ニュース
» 2010年07月14日 16時13分 公開

女子限定!男子禁制のアニソンイベント開催決定! 「アニサマ Girls Night」記者発表会リポート

女性による女性のためのライブイベント「アニサマ Girls Night」が10月31日(大阪)、11月2日(東京)に開催される。

[Girl's OH編集部,ITmedia]
Girl's OH
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 2005年、国立代々木競技場第一体育館での開催を皮切りに、毎年規模を拡大し続ける国内最大のアニメソングライブイベント「Animelo Summer Live(アニサマ)」。

 今夏もさいたまスーパーアリーナにて開催が予定されているが、新機軸として女性の、女性による、女性のためのライブイベント「アニサマ Girls Night」が10月31日(大阪)、11月2日(東京)に開催される。

 「コンセプトは“女性が元気で美しくなれるように”」、「出演者、バンドメンバー、来場者の全てが女性」という、男子禁制(ニコ生の配信において観覧は可能)イベントの記者発表会が7月8日、文化放送メディアプラスホールにて行われた。

 会場には司会の佐藤ひろ美をはじめ、奥井雅美、麻生夏子、ステファニー、May’n、飛蘭ら出演者が登場。また、この記者発表の模様は動画共有サイト「ニコニコ動画」にて生中継され、リアルタイムで視聴者からのコメントがスクリーンに反映されるインタラクティブな記者発表となっており、出演者、ファンがともに盛り上がれるイベントとなった。

 記者発表では、出演アーティストのライフスタイルを取り上げる「スタイルブック」の発売と、「女の子が元気になれて少しオシャレに力強く生きていけるように」というメッセージを込めたイベント・テーマソングの制作も発表された。「女子」がテーマの華やかなイベントに対する出演者のコメントは以下の通り。


── ライブの見所と意気込みを教えてください。

麻生夏子 今回は女子限定という新しい試みで、今からワクワクしています。いつもは周りの目が気になってはしゃげない女子なんかがいたら、今回はめいっぱいはしゃいでほしいです。このライブは、男子禁制な感じの大きなフェスティバル、お祭りみたいなものと思っています。ですので、この女子会の雰囲気を楽しんでいただけたらな、と思います。

ステファニー

ステファニー 女の子限定イベントは初めてで、ワクワクしています。その名の通り「Girls Night」ということで、皆で女の子の魅力を発揮していきたいと思います。

May'n 普段の私のライブでも女の子がたくさん来てくれるんですが、男の子がいると背が低い子は見れないのかなと思ったりしていたので、こうして女の子限定でできるということで嬉しいです、皆が見れるステージを作りたいと思います。あとは女の子だけの歓声も聴けるのかなって楽しみにしています。


飛蘭

飛蘭 普段、私はかっこいい系のキャラだったりするので、今回は女子力的なものを上げて、おめかししてイベントに参加させていただきたいと思っています。あとはお客さんが女の子だけなので、普段は男の子がいて盛り上がりにくいという皆さんもいっしょに盛り上がって、一体になれればと思います。

奥井雅美 アニメソングが好きな女の子って、最近はすごくかわいくオシャレになって、アニメソングとかゲームミュージックが好きというわけではな女の子との差があまりなくなってます。歌ってらっしゃる方も洗練されてきて、(アニメソングのシーンが)変わってきたなと思ってて、もっと女子力をアップする内容を絡めたようなイベントをやりたいなと思ってました。今年は「Animelo Summer Live 2010 -evolution-」ということで「進化(evolution)」しなきゃいけないと思っていたし、だったらいっそのこと何もかも女の子でやったらいいんじゃないですかということで企画しました。女性ファンの方は、もしかしたら女性アーティストを見たいとは思わないかもしれないけれども、いつものライブだったり「アニサマ」とは違う表情や衣装を見せるようなライブができたらいいと思います」


佐藤ひろ美

佐藤ひろ美 最初にこの話を聞いた時に、なんて斬新なんだと思いました。でも奥井さんから、女の子がライブで端っこで申し訳なさそうに立っていたり、アニメソングが好きですっていう女の子の声が届いたりっていう話を聞いて納得しました。最近のアニソンファンの女の子って、オシャレに目覚めてきたり、元々オシャレが子がすごく多い気がします。昔はアニソンファンというとすごく偏見があったんですけど、そういうのがなくなってきた今だからこそ、こういうイベントを考えて女の子のために盛り上がりたいと思います。一般的なエンターテイメント業界でも、女の子限定のライブイベントって珍しいと思うので、そういうイベントに参加できるという事でも感動しています。



── イベント開催までの4カ月間、どうやって女子力を高めてライブに備えますか?

奥井雅美 佐藤さんと私はアンチエイジング(笑)。ツアー中なので、人に見られるという事である程度女子力は保たれるかな。そして何よりも健康の方を維持したいです。心も体も健康でないと女子力どころではないので、そういうのを心がけながら自然に女子力を保てるようにしたいです。

麻生夏子 私は来月にやっと20歳になるので、まだまだ女子力と言っても皆さんにスタイルブックに書くほどのものがあるのか不安なんですけど、この4カ月に一歩でも大人にちょっと近づけるようになりたいです。雑誌が好きなので、そこから情報を収集して、自分のインプットを増やして、女子力を高めていきたいと思います。

ステファニー ランニングをします。体力作りが大切なので、ダイエットもして、ナイスバディでがんばりたいと思います。

May'n 私はまだ女子力というものがよくわかってないのですが(笑)、奥井さんが歌で女子力を上げていこうと言ってらっしゃるので、私もそれにならってどんどん女子力をあげていきたいと思います。そして一人暮らしにも慣れてきたので、引き続き美味しいものをたくさん食べていきたいなと思います(笑)

飛蘭 やっぱり奥井さんと佐藤さんがおっしゃっていたアンチエイジングですね。最近、ゴルフボールにはまってて、これ(ゴルフボールのリンパマッサージ)をやると顔周りの大きさが全然違うんですよ(笑)。そういうのを気にかけながらコロコロ転がしたいです。あとは女子だけということなので、香り的なものを気にしたいなと思って(笑)。いい香水を探したりしていきたいですね。

 なお生放送を見ていた女性ファンからの「男子以上に暴れてOKですか」という質問については――。

佐藤ひろ美 全然いいですよね。そのためのガールズナイトだし。

奥井雅美 女子が暴れるのって、かわいいんじゃないの?

麻生夏子
May'n
奥井雅美

 と女子オンリーならではの、解放感を大切にしたイベントを心がけるコメントが飛び出した。

 また、出演者は現在発表されているラインアップから、さらに若干追加される予定。2010年度の副題通りに「進化」し続ける「Animelo Summer Live」、そして「アニサマ Girls Night」を今後も要チェックだ。

文中敬称略

スタイルブック概要

  • タイトル:アニサマ Girls Night出演アーティストVisua Photo book
  • 発売日:11月2日(火)(※アニサマ Girls Night大阪公演会場にて先行発売予定)
  • 価格:未定

アニサマ Girls Nightテーマソング概要

  • タイトル:未定
  • 作詞・作曲:奥井雅美
※スタイルブック同梱発売予定

ライブ情報

  • 公演日:2010年10月31日(日)(大阪公演)/2010年11月3日(水・祝)(東京公演)
  • 各日 午後4時開場、午後5時開演
  • 会場:Zepp Osaka(大阪公演)、Zepp Tokyo(東京公演)
  • 主催:AG-ONE 、文化放送
  • 企画:アニサマガールズナイト実行委員会
  • 出演者アーティスト:【大阪公演】:麻生夏子、奥井雅美、栗林みな実、下田麻美、新谷良子、Suara、ステファニー、飛蘭、May’n他(50音順)/【東京公演】:麻生夏子、今井麻美、奥井雅美、栗林みな実、佐藤ひろ美、下田麻美、新谷良子、ステファニー、中野愛子、飛蘭、美郷あき他(50音順)
  • チケット情報:料金/前売り5500円(税込)
  • 席種:全席指定
  • アニメロ会員限定チケット最速先行予約:抽選申し込み受付期間は2010年7月9日(金)正午〜7月30日(金)午後6時まで
  • チケット引き取り期間:2010年8月4日(水)〜8月8日(日)まで(※終了時間は店舗によって異なります)
  • 申し込み方法:ケータイサイト”アニメロミックス”、”アニメロ★うた”、”超! アニメロ”にて、2010年7月9日(金)より申し込み方法を告知。
※ケータイサイト”アニメロミックス”、”アニメロ★うた”、”超! アニメロ”のいずれかの会員のみ申し込みが可能。
  • 一般発売:発売日/2010年9月4日(土)

 イベントの詳細は、アニサマ Girls Night公式サイト

左から栗林みな実、下田麻美、新谷良子、Suara

左から今井麻美、中野愛子、美郷あき


(C)アニサマガールズナイト/AG-ONE


Copyright (C) n3o Co.,Ltd All rights reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」