ニュース
» 2010年03月15日 15時04分 公開

下野紘さんが愛情満載のおもてなし(?)を受けた「バカとテストと召喚獣 文月学園文化祭」(1/2 ページ)

アニメ「バカとテストと召喚獣」とパセラのコラボレート企画イベント、「文月学園文化祭 in バトゥール東京」が2月13日に開催され、下野紘さん、原田ひとみさん、竹達彩奈さん、水橋かおりさん、麻生夏子さん、milktubが駆けつけた。

[ふじたけ,ITmedia]

 人気アニメ「バカとテストと召喚獣」とカラオケ パセラのコラボレート企画イベント、「文月学園文化祭 in バトゥール東京」が2月13日に開催された。当日は吉井明久役の下野紘さん、姫路瑞希役の原田ひとみさん、清水美春役の竹達彩奈さん、島田美波役の水橋かおりさん、OPテーマ「Perfect-area complete!」を歌う麻生夏子さん、EDテーマ「バカ・ゴー・ホーム」を歌うmilktubが駆けつけ、ファンをもてなした。

 会場が結婚式場というだけあって、荘厳なBGMをバックに出演者がステージに登場すると、イベントはそのままmilktubのbambooさん(新郎)と下野さん(新婦)の結婚式という装いで進む。戸惑う下野さんをひとしきり満喫して、前座はこのくらいというところで本日のラインアップ紹介へ。

続々と式場(?)へ出演者が。右から下野さん、原田さん、水橋さん、竹達さん、麻生さん、milktubの2人(写真:右)

今日も下野さんがいじられる

 イベントはオリジナルメニュー試食、キャラクターミスコンテスト、OP・EDライブの流れだと説明した上で、最初のコーナーは「下野さんで遊ぼう!」だ。当然のように困惑する下野さんは、第1話で明久が美波に関節をキメられるシーンの再現を求められて、きっちりと身体を使ってお披露目! 会場を爆笑させる。



 そのまま、休憩を兼ねた観客のバカテスオリジナルメニュー試食タイムを経て、ミスコンテストへ。進行を務める下野さんはド派手なパーティー衣装で登場し、「Hi,みんな元気かい? Mr.下野です! ……僕の衣装には触れないでください」と、ミスコンに相応しいテンションで挨拶する。

 ミスコンは3人の美少女(瑞希、美春、美波)を後見人たち(各キャスト)がPRする形式でスタート。始めに、後見人たちが意気込みを述べた。


「瑞希ちゃんの魅力は、ここに居るみなさんは十分ご存知かと思いますが、みなさんに票を入れていただけるようにこれから頑張ってプレゼンいたしますので、よろしくお願いします」(原田さん)

「美春ちゃんはあんまり登場しないんですけど、決していらない子じゃありません!(笑) みなさんに、今回のPRで美春ちゃんのことを少しでも好きになってもらえたらいいなと思います」(竹達さん)

 続いての水橋さんが「満場一致で(票を)入れてもらえる自信があるんです。秘策を用意しました。『脇の下にゴミ付いてるよ』っていえば全員手挙がるじゃん!」と意気込むと、司会の下野さんは「それ、しゃべっちゃったら使えないじゃん」ときっちり突っ込みを入れる。しかし、水橋さんにはまだ秘策があった。

 各キャラクターにスポットを当てたVTRとともに3人が精いっぱいプレゼンをして、投票の段階になると水橋さんは第二の秘策、「1位にしてくれたら、下野君を含むみんなで女装します!」という公約を掲げた。下野さんが「僕以外女性じゃん!」と突っ込む中、水橋さんの1位は決定かと思いきや、結果発表でまさかのどんでん返しが起こった。


優勝はもちろんあの人

 下野さんが「グランプリはエントリーナンバー4番、木下秀吉さん!」と発表すると、女性陣は「なんでー!」、「ちょっとー!?」と不満を漏らすが、お構いなしに、秀吉を演じる加藤英美里さんからのビデオメッセージが上映される。


「今回はなんと、キャラクターミスコンテスト第1位に選ばれたということで、ありがとうございます。最近、秀吉は女の子でも男の子でもなく、秀吉は秀吉なんだなって思えるようになって来ました。それまではずっと秀吉は男の子と思って演じてきたんですけど、秀吉に代わるものは無いなと思い始めております。バカテス本編も残りわずかとなってきましたけれども、最終回まで楽しんでいただけたら嬉しいです」(加藤さん)

 まさかの結果に対する下野さんへの罰ゲーム(?)か、会場のスクリーンには再び「下野さんで遊ぼう!」のコーナー名が躍る。下野さんが第5話の、ストライカー・シグマVなど恥ずかしいアイテム名を絶叫するシーンをきっちりと再現すると、会場からは歓声が上がった。

きっちりやり通す下野さん

 そのままイベントはmilktubのライブステージへ。「みなさん、バカになってみませんか!」というbambooさんに呼応して、「バカ・ゴー・ホーム」を全員が一緒に歌いきり、milktubは当日開催される名古屋でのライブに駆けつけるため、会場を後にした。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声