ニュース
» 2011年06月29日 09時42分 公開

ぼくらは「ゼノブレイド」が遊びたいんだ! 海外のJRPGファンが「オペレーション・レインフォール」を開始日々是遊戯

直訳すると「降雨作戦」。北米版「ゼノブレイド」発売を待ち望んだファンが、TwitterやFacebook、Amazonを使ってユニークな活動を開始しました。

[池谷勇人,ITmedia]

発売日未定なのにAmazonランキング1位

現在は3位にランクインしている「Monado: Beginning of the World」。一時は1位だったことも……

 こちらの画像は、2011年6月28日現在におけるAmazon.com(北米版Amazon)のビデオゲームランキング……ですが、よく見ると3位に見慣れないゲームがランクインしているのに気付いたでしょうか。

 この「Monado: Beginning of the World」というゲーム、実はNintendo of America(NOA)が「E3 2009」で発表した、北米版「ゼノブレイド」。残念ながら北米ではいまだに発売日未定のままとなっていますが、なぜかここ数日でAmazonランキングが急上昇。一時は発売日未定なのに、予約だけで1位に上り詰めたこともありました。

 一体なぜこんなことが起こったのか? 実は現在、海外の任天堂ファンの間で「『ゼノブレイド』を北米でも遊びたい!」という活動、名付けて「オペレーション・レインフォール」が行われているのだそうです。

 作戦の目的は、日本で任天堂が発売している「ゼノブレイド」「ラストストーリー」「パンドラの塔」の3作品を北米でも発売してくれるようNOAを説得すること。もともとはIGNのフォーラムからスタートした活動で、当初は「NOAのレジー社長に発売希望の手紙を送ろう」という呼びかけが活動の中心でしたが、その後FacebookやTwitterを通じて広がっていき、多くの人に知られるところとなりました。こうしたファンによる活動は以前からありましたが、今回のケースではAmazonの予約を活動に組み込んでしまったところがユニークですね。

 これを受けて、6月27日にはNOAも次のようなツイートを投稿しています。

Hey fans, we appreciate your enthusiasm. Look for more updates to come soon!(みなさんの情熱を嬉しく思います。もうすぐ公開される新情報をお待ちください!)」

Nintendo of Americaのツイート

 TwitterやFaceBookの登場により、こうしたファン活動は以前よりも格段に行いやすいものとなりました。今回の「ゼノブレイド」をきっかけにして、こうした事例は今後増えていくかもしれませんね。


参加者たちによって作られた「オペレーション・レインフォール」のポスターアート。公式サイトでは他にも数多くの作品を見ることができます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」