連載
» 2010年08月13日 12時29分 公開

「ファンタビジョン」も発売から早10年経ちましたゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第88回は「ファンタビジョン」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)。傷心旅行で熱海にやってきたゲイムマンさんは、カノジョとデート中の皆さんの姿を目にして「うらやましいなぁ」と感じ、さらに心を傷めるはめに。その傷を癒してくれたのは?

[ゲイムマン,ITmedia]

彼女がいないいつもの夏休み

せっかく熱海まで来たのに、日帰りだったから温泉に入る暇がなかった……

 さて、前回の「ミシシッピー殺人事件」で書いたとおり、本当に告白して、ふられてしまったゲイムマンさんなのだが。

 心の傷を癒すため、旅に出ることにした。ロマンスカーに乗ろうと思ってたけど寝坊して乗れず、「つくづくロマンスに見放されているなあ」とひとり嘆きつつ、仕方なく急行電車に乗る。

 そして、熱海へやってきた。熱海といえばいまや「ラブプラス+」である。駅の観光案内所にはのぼりが立っているし(スタンプラリーシートの配布場所になっている)、ニンテンドーDSを持ったカレシさんの姿もよく見かける。

 とはいえ、夏休み期間中、しかも日曜日とあって、ほかにもあらゆる客層の観光客が集まっている。若いカップル、ご年配の方、家族連れ、外国人の方、女性同士のグループ……。

 ロープウェイで「あいじょう岬」の展望台へ行った。もともと有名なデートスポットだからか、ここにはARマーカーが3つもあった。ARマーカーは熱海のいろんな観光名所に設置されており、iPhone版「ラブプラスiM」「ラブプラスiR」「ラブプラスiN」で、これらを撮影することで、カノジョと記念写真が取れるのだ。

 お宮の松の前にもあったARマーカー。今回は、ARマーカーを「クォース」のブロックに見立てて、“熱海クォース現象(まつり)!”と題し、熱海にある全部のARマーカーを見て、どうブロックを打ち込めば四角くなるか検証しよう! と考えていたのだが――。

あいじょう岬に掛けられた絵馬も、ここ最近で急に増えたことだろう。もみじ真魚先生の絵馬も目立つ所にある
熱海の主要な観光スポットの多くに、ARマーカーが設置されている。お宮の松と、貫一お宮の像
「L」の方は逆さに見たら、「クォース」によく出てくるブロックの形になるのだが……

 写真でお分かりのとおり、これに下からどうブロックを打ち込んでも四角くはならない。これを「クォース」のブロックに見立てるのは無理がある。第一、ついこないだまで高嶺愛花を「タカミネアイカ」と読んでたような人間が、ラブプラスに便乗しちゃダメだと思う。

 で、どうしようかと悩んでいるうちに、熱海サンビーチのレインボーデッキに着いた。野外ステージでライブが行なわれている。日が暮れるにつれて、人が増えてきた。

 実はわたしが訪れた7月25日は、熱海海上花火大会の開催日。熱海の花火は、サンビーチからさほど離れていない場所で打ち上げられるので、大きくて迫力がある。開催される日数も多く、今夏は7回も開催される。25日はその1回目だ。

 色とりどりの大きな花火の美しさに感嘆していたら、「ファンタビジョン(FANTAVISION)」(ソニー・コンピュータエンタテインメント)のゲーム画面が思い浮かんだ。今回は、花火を題材にした、このアクションパズルゲームを取り上げることにしよう。

ムーンテラスのARマーカーは、ややわかりにくい場所にある。サンビーチとムーンテラスは「恋人の聖地」に認定されている
ヤシの木越しに花火を鑑賞。ヤシの向こうに有料観覧席もあるが、無料エリアからでも花火はよく見えた
締めはスターマイン。夜空が一気に明るくなる。光もさることながら音もすごい

マトリックス・売れーてっど

プレイステーション 2の、比較的初期に出たモデル(SCPH-18000)。縦置きできて場所を取らないというのも新しかった

 2000年3月4日、プレイステーション 2が発売された。いわゆる“次世代ゲーム機戦争”を制したプレイステーションの後継機種であり、どんなマシンになるのか、発売前から大いに注目されていた。

 大きな特長が2つ。まず、DVDプレイヤーとして使えたこと。当時既にDVDプレイヤーはあったが、価格が高くてあまり普及していなかった。プレイステーション 2はDVDプレイヤーとしては破格の値段だったため、DVDの普及に大きく貢献した。

 初期の頃は、プレイステーション 2専用のゲームソフトが、比較的地味なラインアップだったこともあり、DVDプレイヤーとしての側面が、むしろ目立っていたほどだ。ちょうど「マトリックス」のDVDが発売された頃であり、相乗効果で「マトリックス」DVDもプレイステーション 2もよく売れた。「プレイステーション 2でいちばん売れてるソフトは『マトリックス』」とまで言われたものだ(わたし個人は、コーエーの「三国志VII」にドハマりしたのだが)。

 もう1つの特徴は、先代のプレイステーションのソフトも動かせること。今では上位互換性がないゲーム機の方が珍しいが、当時としては画期的なことだった。これによりプレイステーション 2は、プレイステーションで築いた優位を保つことができた。

 もちろん、マシン自体の性能の高さも圧倒的だった。初代プレイステーションでは1秒間に表示できるポリゴンが最大36万枚だったのに対し、プレイステーション 2では7500万枚。

 その高性能ぶりを示したゲームが、今回取り上げる「ファンタビジョン」だ。プレイステーション 2本体と同時発売ではなかったが、わずか5日の差だし、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売された初のプレイステーション 2専用ソフトなので、ローンチタイトルと考えて差し支えないだろう。

 「ファンタビジョン」は、この連載で今までメインで取り上げたどのゲームよりも新しいが、それでも登場から10年以上経っている。プレイステーション 2の映像に驚いたあの頃からもう10年……時の流れは速い。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」