デーブ・スペクターさんを起用!――「セブンソウルズ」バニープロデューサー就任式「ゲームに興味はない」(byミッツ・マングローブ)

MMORPG「セブンソウルズ」公式サイトで開催中の企画「たぶんそうです せぶんそうるず」のプロデューサーにデーブ・スペクターさんが就任。その就任式にゲームに興味がないミッツさんが登場し……。

» 2011年06月17日 15時15分 公開
[蒼之スギウラ,ITmedia]

 ネクソンは6月16日、現在オープンβテストを実施しているMMORPG「セブンソウルズ」バニープロデューサーとなった、デーブ・スペクターさんの就任式を、東京渋谷区にある松濤ギャラリーにて開催した。

 「セブンソウルズ」は、「テイルズウィーバー」や「メイプルストーリー」などのオンラインゲームを運営するネクソンのタイトルとしては珍しく「オトナのためのRPG」というキャッチフレーズを打ち出している。

 今回のイベントでは、バニープロデューサーに就任するデーブ・スペクターさんに加えて、なぜか女装タレントのミッツ・マングローブさんも登場。この異色の組み合わせが、一体どんな結果を招くのか。本記事では、そんな混沌に満ち溢れたイベントの様子をお届けする。

バニーガールの「入浴生放送」Xデーは6月26日!

本キャンペーンのバニープロデューサー、デーブ・スペクター氏

 まずは、「バニープロデューサー」という言葉について説明する必要があるだろう。これは、「セブンソウルズ」の公式サイトにて開催しているキャンペーン「たぶんそうです せぶんそうるず」に関係している。

 「たぶんそうです せぶんそうるず」は、セブンソウルズのアダルティな世界観に合わせて開催された、各種性格をとりそろえた7人のバニーガールが登場する欲望全開のキャンペーンだ。バニーガールに関しての質問(現在は「この中で一番お風呂が好きそうなのは?」)に対して、「たぶんこの子がそうだろう」と感じたバニーガールに投票をする。そして、最も投句票数の多かったバニーガールは、その質問内容に応じて、生放送で応えてくれる。つまり、今回の質問でいえば、生放送での入浴シーンが見られるというわけだ。

 開催期間は8月31日までで、最初の生放送は6月26日に予定されている。バニープロデューサーであるデーブさんは、この先頭に立って、彼女たちをプロデュースする立場となるようだ。


ミホさん、吉田桃子さん、篠原冴美さん、佐山彩香さん

浜口順子さん、市橋直歩さん、纐纈みさきさん

 簡単なゲーム説明がされた後、バニーガールとデーブ・スペクターさんが登場した。バニーガールを務めるのは、ミホさん、吉田桃子さん、篠原冴美さん、佐山彩香さん、浜口順子さん、市橋直歩さん、纐纈みさきさんの7人。両手に花とはまさにこのことである。

 プロデューサー就任についてデーブさんは、「テレビ番組のプロデュースなんかもやったことがあるんですが、プロデューサーはなにもしないのが仕事なんです」ときっぱり。しかし、キャンペーン期間中にはゲーム内にログインして、ユーザーと交流するイベントを開催すると発表された。しっかりと、プロデューサーとしてのプロモーション活動は行うようだ。

女装タレントのミッツ・マングローブさん

 デーブさんとバニーガールによるプロモーション説明(実際はほとんどMCが解説していた)が終了すると、バニーガールは退場。入れ替わりに、ミッツ・マングローブさんが登場した。

 入場の際は、「バニープロデューサーに物申す!」という導入で登場したはずのミッツさんだが、MCの質問にはこれといって要領を得ない様子。話を聞いていくと、どうやらあまりゲームをプレイしたことがないようで「バーチャルリアリティに熱を上げるというのはちょっと。私は現実に生きていますので」と、MMORPGのイベントとしてはなかなか言えない、危険な発言を連発する。


まったく関係ない話をしているものの、ふたりは非常に楽しそうだった

 MCも負けじと、現在興味があるものについて聞いてみたり、一攫千金を狙えるゲームシステム「ジャックポット」に絡めて質問したりと、様々な手を尽くしたが、子供の頃の思い出やら恋愛やらと、どうにも脱線しがちになってしまう。唯一「アダルトな世界とは?」という問いかけに対しては「大人になる、ということは、自分の行動の責任を自分で負うことだと思います」と、やっと真面目な返答が。バーのママを経験しているだけあって、こういった話題には興味があったようだ。

 イベントの最後に締めくくりのコメントを求められた際も、「最後までよく分かりませんでした。今後はもっと、真摯に仕事をしたいと思います」と、ミッツさん。どっちとも取れる反省のコメントを残す。デーブさんは「ネクソンがこれだけ大きい会社になったのは理由があります、それは、作ってるゲームが面白いからです。今回の企画も、すごく面白いと思います」とコメント。最後は綺麗に閉まると思いきや、ミッツさんが「こうやって金が回るんだからボロいもんよね」と、またもやかなりアブない発言をしてしまう。彼(彼女?)がゲームに興味を持つ日は遠そうだ……。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」