狼なんか怖くなかったりやっぱり怖かったり「プーヤン」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

ITmedia Gamezに引き続き、ITmedia ガジェットでもよろしくお願いします。連載第93回は「プーヤン」。コナミのアーケードゲームで、ファミコン版はハドソンから発売。メルヘンチックなグラフィックではありましたが……。

» 2011年04月04日 14時08分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

百匹狼

乃木坂の近く、青山公園にて撮影。道1本挟んで青山霊園がある

 ITmedia ガジェットをご覧の皆様、ゲイムマンと申します。ITmedia Gamezから移ってきたこの連載では、懐かしのゲームを紹介し、ついでにそのゲームにゆかりのある場所を訪ねております。とはいえ、実在の場所に“ゆかり”を持つゲームなんて数少ないですから、たいていは無理やりこじつけで“ゆかり”を作ってますが。よろしくお願いいたします。


過去の記事をご覧になりたい方はこちら


 さて、文体をいつもの感じに戻すけど、今回取り上げるゲームは「プーヤン」。1982年、アーケードに登場したKONAMIのシューティングゲーム。1985年、ハドソンからファミコンに移植された。

 ということで、KONAMIとハドソンの本社がある、乃木坂の近くに行ってきた。両社の本社がある東京ミッドタウンは、地下通路で六本木駅に直結しているが、住所は赤坂9丁目で、乃木坂駅からもほど近い。付近には国立新美術館や、乃木坂の名前の由来となった乃木希典大将の家がある。


国立新美術館の建物は、黒川紀章氏が設計した。現在、シュルレアリスム展を開催中
乃木邸の敷地内にある、レンガ造りの厩(うまや)。1893年(明治26年)に建てられた
乃木神社の境内には、早くも桜が咲き始めていた

 「プーヤン」は、KONAMIのゲームをハドソンが移植したわけだが、アーケードやPCの人気ゲームを、別のメーカーがファミコンに移植して販売することは珍しくなかった。

 「バーガータイム」(アーケードはデータイースト→ファミコンはナムコ)、「ジーザス」(PCはエニックス→ファミコンはキングレコード)、「地球戦士ライーザ」(PCはエニックス→ファミコンは「銀河の三人」と改題され任天堂)、「イース」(PCは日本ファルコム→ファミコンはビクター音楽産業)などが例として挙げられる。

 もっとも「プーヤン」の場合、既にKONAMIが「イー・アル・カンフー」と「けっきょく南極大冒険」でファミコンに参入した後に移植されている。3年前のアーケード版を知らないプレイヤーの中には、このゲームをハドソンのオリジナルゲームと認識していた人も少なくないだろう。

(エニックスの2作品も似た状況だが、エニックスは「ドラゴンクエスト」以降しばらく、自社から発売していたのは同作のシリーズのみだったので、「プーヤン」のケースとは異なると考えられる)

 「プーヤン」は、「三匹の子豚」を思わせるメルヘン調のグラフィックで、見た目はほのぼのとした感じのゲームである。ただしゲーム内容はシューティングで、わらわら押し寄せる狼を次々撃ち落とすというもの。もしグラフィックがこんな感じでなかったら、まったく違う印象のゲームになっていたかもしれない。

オープニングデモでさらわれる子豚。「プーヤン」はマイキャラではなく、狼にさらわれた子豚の名前
狼が風船につかまって次々と降下。アーケード版は縦長画面だったが、横長画面になっても違和感がない

晴れときどき狼

 狼にさらわれた子豚のプーヤンを救うため、プーヤンのママが狼と戦う。画面がスクロールしない、固定画面のシューティングで、一見同じようなステージが続くように見えるが、2種類の異なるステージと、2種類のボーナスステージから成る。

 どのステージでも、プーヤンのママはゴンドラを使って上下に移動し、弓矢と、ときどき出てくる肉で攻撃する。ゴンドラを動かしているのは、プーヤンの兄のブーヤンだ。

 最初のステージでは、狼は風船につかまって上から下りてくる。風船に矢を当てて割り、狼を落とすのが目的。画面左上に表示された数の狼を倒せばクリアとなる。狼も石を投げて攻撃してくるので、よけるか、撃つか、ゴンドラの屋根や足場に当てるかして避ける。この石は、放物線を描いて飛んでくるため、慣れないとちょっと避けづらい。

プーヤンママの基本武器は弓矢。あくまで狙うのは風船で、狼に矢を直接当てても効果はない
石に当たったり狼にかみつかれたりすると、プーヤンママがゴンドラから落ちる
狼の投げる石をゴンドラの屋根に当てた瞬間。跳ね返って落ちる石を撃つことも可能

 肉を取ると、狼を一度にまとめて倒すことができる。矢は風船に当てないと効果がないが、肉は狼に直接当てていい。「肉は狼の好物なので、肉を見た狼は、取ろうとして風船から手を離して落ちてしまう」という設定らしい。“敵をまとめて倒すと高得点”という、いかにもこの時代のゲームらしいフィーチャーが盛り込まれており、矢で狼を倒すと200点なのに対し、肉で倒すと、ファミコン版では1匹めが400点、2匹めが800点、3匹め以降は2000点となる。

 狼が風船を持ったまま地上に下りると、プーヤンママの後ろにあるハシゴに上って、ママにかみつこうとする。4カ所のハシゴすべてが狼で埋まってしまうと、行動が制限されて苦しくなるものの、うまくプレイすれば、ミスせずに粘ることも可能だ。

肉で狼をまとめて倒す。アーケード版では、3匹め以降は1600点だった
ハシゴが狼で埋まった状態。これでもプレイはできるが、やっぱりかなりきつい
ステージ1をクリアすると、豚たちが狼を追いかける。プーヤンの兄のブーヤンはなぜか太鼓をたたいている

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」