コラム
» 2011年04月04日 14時08分 公開

狼なんか怖くなかったりやっぱり怖かったり「プーヤン」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

ITmedia Gamezに引き続き、ITmedia ガジェットでもよろしくお願いします。連載第93回は「プーヤン」。コナミのアーケードゲームで、ファミコン版はハドソンから発売。メルヘンチックなグラフィックではありましたが……。

[ゲイムマン,ITmedia]

百匹狼

乃木坂の近く、青山公園にて撮影。道1本挟んで青山霊園がある

 ITmedia ガジェットをご覧の皆様、ゲイムマンと申します。ITmedia Gamezから移ってきたこの連載では、懐かしのゲームを紹介し、ついでにそのゲームにゆかりのある場所を訪ねております。とはいえ、実在の場所に“ゆかり”を持つゲームなんて数少ないですから、たいていは無理やりこじつけで“ゆかり”を作ってますが。よろしくお願いいたします。


過去の記事をご覧になりたい方はこちら


 さて、文体をいつもの感じに戻すけど、今回取り上げるゲームは「プーヤン」。1982年、アーケードに登場したKONAMIのシューティングゲーム。1985年、ハドソンからファミコンに移植された。

 ということで、KONAMIとハドソンの本社がある、乃木坂の近くに行ってきた。両社の本社がある東京ミッドタウンは、地下通路で六本木駅に直結しているが、住所は赤坂9丁目で、乃木坂駅からもほど近い。付近には国立新美術館や、乃木坂の名前の由来となった乃木希典大将の家がある。


国立新美術館の建物は、黒川紀章氏が設計した。現在、シュルレアリスム展を開催中
乃木邸の敷地内にある、レンガ造りの厩(うまや)。1893年(明治26年)に建てられた
乃木神社の境内には、早くも桜が咲き始めていた

 「プーヤン」は、KONAMIのゲームをハドソンが移植したわけだが、アーケードやPCの人気ゲームを、別のメーカーがファミコンに移植して販売することは珍しくなかった。

 「バーガータイム」(アーケードはデータイースト→ファミコンはナムコ)、「ジーザス」(PCはエニックス→ファミコンはキングレコード)、「地球戦士ライーザ」(PCはエニックス→ファミコンは「銀河の三人」と改題され任天堂)、「イース」(PCは日本ファルコム→ファミコンはビクター音楽産業)などが例として挙げられる。

 もっとも「プーヤン」の場合、既にKONAMIが「イー・アル・カンフー」と「けっきょく南極大冒険」でファミコンに参入した後に移植されている。3年前のアーケード版を知らないプレイヤーの中には、このゲームをハドソンのオリジナルゲームと認識していた人も少なくないだろう。

(エニックスの2作品も似た状況だが、エニックスは「ドラゴンクエスト」以降しばらく、自社から発売していたのは同作のシリーズのみだったので、「プーヤン」のケースとは異なると考えられる)

 「プーヤン」は、「三匹の子豚」を思わせるメルヘン調のグラフィックで、見た目はほのぼのとした感じのゲームである。ただしゲーム内容はシューティングで、わらわら押し寄せる狼を次々撃ち落とすというもの。もしグラフィックがこんな感じでなかったら、まったく違う印象のゲームになっていたかもしれない。

オープニングデモでさらわれる子豚。「プーヤン」はマイキャラではなく、狼にさらわれた子豚の名前
狼が風船につかまって次々と降下。アーケード版は縦長画面だったが、横長画面になっても違和感がない

晴れときどき狼

 狼にさらわれた子豚のプーヤンを救うため、プーヤンのママが狼と戦う。画面がスクロールしない、固定画面のシューティングで、一見同じようなステージが続くように見えるが、2種類の異なるステージと、2種類のボーナスステージから成る。

 どのステージでも、プーヤンのママはゴンドラを使って上下に移動し、弓矢と、ときどき出てくる肉で攻撃する。ゴンドラを動かしているのは、プーヤンの兄のブーヤンだ。

 最初のステージでは、狼は風船につかまって上から下りてくる。風船に矢を当てて割り、狼を落とすのが目的。画面左上に表示された数の狼を倒せばクリアとなる。狼も石を投げて攻撃してくるので、よけるか、撃つか、ゴンドラの屋根や足場に当てるかして避ける。この石は、放物線を描いて飛んでくるため、慣れないとちょっと避けづらい。

プーヤンママの基本武器は弓矢。あくまで狙うのは風船で、狼に矢を直接当てても効果はない
石に当たったり狼にかみつかれたりすると、プーヤンママがゴンドラから落ちる
狼の投げる石をゴンドラの屋根に当てた瞬間。跳ね返って落ちる石を撃つことも可能

 肉を取ると、狼を一度にまとめて倒すことができる。矢は風船に当てないと効果がないが、肉は狼に直接当てていい。「肉は狼の好物なので、肉を見た狼は、取ろうとして風船から手を離して落ちてしまう」という設定らしい。“敵をまとめて倒すと高得点”という、いかにもこの時代のゲームらしいフィーチャーが盛り込まれており、矢で狼を倒すと200点なのに対し、肉で倒すと、ファミコン版では1匹めが400点、2匹めが800点、3匹め以降は2000点となる。

 狼が風船を持ったまま地上に下りると、プーヤンママの後ろにあるハシゴに上って、ママにかみつこうとする。4カ所のハシゴすべてが狼で埋まってしまうと、行動が制限されて苦しくなるものの、うまくプレイすれば、ミスせずに粘ることも可能だ。

肉で狼をまとめて倒す。アーケード版では、3匹め以降は1600点だった
ハシゴが狼で埋まった状態。これでもプレイはできるが、やっぱりかなりきつい
ステージ1をクリアすると、豚たちが狼を追いかける。プーヤンの兄のブーヤンはなぜか太鼓をたたいている

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」