得る体験そのものであり、それは製品や企業、個人など、どんなところにでも含まれると言う。例えばiPad対Kindleのどちらが勝つか、という論争はなぜ盛り上がるのか。なぜ巨人阪神戦は盛り上がるのか。それは、人々がそこに物語を見出しているからにほかならない。

 新氏は現在のデジタルコンテンツ市場を、「価格と価値のバランスが崩れた状態」と表現する。無料、もしくは低価格で遊べるコンテンツが市場に溢れた結果、これまで当たり前のように「1本7000円」で売られていたゲームは「高い」と思われるようになってしまった。

 このバランスが以前の状態に戻ることはおそらくないが、それを食い止めるカギが「物語」にはあると新氏は予測する。プラットフォームが変わるタイミングを見極め、そこで人々が好きになってくれる“物語”を供給することができれば、次の成功者になるチャンスはいくらでも転がっている。ソーシャルアプリがこれほどの人々の心を捉えたのも、ちょうどプラットフォームが変わるタイミングで、「人対人」という何よりもエキサイティングな物語を提供できたからではないだろうか。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評